旭山にゅーす・ぶろぐ

このページでは、しいくニュースやお知らせ、ブログなど「すべて」の情報を一覧で見ることができます。

下記の文字をクリックすると各テーマ毎の内容がご覧になれます。

2019年10月のすべての記事

【キングペンギンのヒナ】

 以前、飼育ニュース等でお知らせしたキングペンギンのヒナはその後も順調に成長し、孵化後3か月目を迎えています。

1

外に出ました

 どのヒナも個体差はありますが、体重増加や行動は順調なら同じような成長過程を見せてくれます。

 ヒナの健康状態に問題が無いかを確認するためにも毎日の観察のほか、他個体の成長記録との比較はとても役に立ちます。

 さて、ヒナの近況ですが、他個体と同様に体も大きくなり、だんだん活発に動き回るようになりました。

 この頃にはどの個体も今まで過ごした寝室から、屋外へ出ていくなどして行動範囲が広がります。

 そしてなぜかヒナのほとんどが屋外の深いプールに間違って落ちてしまいます。その時は、私が新人の頃にペンギン飼育の大先輩から「ヒナはプールに落ちずにはいられない」でも大丈夫と教えて下さったことを必ず思い出し、やはり先輩のおっしゃる通りだわと思うのです。

 もちろん落ちないヒナもいるのですが、今年はどっちでしょう。心配だけど落ちるのも成長の証なのかも。でも落ちるなら、係のいる時にしてくれと思っています。

(ぺんぎん館・ダチョウ・イボイノシシ担当:田中 千春)

【ユキヒョウの子】

 すっかりご報告が遅れてしまいましたが、7月19日にユキヒョウのジーマがメスの子1頭を出産しました。

1

 ジーマ出産の瞬間の動画はコチラ↓

 ジーマがぐるぐる回り、遠心力でポーンと誕生!

・・・どっかで見た映像です。3年前、リヒトが生まれる時もまったく同じ、遠心力でポーンと産んでました。

2016年 リヒト出産のようすはコチラ↓

www.youtube.com/watch(新しいウインドウが開きます)

ジーマ、その産み方しかできんのか・・・(汗)


 そして今年も、産室モニターをもうじゅう館自動販売機横で(ひっそりと)展示しています。

 暗視カメラなので白黒映像ではありますが、運が良ければ、ジーマと子がじゃれ合う様子も観察できますよ。

 ちょっと前ですが、9月3日の産室での様子はコチラ↓

 3年前に息子リヒトをしっかり育て上げたジーマ。今回の子育ても安心して見ていられます。

 10月中には一般公開したいと考えております。

 みなさんお楽しみに!

(もうじゅう館・フクロウ担当:大西 敏文)

モユク☆カムイ102号が完成しました!

モユク102
今回の表紙はカバ

 「モユク☆カムイ102号」が完成しました。

 今回の表紙は「カバ」。旭山動物園児童画コンクール旭川市教育委員会教育長賞 向井絢音さんの作品です。

 ぜひ、動物園にお越しの際は、手にとってご覧いただければと思います。

 モユク☆カムイ102号へのリンクはモユクカムイ102号(PDF形式 15,664キロバイト)

もくじ

1・ぼくは動物大使 その63 森林に舞うクマタカ

2・特集 旭山動物園の夏のイベント!

3・飼育研究レポート オランウータン兄妹の同居飼育

4・飼育スタッフおすすめの書籍紹介

5・主なできごと・編集後記・飼育動物数

入手方法

 モユク☆カムイは、動物園東門管理事務所、園内サポートセンタ-、動物図書館、こども牧場で入手することが出来ます。また、郵送での取扱いも行っています。詳しくは旭山動物園までお問い合わせください。

 モユクカムイについての詳細はこちら

旭山動物園号の世界観ができるまで

 約10年間札幌と旭川を結び親しまれた「旭山動物園号」。車内・外は旭山動物園の動物たちがたくさん描かれ、楽しめる空間でしたが、昨年3月、惜しまれながら運行を終了しました。

たくさんの方々の記憶に残るこの「旭山動物園号」を何とか園内に動物園号の世界観を再現した空間を作ることはできないかということで、様々な議論を経て、ネックである資金調達のため、クラウドファンディングを実施する運びになりました。

6月17日~8月23日までの間に行ったクラウドファンディングではたくさんの方々のご協力をいただき、目標金額をはるかに上回ることができ、見事達成することができました。
本当にありがとうございました。

ここでは、「旭山動物園号の世界観ができるまで」と題して、現在の工事状況をみなさんにお伝えしていきます。

随時更新をしていきますので、楽しみにお待ちください。


全体 

旭山動物園号の世界観はかば館横の写真の建物の1階で再現します。

2019年9月26日

工事開始

いよいよ工事が始まりました。色々な道具が運ばれています。

2019年10月1日

 工事1 

施設の半分が姿を現しました。ここには、ハグハグチェアが設置され、

動物園号に乗っているイメージを再現します。

動物園号で使われていたドアも設置され、雰囲気は抜群です。


工事2 

イスが設置されると窓が車窓みたいです。


工事3  

本物のドアも設置

北海道自然フォーラムを開催します(11月22日開催)

 【令和元年度市民の企画提案による協働まちづくり事業】

今津秀邦監督作品「生きとし生けるもの」を鑑賞した後、今津秀邦監督と坂東園長によるスペシャルトークを実施します。

tirasi
 

北海道で生きるさまざまな命の証を子どもたちと一緒に感じてください。

 日 時

令和元年11月22日(金)18時から20時まで

17時30分から受付開始

場 所

 旭川市科学館サイパル1F サイエンスシアター(旭川市宮前1条3丁目3番32号)

定 員

 50名(先着順)

参 加 費

 無料(入館料はかかりません)

お問い合せ先

 電 話:090-3893-4877(繋ぐのは命プロジェクト 原田)
 E-mail:wanwan.reon-sache@ezweb.ne.jp

共 催

 繋ぐのは命プロジェクト、旭川市旭山動物園、旭川市科学館サイパル

【ヤマアラシのウラバナシ】

 私が担当している小獣舎にいる、アフリカタテガミヤマアラシ。

 何とも不思議な生き物です。

 ある日の朝、小獣舎の電気をつけに行くと、、、

1

 背中の毛の間にピーマンが入り込んでいました。

 過去にはリンゴが針に刺さっていたこともありました。

 いったいどうしたら、こんな状況になるのか謎が深まります。

 そして、自分では取れない(気づいてない?)ので、私が取るのですが、これがまた一苦労。

 ヤマアラシの他に、ハリネズミやハリモグラも体に針を持つ生き物です。

 ハリネズミとハリモグラは針を防御に使います。というのも、あくまで敵が攻撃することによって刺さるのを待つことしかできないのです。

 それに対してヤマアラシは、自らバックで突進をして針を刺しにきます。

 よく、ヤマアラシの前で、「この針は長靴も貫通するらしいよー」という会話を耳にしますが、さすがにそこまで頑丈じゃないです。。。

と、思ってたのですが、試しに思いきり刺してみると貫通しました。

2

 気を付けないとですね。

 また、不思議なことと言えば、ヤマアラシのエサの食べ方。

3

 ずいぶん汚い食べ残し方をするなぁと思っていたら、なんとこれ全て皮。

 ヤマアラシはリンゴでもサツマイモでもキュウリでも、両手でガッチリ抑えて、きれいに皮をむいてから食べるのです。

 几帳面な人類がそのまま食べるものまで、動物の方がしっかりと皮をむいて食べるというのは、なんとも違和感を覚えます。

 ヤマアラシは、暖かい地域に生息している動物なので、寒い冬になると外に出せなくなってしまいます。

 今も寒い日は外には出ませんが、暖かい日は出ているのでぜひ見に来てくださいね。

(両生類は虫類・小獣舎担当:鈴木 達也)

オフィシャルグッズに新製品が登場しました

 いつもご好評いただいておりますオフィシャルグッズに10月から新製品が登場しました。ご来園の記念にぜひお買い求めください。 

ジグソーパズル

 旭山動物園の歴代ポスター、動物園パスポートをジグソーパズルにしました。ジグソーパズルで旭山動物園の動物を再現しよう。

001

500P 価格 2,000円(税抜)  サイズ 380×530mm

本園の歴代ポスターのうち5種類をジグソーパズルにしました。2019年10月1日発売

200P 価格 1,000円(税抜) サイズ B4版

本園の歴代動物園パスポート(絵 あべ弘士さん)うち4種類をジグソーパズルにしました。

※2019年11月発売開始予定

モンベル旭山動物園オフィシャル・レインダンサージャケット

 2017年、旭山動物園開園50周年を記念して限定販売された「モンベル旭山動物園オフィシャル・レインダンサージャケット」は、既に完売となっておりましたが、この度、若干のデザインを変更し、第2弾として10月12日から新たに販売されます。

 今回のジャケットは、前回と同様モンベル製で、素材にはゴアテックスを使用しており、さらに、ジャケットの縫製箇所を極限まで減らすことで、高次元の防水性・軽量性を実現した「K-Monoカット」が採用されています。

 レインウェアとしてのみならず、野外でのアクティビティにもおすすめです。

グッズ1
グッズ2

仕様

 左胸に旭山動物園のシンボルマーク(=鹿)がついています。

 左腕には、オオカミをモチーフとしたロゴマーク(開園50周年記念ロゴ)を踏襲しています。

 ※日本で初めて人の手により絶滅させた動物が「エゾオオカミ」であったことから、二度とこのような生き物を絶滅させないという思いを込めた、オオカミをモチーフとしました。

価格・サイズ

 販売価格:19,900円(税込)

 カラー:ストロングブルー(特注色)

 サイズ:XS・S・M・L・XL

 ※限定190着となっております。

販売場所

 旭山動物園内・旭山動物園くらぶ売店(正門店・東門店)

園内通路の通行止めについて

 キタキツネ及びエゾユキウサギ放飼場新設工事に伴い、10月16日(水曜日)午前中及び10月21日(月曜日)から12月中旬頃までの間、東門下の歩行者用スロープの一部が通行止めになります。

 東門からくもざる・かぴばら館の通行の際は、階段または無料シャトルバスを使用されますようお願いします。

園内マップ

10月16日からの開園時間について

 旭山動物園は10月16日より開園時間が短くなります。


10月16日(水曜日)から11月3日(日曜日)まで

 午前9時30分から午後4時30分まで(最終入園は午後4時まで)  


 また、11月4日(月曜日・振替休日)から10日(日曜日)までは休園期間となります。

 ご来園を予定している方はご注意ください。

 さて、旭山動物園がある旭山でも紅葉が進んできました。

紅葉

 この時期、もともと寒い地域に生息する動物たちの中には、冬に備えて準備するものがいます。

 その方法は様々で、ただ冬毛になるだけではなく、毛の色が変わったり、たくさん食べて体に脂肪を蓄えたり、エサを隠して貯めておいたり・・・。

 動物たちの冬支度をぜひご覧ください。

タヌキ夏
(夏毛のエゾタヌキ)
タヌキ冬
(冬毛のエゾタヌキ)

10月12日(土曜日)の11:00から
動物図書館で絵本の読み聞かせがあります

先日、エゾシカの森で…

エゾシカのオスが何やら木の上を見ていました。

春から生えはじめたツノは立派に完成しましたし、もう夏の鹿の子模様の毛はなくなりました。


エゾシカ1

何を見ているのかな? 上に何かあるのかな? と観察していたら…



エゾシカ梨

後ろ脚で立ち上がり、木になっている梨を採ろうとしました。

梨が落ちてくるのを待てなかったのでしょうね。

(この後しばらく観察していましたが、梨は採れませんでした)

食欲の秋ですね。



さて、動物図書館から夏期開園最後の絵本の読み聞かせのお知らせです。

食欲の秋でもありますが、読書の秋でもあります!

10月の絵本の読み聞かせは、10月12日(土曜日)の11:00からです。


読み聞かせで読む本
(10月の読み聞かせの本2冊)


今月は、どうやったらミルクが出るんだろう…といろんなことを試す
都会の子のお話「でてこいミルク!」と、地球には本当にたくさんの、いろんな生き物がいて、
いろんな生き方があるのがわかる「みんなちきゅうの なかまたち」という本を読みます。


また、絵本の読み聞かせのあとには、飼育スタッフによる「絵本に出てきた動物の解説」があります。
飼育スタッフならではの、詳しく、興味がわく解説を聞くことができますよ。お楽しみに。


※動物図書館では、絵本の読み聞かせのスタンプカードを用意しています。
絵本の読み聞かせに参加していただくとスタンプを押すことができ、
5個で努力賞、夏期(6回)・冬期(4回)すべて(全10回)参加していただいた方には皆勤賞として、
プレゼントをお渡ししています。

※冬期の絵本の読み聞かせは12月8日(土曜日)から始まります。時間は11:30からとなります

投稿者 動物図書館 北川裕美子

 11月3日(日曜日)の夏期開園最終日に旭川市民感謝デーを実施します。

1


旭山動物園では、夏期開園の最終日(11月3日)に、日頃から動物園を支えてくださっている旭川市民の皆さまに感謝を込めて、旭川市民感謝デーを実施します。

旭川市民感謝デーの概要

日時

令和元年11月3日(日曜日) 

開園時間

午前9時30分から午後4時30分まで(最終入園は午後4時00分まで) 

入園料

旭川市民の方は全額免除(無料)となります。
※なお当日、免除を受ける場合は、運転免許証等、旭川市民であることを示す証書の提示が必要となります。

アビシニアコロブスが来園しました 

アビシニアコロブス
来園した「ギガース」

 9月19日に、よこはま動物園ズーラシアよりアビシニアコロブスの「ギガース」(オス・8歳)が来園しました。

 旭山動物園では3頭のアビシニアコロブスを飼育しており、繁殖を目的としたブリーディングローンでの来園になります。

 現在はバックヤードでのお見合いを行っており、様子を観察しながら、同居へと進める予定です。公開の際にはまたお知らせいたします。

【求人】旭山動物園の臨時職員を募集しています

 旭山動物園では、旭川市の臨時職員として職員を募集しています。

 就業時間等の労働条件や選考方法等は、ハローワークHPにてご確認ください。ご応募お待ちしております。

事務補助(管理)

 旭山動物園東門にあります管理事務所での勤務となります。
 電話応対や団体予約の入力などの事務作業に加え、動物園内で開催されるイベントや式典の準備、サポートなども行っていただきます。 
 ハローワークのページはこちらから(新しいウインドウが開きます)

4 5

園内業務員

 旭山動物園内にて、お客様へのご案内や、混雑時の列整理、イベント開催時の準備運営などを行っていただきます。

 また、冬期には「ペンギンの散歩」の補助員として、ペンギンの列に同行していただきます。

 ハローワークのページはこちらから(新しいウインドウが開きます)

ペンギンの散歩

動物飼育補助員

 旭山動物園で飼育している動物の飼育補助、担当動物舎の清掃、動物ガイドなどを行っていただきます。

 (あざらし館、ぺんぎん館またはこども牧場での業務を予定)

 ハローワークのページはこちらから(新しいウインドウが開きます)

もぐもぐガイド