糖尿病センター

最終更新日 2019年8月8日

ページID 002060

印刷

メッセージ・告知 あつかう疾患・診療 

メッセージ・告知

メッセージ

糖尿病・代謝内科では糖尿病などの生活習慣病と甲状腺や副腎などの内分泌疾患を診療しています。上川管内はもとより、遠くは稚内、網走などより多くの患者さんが通院されております。

糖尿病センターは、糖尿病へのきめ細かい対応を目的として2007年10月に内科外来より独立し開設しました。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士でチームを形成し、患者様をサポートしています。糖尿病看護認定看護師、糖尿病療養指導士がフットケア(足の手入れ)、透析予防指導、療養生活上の注意点などを個別に対応しています。また、受診当日に管理栄養士による栄養指導を受けることが可能となっております。

各科と連携し合併症を有する糖尿病、妊娠糖尿病などに対応しております。

R1photo

告知

げんき会(糖尿病患者様の友の会)があり、患者様の親睦や情報交換の場となっています。

糖尿病教室を火曜日または木曜日の午後2時より30分~40分程度開催しております。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士が糖尿病に関する事柄をわかりやすくお話ししています。

糖尿病外来

月曜日から金曜日まで診療を行っています。

  1. 栄養指導
    管理栄養士が常駐していますので、受診当日に受けることができます。
  2. 自己注射指導・自己血糖測定指導
    インスリン又はインクレチン関連薬の注射が必要な患者様で入院が困難な方は、外来にて自己注射指導および自己血糖測定指導を行います。

糖尿病教室

火曜日又は木曜日に午後2時より30分~40分程度行っています。
医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士が糖尿病に関する事柄をわかりやすくお話します。

糖尿病ケア外来

糖尿病療養指導の専門資格をもつ看護師がフットケア(足の手入れ)、透析予防指導、療養生活上の注意点などを個別に対応しています。

糖尿病ケア外来のページへ

糖尿病地域連携パス

かかりつけ医との連携を行っています。

入院病棟

血糖コントロール、合併症治療などを個別に対応しています。