神経内科

最終更新日 2021年6月1日

ページID 066881

印刷

メッセージ・告知 あつかう疾患・治療  医師・スタッフ紹介  外来医師診療表  実績

メッセージ・告知

当院神経内科は令和元(2019)年7月に常勤医(片山)が着任しました。

神経内科が扱う病気は幅広く、片頭痛などのcommon diseaseから、脳卒中・認知症・てんかん・髄膜炎・脊髄疾患・末梢神経障害・筋炎など多彩です。また、パーキンソン病・筋萎縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症・多発性硬化症・重症筋無力症・筋ジストロフィーなどのいわゆる神経難病の診療も担っています。神経内科が主に対象としている症状としては、頭痛・しびれ・意識障害・失神・物忘れ・めまい・ふらつき・歩行障害・手足の筋力低下・けいれん・ふるえ・言語の障害などです。このような症状でお困りの患者さんがいらっしゃいましたらどうぞご遠慮なくご相談下さい。当院ではMRI・CT・脳波計・筋電図計・核医学検査装置・超音波検査装置などを用いた精密検査が実施可能です。地域の患者さんが気軽に相談できる診療科を目指していますので、どうぞ宜しくお願い致します。