旭山にゅーす・ぶろぐ

このページでは、しいくニュースやお知らせ、ブログなど「すべて」の情報を一覧で見ることができます。

下記の文字をクリックすると各テーマ毎の内容がご覧になれます。

2017年10月のすべての記事

しいくのぶろぐ【パックから考える動物の死】

 

 しいくにゅーすでお伝えした通り、ヒョウ黒変種(いわゆるクロヒョウ)のパックが死亡しました。いきものを扱う動物園、生もあれば死もある。パックの死は触れなければならないでしょう。

パック 

<写真1>在りし日のパック

 

 パックの黒い体に黄色の瞳、高台に登るしなやかな動き、そして日の光を浴びて浮かび上がるヒョウ柄の斑紋。来園者の中にもパックのファンが多くおられたようです。

飼育係に向かって檻越しに飛びかかってくる野性味を最後まで保ち続けたパックには、飼育係の中にも隠れファンがいました。

「クロヒョウは別種ではなく劣性遺伝による変種である」というのをパックから知った人も多いのではないでしょうか?(じつは僕もその一人です)

 

 最後は左ほおに腫瘍ができ、そこからの感染症によって死亡しましたと考えられます。

5月に発見した腫瘍は実質、摘出不可能で、獣医と協力して投薬などの緩和ケアをおこなってきましたが、10月4日に死亡しました。

 

 もうじゅう館と共に歴史を歩んできたパックが死んでしまったことは寂しく感じます。

しかしヒョウの飼育下寿命が15年程度といわれる中、19才8カ月まで長生きしてくれた、ともいえます。

 パックの腫瘍を発見した5月に、奇しくもアムールヒョウの交尾も確認していました。担当者として、アムールヒョウ妊娠の経過とパックの病状の経過を同時進行で見守ってきました。動物園にたくさんの命がある中で、こうした状況も起こり得るのです。

 動物の命の尊厳を最後まで尊重し「看取る」。それも飼育係の仕事です。「命を伝える」という意味では、老いや死も生の一部です。ありのままを伝えるのが「旭山らしい」と言えるでしょう。


ヒョウ双子 

<写真2> アムールヒョウのツインズは元気に成長しています。

 

 生まれ、育ち、子を産み、そして老い、死んでいく。でも次につながる新たな命もある。

 命は継続するもの。繁殖や死は大きな出来事ですが、動物飼育にゴールはありません。

 現在もうじゅう館には16頭の動物がいて、長寿な個体、繁殖可能な若いペア、生まれたばかりの幼い命などさまざまです。それぞれの命を、担当者としてこれからも見守っていきたいと思います。


(もうじゅう館担当:大西 敏文)

「旭山動物園だより」&「あさひやまどうぶつえんみにだより」最新号を発行しました!

エゾユキウサギ

(写真1: エゾユキウサギの毛の色が変わってきています!)


10月13日、旭川近郊の深川市でハクチョウを見かけました。もうシベリアから南下してきているんですね。もう冬ですね…。昨年は、10月20日に初雪が降り、10月24日には10cmほどまった雪が降り、10月29日が根雪初日になりました…。今年の冬は、どんな冬になるんでしょうか?

さて、新しい「動物園だより」と「どうぶつえんみにだより」を発行しました。

「動物園だより」は、芸術の秋・読書の秋ということで、学習ホールで行われている児童動物画コンクールの展示会や、読書感想文コンクールの募集告知をさせていただいております。もちろん、動物たちの「今」も伝えておりますよ!

クジャクのオスの飾り羽は? トナカイのツノは? 8月に生まれたアムールヒョウの赤ちゃんや7月に孵化したキングペンギンのヒナの様子などなど…。

そして「どうぶつえんみにだより」では、私たちにとって身近な野生動物でもある、キタキツネを紹介しています。

また、現在、動物資料展示館(2階が動物図書館です)で、これまで発行してきた「動物園だより」「どうぶつえんみにだより」を掲示する「動物園だより&どうぶつえんみにだより展」を開催中です。来年3月まで開催中で、月替わりで掲示内容を変更しています。

10月の展示は「くもざる・かぴばら館」が完成した2005(平成17)年とマルミミゾウの「ナナ」が亡くなった2006(平成18)年の「動物園だより」と、2013(平成25)年・2014(平成26)年の「どうぶつえんみにだよりを掲示しています。ぜひ、見に来てくださいね。


旭山動物園だより244号

内容:芸術の秋・読書の秋。もうすぐ冬がやってきます

だより244

旭山動物園だより244号(PDF形式 991キロバイト)

あさひやまどうぶつえんみにだより 77号

内容:キタキツネ

みに77

あさひやまどうぶつえんみにだより77号(PDF形式 489キロバイト)
 

「旭山動物園だより」「あさひやどうぶつえんみにだより」のバックナンバーはこちら(「資料・統計」のページへ)

しいくのぶろぐ「怖すぎてpart1,part2」

みなさんこんにちは。

クモザル、カピバラの飼育を担当している白木です(再登場!)。

前回「日々のできごと」と題して、カピバラとのできごとを4コマで書いてみましたが、

好評につき(?)、第2弾を書いてみました。

今回は、タイトル「怖すぎて・part1」「怖すぎて・part2」の2話構成です。

どうぞご覧ください!


タイトル【怖すぎて・part1】

白木イラスト1

※画像クリックで拡大できます


タイトル【怖すぎて・part2】

白木イラスト2

※画像クリックで拡大できます


(飼育:くもざる・かぴばら館担当 白木 雪乃)

シンリンオオカミの「フミ」が引っ越しをします

オオカミのフミ
引っ越しするシンリンオオカミの「フミ」

 10月12日にシンリンオオカミの「フミ(メス)」が富山市ファミリーパークに引っ越しをします。そのため、10月10日に「フミ」の展示を終了いたしました。

 今回の移動は、ブリーディングローン(繁殖のための貸出)であり、今後、富山市ファミリーパークで新たな生活を送ることとなります。

 旭山動物園で生まれ育った「フミ」が新しい環境に一日も早く慣れ、今後の繁殖にも期待したいと思います。

 

しいくのぶろぐ「日々のできごと」

みなさんこんにちは。

クモザル、カピバラの飼育を担当している白木です。

カピバラとのできごとを4コマにしてみました。

どうぞご覧ください!


白木イラスト

※画像クリックで拡大できます


(飼育:くもざる・かぴばら館担当 白木 雪乃)

10月14日(土曜日)の11時から動物図書館で絵本の読み聞かせがあります。

9月30日には、旭岳の初冠雪が観測されました。

現在、旭岳温泉にも、積雪があるそうです。

園内にも雪虫(トドノネオオワタムシ)が飛んでいました。

そろそろ初雪が降るのでしょうか…。

そんな冬を感じる季節ですが、園内の木々はまだ紅葉がキレイですよ(10月7日現在)。

 紅葉

(葉が落ち始めていますが、まだキレイです)

さて、動物図書館から絵本の読み聞かせのお知らせです。

10月の絵本の読み聞かせは1014日(土曜日)11時からです。

夏期最後の読み聞かせとなります(次回は12月9日)。

今回の絵本は、

五味太郎さんの「干支(えと)セトラ」シリーズの「みんなの ひつじさん」。

言葉の遊びもある楽しい絵本と、1994年に初版が発行された「みんなのかお」。

ゴリラやラクダやゾウ、ライオンやシマウマなど、国内の動物園の動物たちの顔をたくさん紹介している本。

もちろん、旭山動物園の動物の顔写真も掲載されていますよ。

読み聞かせ 

(10月の読み聞かせの本、2冊)

また、絵本の読み聞かせの後には、子どもにも大人にも人気の飼育スタッフからの動物解説があります。

飼育スタッフならではの、詳しく、興味がわく解説を聞くことができますよ。

10月14日(土曜日)の11時からは、ぜひ、動物図書館へお越しくださいね!

 

(投稿者 北川裕美子)

 しいくのぶろぐ「動物園でフォトジェニックな秋を」

  

秋が深まる旭山動物園。今年は今世紀最高の紅葉との煽り文句に木々達も張り切っています。


まずはエゾシカの吊り橋から裏を眺める。

紅葉1

(写真1)。赤、黄、オレンジの饗宴。まことにフォトジェニック。


次にタンチョウ前の燃えるようなオレンジの紅葉。

紅葉2

(写真2)

これもフォトジェニック。


最後にさる山横、サクラの木の紅葉。

紅葉3

(写真3)

これこそフォトジェニックの極み。


残り短い秋の魅力を動物園で ぜひ。

(ぺんぎん館担当・獣医師:佐藤 伸高)

11/3夏期開園最終日 わくわくゲーム大会を開催します。

 夏期開園最終日の恒例行事,「わくわくゲーム大会」を開催します。

 においをかいだり,さわったり,探したり…。動物に関するクイズを解きながら園内を回る

 ウオークラリー形式の楽しいゲーム大会です。

※参加には事前申込が必要です。

 わくわくゲーム2016-1 わくわくゲーム2016-2 わくわくゲーム2016-3

※写真は昨年の様子です。 

 実施日時

 平成29年11月3日(金・祝) 

 【受付】午前9時50分~午前10時10分 【実施】午前10時20分~午後12時00分

   ※時間厳守でお願いします。遅れると参加できない場合があります。

集合場所

 旭山動物園内 学習ホール2階

定員

 30組(基本3人1組、2人、4~5人でも可) ※1名のみの参加は不可

持ち物

筆記用具

募集期間

 10月13日(金)から11月2日(木)まで(初日の午前9時より電話にて受付)

(重要)募集は定員になり次第終了します。あらかじめご了承ください。

レッサー担当者の最近の悩み
 

 

 すっかり続報を忘れていました、すいません。
 7月15日に生まれたレッサーの双子たちはすくすくと育っています。

 生まれた時は推定150gだった体重も、10月4日時点で約1.5kgと10倍ほどに成長し、最近は産箱の中から時々出ては室内を探検しています。
 順調に行けば11月ころから屋外に慣れていってもらう予定なので、皆さんにお見せできるまでもう少しお待ち下さい。

パック背中 

2017年生まれの兄弟

 ちなみに性別は今年もオスとメスでした。

 が、一つ困ったことがあります。

 それは2頭の見た目がそっくりなこと…。

 昨年の双子はオスの雷雷(レイレイ)がメスの雲雲(ユンユン)より一回り大きかったことや毛色も雲雲が薄い色だったので見分けが付きやすかったのですが、今年の2頭は大きさもほぼ一緒、毛色もほとんど同じで顔つきも今のところ違いがないように見えます。

 

キョンエリザベスカラー

2016年生まれの兄弟(雷雷と雲雲)

 もちろん性別が違うので、もちあげておしりを見ればわかるのですがぱっと見てわかる違いがないというのは困りもの。

 いつもはたくさんいるレッサーと個体紹介の看板を見比べて、個体識別に苦労している来園者の方に
「このレッサーは○○で、こっちが○○。全く違う顔つきですよ~、すぐわかるようになりますよ!」
「すごーい、さすが飼育係だね!」
 などという会話でどやっていたのですが、今年はこのままではまずい…。

 外デビューまでの残り1ヶ月ほどで違いが出てくるor違いがわかるようになることを祈るばかりです。

                                  小獣舎担当・獣医 中村

キョン治療中

 キョンの♂は背中のけがの治療のため、しばらく展示を中止しています。心配して下さったかたも多いと思います。

 初めは小さなケガでした。現場を見ていませんでしたが、おそらくキョン同士の闘争によるものです。ケガしても、たいてい無理に治療しなくても治りますが、このケガはなかなか治らずにいました。自分でなめてしまい、薬をつけても傷口が広がるばかりでした。ケガは見た目ほど、本人にとっては痛みや障害があるわけではありませんが、傷口が開いたままになっていると、感染の危険や、機能障害につながる危険があります。

 そこで思い切って麻酔をかけ、眠っているすきにエリザベスカラーを付けることにしました。

※エリザベスカラーとは、ケガした所をなめられないようにする、大きな襟のようなものです。

 カラーを付けると視界が悪くて落ち着かないのでは?と思い、初めは後ろも見える透明のカラーにしました。でも柔らかい素材だったので、次の日に壊れてしまいました・・。

 そして、2回目はもっと丈夫なものを取り寄せました。今回は透明ではない厚めの素材です。視界が狭く、動きにくいかもしれませんが、しばらくこれで我慢してもらいます。

 ケガが治るまで寝室で過ごしています。皆様にまたお目にかかれるまで、少し時間がかかるかもしれません。でも元気にしていますよ。

パック背中 

背中のケガ

 

キョンエリザベスカラー

水色のエリザベスカラーです

てながざる館・ダチョウ・イボイノシシ担当:田中千春

ヒョウ(黒変種)「パック」の訃報

 

クロヒョウのパック
ヒョウ(黒変種)の「パック」(2017年春)

 2017年10月4日にヒョウ(黒変種)の「パック」が死亡しました。

 「パック」は1998年1月14日、愛媛県立とべ動物園生まれのオスのヒョウ(黒変種)で、同年9月24日に旭山動物園に来園し、もうじゅう館で飼育展示していました。

 ネコ科としては高齢となり、冬期や気温の低い日などは屋外に出たがらないことも増えていましたが、元気食欲はありパックの調子に合わせての飼育を行っていたところ、昨年の冬から体調の低下が見られていました。以下、経過になります

*2017年3月 

 目やに・鼻汁を認め、細菌感染を疑い抗生物質投薬。

*2017年5月10日 

 症状変わらないため、麻酔下で検査。左頬・顎の皮下に腫瘤を確認し、病理検査により良性の腫瘍と診断。元気食欲はあることと、高齢個体であること、病変の位置から切除が難しいことから判断し、手術による切除は行わず経過を観察することとする。

*2017年8月 

 元気食欲は変わらずあるが、腫瘤の拡大を認めたためステロイド薬の投薬を開始するが、病変に変化無し。

*2017年9月22日

 食欲廃絶・元気低下。麻酔下で検査を行い、腫瘍の拡大を確認。左上顎の歯根部が壊死しており、歯の動揺による痛みが食欲低下の原因と考え、上顎臼歯の抜去を行う。

*2017年9月23日~

 麻酔翌日以降も食欲回復せず。鎮痛剤の吹き矢による投与を行うが改善はなく、10月4日の朝に死亡を確認。

 

 解剖の結果、頬の腫瘍は直径6cmに拡大しており、周囲の骨の融解・壊死・化膿が認められました。その他の臓器への転移および加齢による病変はなく、頬病変部からの細菌感染による敗血症と診断しました。

10月16日(月曜日)から閉園時間が午後4時30分となります(夏期開園は11月3日まで)

フクロウ

旭山動物園は現在夏期開園中で、11月3日(金曜日・祝日)まで休まず開園しておりますが、10月16日(月曜日)から閉園時間が午後4時30分となり、開園時間帯が短縮されますのでご了承ください。

開園時間について(~11月3日)

  • 10月15日(日曜日)まで 
    午前9時30分~午後5時15分まで(入園は午後4時まで)
  • 10月16日(月曜日)から11月3日(金曜日・祝日)
    午前9時30分~午後4時30分まで(入園は午後4時まで)
     

このほか開園期間等の詳細はこちらをご確認ください。

【お子さん対象イベント・参加無料!!】旭川短大の学生さんによる「こども工作ワークショップ」が行われます(10月15日)

ステンドグラス

からふるクジャクのステンドグラス


旭川大学短期大学部幼児教育学科・椎名ゼミナールの学生さんによる、お子さん対象の工作体験ワークショップが10月15日に行われます(今年度は4・5・8月に続き、4回目のイベントです)。

学生さんと一緒に簡単な工作を行います。

今回は「からふるクジャクのステンドグラス」を作成しますよ。

ぜひご参加くださいね。

※お子さん対象(2歳くらい~小学生)の内容となっております。ご了承ください。

ワークショップ5月22日

(画像をクリックすると拡大します)

日  時

平成29年10月15日(日曜日) 午前11時00分~午後3時00分まで

※午前10時00分から、会場内で整理券を配布します。

場  所

旭山動物園内いこいの広場(ととりの村向かい)

参加料

無料(同伴されるご家族等については、別途入園料がかかります)

その他

工作の材料は主催側で用意します。なお、工作体験ができるのは先着50名様までとなっております。また、材料がなくなり次第終了しますので、ご了承ください。

問合せ

旭川大学短期大学部・椎名(電話0166-48-3121) 

JA幌延町青年部による食農教育活動イベントが行われます(10月8日開催)

 JA幌延町青年部イベント

JA幌延町青年部食農教育活動チラシ2017(PDF形式 1,676キロバイト)

 

10月8日(日)に道北のJA幌延町青年部さん主催による食農教育活動イベントが旭山動物園内で行われます。

 (当園では、一昨年、昨年に続いて3回目の実施となります。)

当日は、牛乳の普及や酪農に対する理解を深めてもらおうと、牛の模型を使った搾乳体験や、パネル等での食農教育、抽選で乳製品がもらえるアンケート実施、紙人形劇・講演など楽しいイベントとなっています。 

参加は無料で、どなたでも楽しむことができます。ご家族やお友達同士などでぜひお越しください。

日 時

平成29年10月8日(日) 午前9時30分~午後4時00分

場 所  

旭山動物園内  野外ステージ

参  加

無料。どなたでも参加できます。(別途入園料がかかります。)

(10月22日実施)自然観察会「動物への餌付けを考える。水鳥たちの生活の場に行ってみよう」(現在募集中)

自然観察会 秋を満喫!

(永山新川の様子)


旭山動物園の飼育スタッフと一緒に、水鳥たちの生活や動物に対する餌付けをテーマに、市内を流れる「永山新川」で自然観察会を開催します。

実施日時

10月22日(日) 午後1時30分から午後3時00分まで

定員

20名(対象:小学生以上。中学生以下は保護者同伴)

服装・持ち物

長袖、長ズボン、長靴、(雨天時は)雨具、(持っていれば)双眼鏡

集合場所

旭川市永山町13丁目 「川のふるさと交流館さらら」駐車場

雨天時

雨天決行(大雨の場合中止有り)※中止の場合こちらから連絡します。

募集期間

10月1日(日)から10月21日(土)まで

電話:旭山動物園 0166-36-1104 まで

(重要)募集は定員になり次第終了します。あらかじめご了承下さい。