旭山にゅーす・ぶろぐ

このページでは、しいくニュースやお知らせ、ブログなど「すべて」の情報を一覧で見ることができます。

下記の文字をクリックすると各テーマ毎の内容がご覧になれます。

2017年12月のすべての記事

ペンギンの散歩の開始について(12月13日~開始)&トボガン広場の開設について

ペンギンの散歩については、積雪状況などをみながら、12月中旬の開始に向けて準備をすすめてきたところですが、状況が整ってきたことから、12月13日(水曜日)より、ペンギンの散歩を開始します。12月中は、当面、午前11時00分からの1回のみの実施予定となっております。今後、午前、午後の2回実施することが正式に決定しましたら、改めてお知らせいたします。

 ペンギンの散歩は、冬期の運動不足解消を目的として、ペンギン本来の習性や生態を来園者に見ていただこうと始められたものです。

雪に包まれた旭山動物園ならではの、積雪期にしか見ることできないペンギン達の生き生きと動き回る様子が間近で御覧になれます。
皆さまぜひお越しください!

ペン散歩
(ペンギンの散歩の様子1)
ペンギンの散歩2
(ペンギンの散歩の様子2)

ペンギンの散歩の実施について

(1) 実施期間

平成29年12月13日(水曜日)~ 平成30年3月中旬頃(積雪がなくなるまで毎日実施します。)
※ペンギンの状態やコース状況によっては、急きょ中止・変更となる場合があります。

※12月30日~1月1日は休園します。

(2) 実施時間 

実施時間:午前11時00分と午後2時30分の2回

※積雪状況などを考慮し、12月中はしばらくの間、午前11時の1回のみの実施とします(今後、午後の実施も開始する際には、HPなどで改めてお知らせします。) 

  • 3月以降は午前11時の1回のみ(予定)
  • 天候等の事由により、ペンギンの散歩を中止・変更する場合があります。あらかじめご了承ください。 

(3) 散歩時間

30~40分程度

(4) コース

ぺんぎん館~学習ホール付近までの園路を往復する、おおよそ500mのコース

※コースは予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

見学時のお願い

ペンギンの散歩を見学される方は、以下の点についてご協力をお願いします。

  1. フラッシュ撮影の禁止。(ペンギン達が驚いたり、目を痛めるおそれがあるため。)
  2. 実施中の散歩コース内への立ち入りやペンギンに触るような行為の禁止。

なお、マナーを守らない方が多い場合、状況によってはペンギンの散歩を中止する場合もありますので、皆さまのご協力をお願いします。

Official announcement of "The penguin walk"

Asahiyama Zoo starts "The penguin walk" from Dec 13th(Wed).

(1)Date/Time (From Dec.13th(Wed))

  • Standard starting time of the Penguin Walk:11:00 AM and 2:30 PM.

In December for the time being to implement "The Penguin Walk" only 11:00 AM for considers the condition fallen snow (We will inform, when we starts 2nd time too)

  • In After March,we are planning to continue "The penguin walk" only once (AM11:00).
  • Please note, "The Penguin Walk" has a possible Abort for due to whether conditions.

(2)Required time

30~40 minutes

(3)Walking route  

Penguin house⇔ Learning hall (about 500m)

(4)Attention

  • Please don't use flash.
  • Please don't enter penguin walking route,cross red line, and touch them,while they are walking.
  • If rules are broken,we have to stop the penguin walk.
  • The penguin walk may be cancelled or changed depending on weather conditions and the amount of snow cover. And walking route may be subject to change.

do not cross red line

ぺんぎん館前に「トボガン広場」を開設しました (Penguin「Toboggan Area」open!!)

トボガン広場1
(トボガン広場の様子)
トボガン
(トボガン広場の様子2)


12月12日から、ペンギンのトボガン広場を開設しました。トボガン広場では、ペンギン達が降り積もった雪の上を歩いたり、腹ばいになって移動するなど、ペンギンの特徴的な行動を間近で観察できる場所です。いきいきとした表情を見せるペンギンの姿をぜひご覧ください。

開設期間

平成30年3月中旬頃までの予定(積雪がなくなるまで。)

開設時間

午前10時30分~午後3時30分(開園時間中は見学できます。)

開設場所

ぺんぎん館・屋外放飼場前

トボガン広場は、ぺんぎん館屋外放飼場と陸橋でつながっており、ペンギンたちはその橋を渡って自由に行き来できるようになっています。

※トボガン:ペンギンがフリッパー(翼にあたる部分)などを使って腹ばいで移動する動作のこと。英語で「小型のそり」という意味です。

  • 橋の大きさ:2.5m
  • 広場の大きさ:50平方メートル

Penguin「Toboggan Area」open!!

You can see how penguin looks and acts in the snow!

(1)Date

・December 12th(tue)~Middle of March(Until snow melt down)

(2)Time

・Everyday AM10:30~PM3:30

(3)Place

・In front of Penguin house
※Please check zoo homepage(English version).

(4)Facility summary

・Penguin comes and goes freely across land bridge which connectsTobbogan area
with pastured space of Penguin house.
・Height of bridge…2.5m
・Extent of Toboggan Area…50m2

※「Toboggan」means an act that penguin creeps on their stomach by using their flipper.

「日経電子版」で坂東園長のコラム連載中

日本経済新聞電子版では、当園の坂東園長によるコラムを連載しています。

タイトルは「旭山動物園、坂東元の伝える命」です。

坂東園長が、飼育動物や旭山動物園での取り組みなど、日頃から感じている事柄を書き綴っていきます。

(連載は月1・2回ペースの予定となっています。)

坂東園長の顔写真


※本コラムをご覧いただくには、サイト上で無料又は有料の会員登録が必要となる場合があります。

あらかじめご了承ください。

※12月9日付でコラムが更新されました。

タイトル「大胆と臆病 アムールヒョウの双子、個性差に生きる力」

日経新聞電子版の「旭山動物園、坂東元の伝える命」のページはこちらです
 

12月といえば

 今年も残り1ヶ月を切りました。

 12月は何かと忙しい月ですが、12月といえば何を思いつきますか?

 忘年会、大掃除、クリスマス、お正月の準備などなどたくさんあると思うのですが、今回は「年賀状」です!

 年賀状のデザインはもうお決まりですか?まだという方は、ぜひカメラを持って動物園へ!

 来年は戌年なので、動物園のイヌ科動物はいかがでしょう?

 オススメはシンリンオオカミ!

オオカミ 

 今なら雪景色の中のオオカミたちの姿を撮れますよ!

 意外なところでエゾタヌキ。

タヌキ

 じつはけっこうかわいいんです。

 北海道民には珍しくない動物?キタキツネもいます。

キツネ

 北海道民以外にはけっこう人気あるみたいです。

 実は他にもイヌ科動物はいるのですが、今回は私の担当動物でまとめてみました。

 もちろん、もう決まってるという方も、冬毛でモフモフな動物たちに会いに来てくださいね。

 

オオカミの森・北海道産動物舎担当:佐藤和加子

ヤギの「じゃじゃ丸」の訃報

ヤギの「じゃじゃ丸」(オス・9歳)が、11月24日に死亡しました。
11月10日の朝に放飼場の小屋の中で立てなくなっており、第2こども牧場館内に移動させました。
痩せていたということもあり、「じゃじゃ丸」の好きなペレットや野菜、果物などを与え、体重を増やし、また立ち上がって歩くことを目標にリハビリ(足を曲げて伸ばす)運動や床ずれ防止を目的に体位交換を行うなどをしていました。しかし、11月18日に食欲がなくなり、今まで上がっていた顔も上がらなくなり、なんとか回復してほしいという思いでしたが、11月24日に死亡しました。
解剖の結果、内臓に明らかな異常が見られなかったため、死因は老衰と診断しています。
「じゃじゃ丸」は、長くこども牧場にいたので、いなくなってしまったのはすごく寂しいですが、「じゃじゃ丸」の死をしっかり受け止め、現在いるヤギたちの飼育に力を入れていれきたいです。
                                       

最終日

じゃじゃ丸

                                       

                                   こども牧場担当:増谷拓哉

 旭山動物園戌年フリー年賀状テンプレート 

フリー年賀状バナー

昨年度に続き今年度も旭山動物園フリー年賀状テンプレートを作成しました!

 12月に入り、2017年も残すところわずかとなってまいりました。そんな中、年賀状を作り始めようかなと思っている皆様へ、当園からとっておきの年賀状テンプレートをご紹介したいと思います!

 2018年干支は「戌(イヌ)」ということで、今回、当園のこども牧場で看板犬をつとめるゴールデンレトリバーのサニー(オス)」にモデルとなってもらい、年賀状テンプレートをデザインしました!

 利用方法はデザインをダウンロードして「印刷」するだけなのでとても簡単です。
 フリー年賀状なので、気に入ったものがあればぜひダウンロードしてお使いください。

(Free Greeting card of Asahiyama Zoo!)

デザインテンプレート一覧

旭山動物園フリー年賀状(文字なし)

シンプルな写真素材としてもお使いいただけるテンプレートとなっております。

ご自身で年賀状をデザインしたい方におすすめです。

全面印刷用年賀状 こども牧場ゴールデンレトリバー「サニー」1

旭山動物園2018年年賀状サニー2

全面印刷用年賀状 こども牧場ゴールデンレトリバー「サニー」2

旭山動物園2018年年賀状サニー4

全面印刷用年賀状 こども牧場ゴールデンレトリバー「サニー」3

 あ

全面印刷用年賀状 こども牧場ゴールデンレトリバー「サニー」4

あ

旭山動物園フリー年賀状(デザイン&文字付)

印刷し、そのままお使いいただける便利なテンプレートとなっております。

今年は文字にもこだわり、職員が書き下ろした書にもご注目ください!

全面印刷用年賀状・こども牧場ゴールデンレトリバー「サニー」文字付1

旭山動物園2018年年賀状サニー1

全面印刷用年賀状・こども牧場ゴールデンレトリバー「サニー」文字付2

あ

全面印刷用年賀状・こども牧場ゴールデンレトリバー「サニー」文字付3

旭山動物園2018年年賀状サニー3

全面印刷用年賀状・こども牧場ゴールデンレトリバー「サニー」文字付4

あ

旭川大学短期大学部の学生さんによるクリスマスイベントが行われます(12月16日・17日)

旭川大学短期大学部幼児教育学科・椎名ゼミナールの学生さんによる、お子様向けのクリスマスイベントが行われます。

旭山動物園では4回目(夏実施分を合わせると6回目)となるこのイベント。動物達が繰り広げる楽しい世界をご覧いただけます。

今回は「大型パネルシアター」と「くるくるシアター」の2本が上演されます。

いずれも学生さんによる手作り感あふれる内容となっていますので、お子様だけではなく、大人も楽しむことができますよ。

また、ご来場のお子様にはプレゼントもありますよ!

ぜひ皆さんお越しください。

クリスマス表
(イベントチラシ・表)
クリスマス裏
(イベントチラシ・裏)

※クリックすると拡大します。

開催日

平成29年12月16日(土曜日)、12月17日(日)の2日間
開場 12:30 開演 13:00

会  場

旭山動物園内 学習ホール2F

上  演

  • 大型パネルシアター「宝探しは海賊のはじまり」
  • くるくるシアター「あいつ、トナカイになるってよ。」

※2つ続けて上演します(約40分)

観覧料

無料(別途入園料がかかります)

問合せ

旭川大学短期大学部・椎名(電話0166-48-3121)
 

旭山動物園が行うボルネオへの恩返し その1「動物図書館に行こう!」

旭山動物園には、こども牧場の隣に動物図書館があります。動物図書館にはたくさんの動物関連の本があります。

図書館

1階が動物資料展示館で2階が動物図書館です。


この冬、動物図書館に「ボルネオゾーン」が誕生しました。

ボルネオコーナー

ボルネオ関連の本や絵本、さらにはボルネオの現状が詳しく分かる冊子など、子どもから大人まで楽しくマレーシア・ボルネオ島のことや島で暮らしている動物たちのことを知ってもらえるようになっています。さらに旭山動物園が行っている「ボルネオへの恩返しプロジェクト」の仕組みの紹介や、これまでの取り組みなども紹介しています。ここに来ればすべてが分かる?ぐらいの情報量です。


さらに今月は、ボルネオ関連のイベントを2つ実施します。

【イベント1】
12月10日 11:30~、13:30から今年旭山動物園と「市民協働まちづくり事業」で一緒に活動している「繋ぐのは命プロジェクト」主催のイベントを開催します。
詳しくは下記のリンクへ

リンク

【イベント2】
12月17日 13:00から旭川市大雪クリスタルホール国際会議場で「繋ぐのは命プロジェクト」と旭山動物園の共催で環境フォーラムを開催します。
詳しくは下記のリンクへ

リンク


ボルネオ島は日本から遠く離れた場所にあります。しかし、ボルネオ島のジャングルが減少している原因に私たち日本人も大きく関わっています。イベントに参加していただき、動物図書館に来ていただければボルネオのことをもっと身近に感じていただけるようになるのではないかと思います。ぜひ、お越しください!
 

(あざらし館・さる山担当  鈴木 悠太) 

「繋(つな)ぐのは命プロジェクト」による「パネルシアター&写真絵本読み語り」イベントを開催します(12月10日)

平成29年市民企画提案(旭川市)による協働まちづくり事業で、旭山動物園が協力している市民団体「繋(つな)ぐのは命プロジェクト」による園内イベントを開催します。
今回のイベントでは、パネルに布を貼った舞台に人形を貼って物語を進めていくパネルシアター「ボルネオゾウのこもりうた」、写真絵本読み語りによる「ゾウの森とポテトチップス」を行います。旭山動物園で暮らしているボルネオオランウータンの”ふるさと”マレーシア・ボルネオ島が、いまどんな現状になっているかをお伝えします。
人形や絵本を使った内容ですので、小さなお子様にも楽しんで参加していただけます。ぜひご参加ください。

繋ぐのは

2017年12月10日・繋ぐのは命プロジェクトイベント(PDF形式 899キロバイト)

日 時

平成29年12月10日(日)【1回目】午前11時30分~、【2回目】午後1時30分~ 

場 所

旭山動物園内 やすらぎの森休憩所

観 覧

無 料(入園の際、入園料かパスポートが必要です。)

問合せ先

 

旭山動物園公式アプリ「あさひやまどうぶつえんZOOクイズラリー」について

旭山動物園では、平成29年度冬期開園から、スマートフォンを利用して、動物園と動物に関するクイズに答えながら、園内を楽しく巡ることのできる公式アプリ「あさひやまどうぶつえんZOOクイズラリー」の使用を開始しました!

アプリチラシ2

ZOOクイズラリーチラシ(PDF形式 2,323キロバイト)

※このチラシは、当園の各門やサポートセンターで配布しています。

■概要

  • 旭山動物園が初めて提供する公式アプリです。スマートフォンを利用し、旭山動物園にて楽しむことのできるコンテンツです。
    ※アプリ自体は無料でご利用いただけます。
  • 園内の各所に設置している、問題の解答に対応するQRコードパネルを探して旭山動物園内を探索します。
  • 設定された問題を全てクリアし、完走すると、指定のショップで記念品を貰えるチャンス獲得となります。

■アプリについて

  • スマートフォン専用の無料アプリです。
  • ダウンロードやプレイ時に通信が発生するため、通信費が掛かる場合があります。
  • Android用は「Playストア」で、iPhone用は「Appストア」からダウンロードできます。
    各ストアで「旭山公式アプリ」等の単語で検索も可能です。

 コースと問題について

  • コースは「フル」「ハーフ」の2コースがあり、どちらもお楽しみいただけます。
  • コースの問題は時期によって変更する予定です。期間内であれば、何日もかけてチャレンジできます。
    ※現在導入されている問題は、今年度の冬期開園バージョンです。
  • 問題はそれほど難しい内容ではありませんが、わからない方用として問題中にヒントも設けています。

■記念品について

  • コースに設定された問題を全てクリアし完走すると、記念品が貰えるチャンス獲得です。
  • 記念品の受け取りは、旭山動物園くらぶ正門売店又は旭山動物園くらぶ東門売店となっています。
    ※受け取りの際は、アプリの「記念品・引き換え画面」をお店の方にご提示いただきます。 

問合せ先

旭山動物園 0166-36-1104

ハムスターのこどもたち

 今年は、ジャンガリアンハムスターが7月に9匹、8月に7匹のこどもをうみました。うち3匹は、1ヵ月未満で死亡してしましましたが、他13匹は元気に育ち、それぞれ11件の里親さんのお宅へひきとられていきました。

ハムこども

元気なハムスターのこども

 

 現在はメスのハムスターが2匹います。こどもの父親は9月に1歳10ヵ月位で、体中に腫瘍ができて死亡してしまいました。こども牧場は2014年から、ハムスター飼育再開し、それ以来はじめての繁殖だったので、とてもうれしいものでした。

 ハムスターは夜行性の動物なので、昼間は寝ていることが多いですが、これからの時期換毛して真っ白になるかもしれないですし、そのままかもしれないがですが、とにかくこども牧場の方へも、足を運んでみてください。

白い毛ハム

白い毛のハムスターです

こども牧場担当:南川朝美