マイナンバーカードの電子証明書の更新・発行について

情報発信元 市民課

最終更新日 2022年6月10日

ページID 068359

印刷

電子証明書の更新

電子証明書とは

マイナンバーカードにはICチップに「署名用電子証明書」、「利用者証明用電子証明書」の2種類の電子証明書が標準的に搭載されています。それぞれの特徴は次のとおりです。

署名用電子証明書

氏名、住所、生年月日、性別が記載され、e-Taxによる確定申告など電子文書を送信する際に使用できます。
暗証番号は6~16桁の英数字です。

旭川市に本籍があり旭川市に住民票がない方が戸籍証明書や戸籍の附票の写しをコンビニ交付で取得する場合において、事前に行う利用登録申請の際に必要となります。詳細はコンビニ交付(新しいウインドウが開きます)でご確認ください。

利用者証明用電子証明書

マイナポータル(外部サイト)コンビニ交付(新しいウインドウが開きます)の利用時等、本人であることを証明する際にその手段として使用できます。
暗証番号は数字4桁です。

更新手続きを行える期間

電子証明書の有効期限の3か月前の翌日からその期限まで(手数料無料)
(例 有効期限が3月24日の場合:12月25日から3月24日まで)

  • 電子証明書の有効期限が切れた後でも無料で更新手続は可能ですが、有効期限内に更新手続を行わない場合は電子証明書が失効し、コンビニ交付やe-Tax等が利用できなくなります。引き続きコンビニ交付やe-Tax等の利用をご希望の場合は、電子証明書の更新手続をお願いします。
  • 更新手続を行わない場も、マイナンバーカードは、顔写真付きの本人確認書類としてご利用いただけます。
  • なお、更新期限が近づいた方には地方公共団体情報システム機構から「マイナンバーカード・電子証明書有効期限通知書」(外部サイト。新しいウインドウが開きます)が郵送されます。
  • 3か月より前に手続を行うと、新たな電子証明書の有効期限が短くなりますのでご注意ください。

届出人

本人または代理人

必要書類

本人が更新手続きを行う場合

  • マイナンバーカード
  • 有効期限通知書
  • 本人確認書類(運転免許証、保険証など)※暗証番号がわからない場合

代理人が更新手続きを行う場合

  • 上記の書類
  • 照会書兼回答書※通知書に同封された照会書兼回答書を本人が記入の上、封筒に入れて代理人に渡してください。
  • 代理人の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証など顔写真付きの公的な身分証明書)

受付窓口

市民課(6条通9丁目 総合庁舎1階市民課4番窓口)または各支所

各支所の所在地はこちら

市民課では毎週木曜日、午後7時まで窓口開設時間を延長しています。

神楽支所では毎月第1土曜日(ただし、5月、1月は第2土曜日)の午前9時から午後1時まで市民サービスセンターを開設しています。

電子証明書の発行

マイナンバーカード交付後に電子証明書を発行したり、失効状態になっている電子証明書を回復させたりする手続きです。

署名用電子証明書が失効する場合

  • 有効期間が経過した
  • 氏名、生年月日、性別、住所が変更になった
  • マイナンバーカードの一時利用停止及び一利用停止解除を行った

届出人

本人のみ

必要書類

  • マイナンバーカード
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)※暗証番号がわからない場合

受付窓口

市民課(6条通9丁目 総合庁舎1階市民課4番窓口)または各支所

各支所の所在地はこちら

市民課では毎週木曜日、午後7時まで窓口開設時間を延長しています。

神楽支所では毎月第1土曜日(ただし、5月、1月は第2土曜日)の午前9時から午後1時まで市民サービスセンターを開設しています。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-6204
ファクス番号: 0166-24-6967
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く。)毎週木曜日は午前8時45分から午後7時まで(ただし国民年金業務を除く。)