食品ロスを減らしましょう!!

情報発信元 廃棄物政策課

最終更新日 2021年11月19日

ページID 070138

印刷

食品ロスとは?

食品ロスとは、食べられるにも関わらず捨てられてしまう食品を示します。

日本全体の食品ロスは平成30年度推計で年間約600万トンに及びます。(出典:農林水産省)

食ロスデータ
食ロスを減らすには

家庭でできる食品ロスを減らす取組

買いすぎない

  • 食材を買う前に冷蔵庫や食品を保管している棚を確認する。 
    買い物
  • メモを作るなど計画的に必要な分を購入して食べきるようにする。
  • 消費期限や賞味期限が近いものや傷みやすいものなど、残っている食材から使う。

作り過ぎない

  • 食べきれる分を調理する。 
    料理
  • 作り過ぎたり残った料理はリメイクやアレンジして食べきる。

上手に保存する

  • すぐに食べない食材は冷凍するなど保存方法を工夫する。 
    保存
  • 一度に食べきれない野菜などは冷凍や乾燥の下処理をして小分け保存する。

外食の時は

  • 小盛りメニューやハーフサイズを活用して食べきれる量を注文する。
    レストラン
  • 料理を残してしまった場合はお店と相談して持ち帰ることも検討する。

消費期限と賞味期限を正しく理解する

消費期限傷みやすい食品等に記載されています

未開封の状態で、表示された方法で保存した場合に、食べても安全な期限。この期限が過ぎたら食べない方がよい食品に表示されていますので、期限内に食べましょう。また、一度開封したら期限に関わらず早く食べきりましょう。

弁当
弁当や総菜
おにぎり
おにぎりやサンドウィッチ
賞味期限比較的長期保存ができる食品等に記載されています

未開封の状態で、表示された方法で保存した場合に、おいしく食べられる期限。この期限が過ぎてもすぐに食べられなくはならない食品に表示されています。なお、一度開封したら期限に関わらず早く食べきりましょう。

缶詰
缶詰や飲料品
菓子
菓子やカップ麺

賞味期限が過ぎてもすぐに捨てるではなく、自分でまだ食べられるか判断することも大切です。保存や調理を上手に行い、食品の廃棄を減らしましょう。

3Rの推進

3R推進についてはこちら

お問い合わせ先

旭川市環境部廃棄物政策課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎8階
電話番号: 0166-25-6324
ファクス番号: 0166-29-3977
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)