旭山にゅーす・ぶろぐ

【お知らせ】一覧

このページでは「お知らせ」の記事のみを掲載しています。

「お知らせ」ではイベントなどタイムリーな情報を紹介します。

2017年5月のお知らせの記事

旭山動物園障がい者夜間特別開園を開催します(6月24日)

 

旭山動物園では、心身に障がいがあり、通常開園時に十分な見学をできないことが多い方を対象に、動物園内をゆっくり見学していただく目的で、次のとおり「旭山動物園障がい者夜間特別開園」を開催します。

できるだけ一つ一つの展示施設をゆっくりと見学することで、動物達と過ごす時間をより多く味わっていただきいとの考えから、園内の見学エリアを限定し実施するものです。

なお参加するには、事前の申込が必要となります。

夜間特別開園1
(イベントの様子・イメージ1)
夜間特別開園2
(イベントの様子・イメージ2)

 日時及び集合場所

実施日時

平成29年6月24日(土曜日)午後5時30分~午後7時00分  

集合場所

旭川市旭山動物園 正門前広場

※お車で御来園の場合は、正門駐車場を御利用ください。

参加対象

  •  心身に障がいのある方(手帳をお持ちの方)と御家族もしくは介助者

 (次のいずれかに該当する方を対象とします。)

 (1)  身体障害者手帳をお持ちの方 

 (2)  療育手帳をお持ちの方

 (3)  精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方

  • 参加される方のお住まいは、旭川市内・市外を問いません。

参加にあたってのお願い

見学にあたっては、原則参加される方の御家族もしくは介助者による対応をお願いします。(ボランティアによる介助は、参加される方が特に必要と申出があった場合には個別対応致します。)   

※車いすについては、原則参加される方各自で御用意願います。

見学について

参加者の皆さまには通常時間の閉園後に、一般の方がいない中で動物園内をゆっくりと自由に見学し、楽しんでいただくことが当イベントの目的と考え、動物園内を見学エリアとして提供するものです。参加される御本人が、御家族や介助の方と一緒に十分にくつろいで見学いただけると幸いです。

介助ボランティアについて

 ボランティアによる介助は原則行いませんが、見学のお手伝いが必要な場合には、当  日会場において可能な範囲で協力致します。

(参加される方のみでの見学が難しく、特に介助が必要な場合は事前に御相談ください。)     

募集数 

  100組(障がいのある方御本人と御家族又は介助者)

申込方法

封書またはFAXによる申込となります。

参加希望者につき以下の事項を記載の上、郵送又はFAXにより送付してください。

※個人での申込を基本としますが、施設等団体での申込があった場合には要相談の上、受付可とします。

(なお、施設等団体での申込については、条件が整わない場合など、参加いただけない場合もあります。あらかじめ御了承ください。)

記載内容

申込みの際は、以下の事項を記載してください。 

(1)住所

(2)氏名

(3)性別

(4)年齢

(5)電話番号

(6)障がいの状態

(7)手帳の種類及び等級など

(8)同行される御家族又は介助者の人数

(9)車いす使用の有無

(10)その他、特に介助ボランティアが必要な場合、詳細に記載ください。

  • 確認のため、申込時に身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳いずれかの証書のコピーを添付してください。
  • 施設等、団体での申込はできません。あくまで個人での申込となります。
  • お預かりした個人情報については、当イベント以外の目的で使用することはありません。

申込期間

平成29年5月27日(土)~ 平成29年6月19日(月)

※郵送の場合は6月19日までの消印有効とし、FAXの場合も同日中の送信分とします。

申込先

郵送(封書)の場合

 〒078-8205 旭川市東旭川町倉沼

「旭川市旭山動物園 障がい者夜間特別開園係」宛

FAXの場合

FAX番号:0166-36-1406

「旭川市旭山動物園 障がい者夜間特別開園係」宛  

申込の結果について

※参加当選者には、夜間特別開園の案内状を送付します。

案内状は当日の入園にあたって必要となりますので、必ず御持参ください。

入園料

御本人及び御家族もしくは介助者ともに無料となります。

見学予定エリア

  • きりん舎・かば館
  • あざらし館
  • ぺんぎん館
  • ほっきょくぐま館
  • もうじゅう館
  • ホッキョクギツネ舎
  • レッサーパンダ
  • 小獣舎
  • シロフクロウ舎
  • オオカミの森
  • エゾシカの森

タンチョウ舎

両生類・は虫類舎

北海道産動物舎

さる山

  • 動物ふれあいコーナー(あざらし館前の中央広場に特設予定)。

 は今年追加した見学エリア 

このほか、当日は各展示施設において飼育員によるガイドも予定しています。

主催

 旭川市旭山動物園

協力

NPO法人旭山動物園くらぶ、旭山動物園マイスターボランティア、(株)表鉄工所 

問い合わせ先

旭川市旭山動物園

電話:0166-36-1104

詳細について

そのほか詳しい内容は、下記ファイルからも確認いただけます。

障がい者夜間開園の御案内(PDF形式 172キロバイト)

「VRあさひやまどうぶつえん」の公開開始について

VR

 旭山動物園では平成29年5月より「VRあさひやまどうぶつえん」の公開を開始しました。

 広く国内外の皆さまがリアリティのある映像を通じて旭山動物園を体験していただく事で、園内を散策される際のシュミレーションをしていただいたり、文字やだけでは分らない事をご確認いただけるようになりました。

 ご来園の際に回る園内のルートを決めるのに役立てていただいたり、クリックすると動物舎の写真や情報が見られる園内マップが付いているなど、SNSとも連結しており、多様なニーズに合わせてご利用いただける便利な機能が沢山ついていますのでぜひご活用ください。

「VRあさひやまどうぶつえん」の視聴について

 下記の「VRを視聴する」というバナーをクリックするとVRをご覧いただけます。

VRclick

「VRあさひやまどうぶつえん」の利用画面について

園内マップ

VR

園内マップが右上に小さく表示されますので、クリックすると大きなマップが表示されます。

マップの「どうぶつ舎」をクリックすると移動することができます。

展示動物

VRVR

展示施設の動物近くでは「どうぶつの解説」、一部の動物では「どうぶつの動画」を見ることができます。

上記のようなアイコンが目印になっていますので、クリックしてご覧ください。

2017年5月の壁紙カレンダーができました(アザラシの子追加)

5月壁紙カレンダー

5月のWEBカレンダーの動物はゴマフアザラシとダチョウです!

ゴマフアザラシのカレンダー

5月カレンダー

ゴマフアザラシのカレンダーについて

 今月のカレンダーのゴマフアザラシについてです。

 ゴマフアザラシはその名前の通り、体毛がゴマのような斑点模様で覆われているのが特徴です。一方、生まれたばかりのアザラシは白い毛で覆われており、この写真は2017年3月・4月に当園で生まれた2頭のアザラシのうち、1頭を撮影したものです。

 野生のゴマフアザラシは冬に流氷とともに北海道近海やオホーツク海沿岸へ南下してきます。そして、3月頃の春の訪れとともに北上します。2頭の子はすでに離乳して、ほかの個体と同じ魚をエサにして食べています。2頭のゴマフアザラシの子は順調に成長しており、現在ではあざらし館のプールやマリンウェイを元気に泳ぐ姿をご覧いただけます。

 ご来園の際にはぜひあざらし館へお越しください。

ゴマフアザラシのWEBカレンダーのダウンロードはこちら

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。

【800×600】  
【1024×768】  
【1280×1024】
【1280×800】  
【1366×768】  
【1680×1050】

ダチョウのカレンダー  

2月カレンダー

 ダチョウのカレンダーについて

 今月のカレンダーのダチョウについてです。

 野生のダチョウはアフリカの中部と南部の草原に生息しています。鳥の中でも最も大きく、飛べない鳥の仲間の走鳥類です。卵も鳥類の中では最も大きく、直径10センチで、重さが1.5キログラムもあります。

 特に力強く長い脚をもっており、脚には2本の指があり時速60キロメートル以上もの速さで走ることができます。

 オスは羽が黒く、メスは茶色っぽい羽をもっています。当園ではオス1羽、メス1羽を飼育しています。

 カレンダーの写真は春の園内で咲く桜とともに撮影されたものです。5月に入ると、園内では緑が芽吹いて、桜をはじめ春の草花を楽しめる季節にもなります。屋外放飼場でダチョウを観察できるのは夏期開園シーズンのみとなっておりますのでご、来園の際にはぜひダチョウをご覧ください。

ダチョウのWEBカレンダーのダウンロードはこちら

お使いのパソコンのモニターのサイズ(ピクセル)を選んでクリックしてください。

【800×600】  
【1024×768】  
【1280×1024】
【1280×800】  
【1366×768】  
【1680×1050】

過去の壁紙カレンダー

 

過去のカレンダーはこちらからご覧ください
2017年4月分(ホッキョクグマ)
2017年3月分(タンチョウ)
2017年2月分(シロフクロウ)
2017年1月分(ニワトリ(ポーリッシュ))
2016年12月分(エゾタヌキ)
2016年11月分(レッサーパンダ)
2016年10月分(シンリンオオカミ)
2016年9月分(ヨーロッパフラミンゴ)
2016年8月分(シロテテナガザル)
2016年7月分(アムールトラ・ユキヒョウ)
2016年6月分(アビシニアコロブス)
2016年5月分(シマフクロウ)
2016年4月分(レッサーパンダ)
2016年3月分(オオタカ)
2016年2月分(エゾユキウサギ)

 

旭山動物園開園50周年記念「歴代ポスター展&市民メッセージ展」~あの年の、動物園との思い出メッセージ&写真を募集中です!~
 

ポスター


開園50周年記念として、動物園との思い出メッセージや写真を掲示し、皆さまと一緒に思い出を作っていこう、という企画を現在行っています(展示場所:園内学習ホール1F)。
下記用紙をダウンロードの上、動物園との思い出メッセージを書いて、FAXまたは郵送にて、旭山動物園までお送りください。
ご協力よろしくお願いします!(どなたでも参加OKです)。


用紙JPG

メッセージ応募用紙はこちら(ダウンロードしてご使用ください)


  • 「歴代ポスター展&市民メッセージ展」スケジュール(展示場所:園内学習ホール1F) 
展示日程 展示日程掲示するポスター・メッセージの年代
2017年5月~ 6月 1967(昭和42)年~1976(昭和51)年
 
2017年7月~ 8月 1977(昭和52)年~1986(昭和61)年
 
2017年9月~10月 1987(昭和62)年~1996(平成8)年
 
2017年11月~12月 1997(平成9)年~2006(平成18)年
 
2018年1月~ 2月 2007(平成19)年~2016(平成28)年
 

<メッセージの送付方法>

メッセージ応募用紙はこちら(ダウンロードしてご使用ください)

  • FAXでの送付(「メッセージ」のみ送付の場合)

 上記応募用紙をFAX番号「0166-36-1406」までお送りください。
 (※番号のお間違いのないようお願いします。)

  • 郵送での送付(「メッセージ」または「写真とメッセージ」送付の場合)

 〒078-8205 旭川市東旭川町倉沼「旭川市旭山動物園市民メッセージ展」係まで

  • 問合せ

 旭川市旭山動物園 広報担当まで(電話:0166-36-1104)