院長挨拶

最終更新日 2022年5月18日

ページID 054695

印刷

今後の日本・北海道の医療を担う優れた医師を育成することを目標に、私たちは研修プログラムを改良し、研修環境を整えて参りました。当院では、研修期間中に全人的な総合診療の基本的能力を習得することをbaseとして、将来、先生方が向かう様々な高度専門医療の現場にも十分対応可能な知識・経験をも自然と身につけることを目標としております。これら十分な研修成果を挙げるためには、先生方一人一人の研修意欲と、困難を乗り越える強い向上心が重要な要素であります。それと共に先生方の意欲・モチベーションを維持し、一人一人が持つ高い能力を引き出し伸ばせる、十分な指導体制が必要であります。当院では、一人一人を大切にし、十分な指導が行き届くよう、1学年の定員を最大8名(協力型を含む)までとしております。メンターも含めた熱心な指導医の先生方・指導体制のもと、安心・充実した研修生活を送って頂けるものと確信しております。明日の医療を担う、前途有望でやる気のある医師が集うことを期待しております。来たれ若き医師達よ!

市立旭川病院長の写真

市立旭川病院

院長 斉藤 裕輔