消化器内科

最終更新日 2019年10月1日

ページID 002027

印刷

消化器内科の特色、診療内容の説明

当部門は大きく消化管疾患と肝・胆・膵疾患のsubspecialityに分かれて診療を行っています。

高度・特殊・先進医療を担い、旭川市及び上川地域の医療水準の向上に努めることを目標として、個々の専門性を生かして診断・治療に当たっています。

消化管部門では、消化管癌の精密診断及び最新の内視鏡治療を積極的に行っています。

また、不幸にも外科手術の適応にならない進行癌の患者さんに対しては、最新の化学療法や放射線化学療法を行い、患者さんのQOL向上に努めています。

肝・膵分野では、超音波や内視鏡を用いた早期癌の診断、良・悪性疾患の診断及び内視鏡治療を行っています。

また、ウィルス性肝炎に対する抗ウィルス療法、interventional radiologyも併用した肝癌に対する集学的治療を行っています。
なお、緊急の検査は24時間体制でいつでも対応可能です。

消化器内科で積極的に取り入れている治療法

  • 消化管領域:超音波内視鏡、X線造影検査等の精密診断に裏付けられた早期消化管癌に対する内視鏡治療。具体的には切開剥離法を積極的に取り入れ、患者の負担軽減のため内視鏡治療の適応拡大に努めています。進行消化管癌に対しては放射線科との協力による放射線化学療法の展開。炎症性腸疾患に対する精密診断と栄養・薬物療法及び内視鏡治療など。
  • 肝・胆・膵領域:ウィルス性肝炎に対する新規薬剤による抗ウィルス療法、内視鏡とInterventional radiologyの併用による肝硬変症の食道静脈瘤に対する治療。また肝癌に対する超音波穿刺によるRFA療法や、肝動脈塞栓化学療法を行っています。 

消化器内科で治療を行う際に心がけていること

患者さんへの説明と同意の徹底、患者さんの意志尊重を基本として、患者さんに優しく心の通い合った治療を心がけています。

具体的には低侵襲の最先端治療を高度な技術を駆使して短時間で完遂するよう努力しています。

内視鏡件数の推移

ここ5年間の内視鏡件数、治療件数の推移について記載します。

検査実績 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
上部消化管内視鏡検査 4472 4890 4980 5290 5317
下部消化管内視鏡検査 2448 2702 2487 2637 2412
胆膵内視鏡検査 19 20 71 116 61
エコー下肝生検 32 38 36 66 77
治療実績 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
上部消化管内視鏡的治療 199 180 202 198 168
上部消化管内視鏡的粘膜剥離術 48 51 56 54 52
食道静脈瘤治療 23 14 29 22 27
下部消化管内視鏡的治療 433 422 438 432 429
下部消化管内視鏡的粘膜剥離術 59 68 92 93 40
胆膵内視鏡治療 54 54 132 88 41
経皮的肝がん治療 22 31 15 29 21
肝動脈塞栓術、動注化学療法 37 55 43 39 23

※ 当院放射線科の専門医により施行

消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築(JED研究)に伴う研究協力のお願い(PDF形式 284キロバイト)

外来診療体制はこちら

スタッフ紹介
役職 医師名 専門領域 所属学会等
副院長 斉藤 裕輔
消化器全般
胃腸疾患
日本内科学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本超音波学会指導医
日本大腸肛門病学会専門医
日本消化器集団検診学会専門医
日本消化管学会専門医
日本胃癌学会
診療部長 垂石 正樹
胃腸疾患
炎症性腸疾患

日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本内科学会認定医

日本緩和医療学会認定医

日本癌学会
日本臨床腫瘍学会
日本癌治療学会

診療部長 稲場 勇平
消化器全般
胃腸疾患
炎症性腸疾患
日本内科学会認定医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本消化管学会指導医
日本癌治療学会
日本カプセル内視鏡学会
日本消化器がん検診学会
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会
診療部長 助川 隆士
肝疾患
胃腸疾患

日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医

医長 杉山 隆治
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
医長

岩間 琢哉

日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
医員

池田 淳平

02_ikeda

日本内科学会

日本消化器病学会

日本消化器内視鏡学会
医員

寺澤 賢

02_terasawa

日本内科学会

日本消化器病学会

日本消化器内視鏡学会