手術看護認定看護師

最終更新日 2017年9月26日

ページID 002156

印刷

認定看護師紹介

手術看護認定看護師
手術室  中西香織


 

  • 患者さんの多くは「病気を治す」ことを目的に手術を受けられます。しかし、手術や麻酔を受けることによって、体温低下や感染の危険性など様々な弊害もあります。その弊害を最小限にし、手術を受けられる患者さんが安全に手術を終えられるよう援助することが「手術看護」です。
  • より質の高い手術看護を目指し、安全管理対策を行います。
  • 周術期(術前・術中・術後)を通して病棟・外来や他職種と連携を取り、安心して手術が受けられる環境をつくります。

 

  • 術中の安全管理(体温・体位・肺血栓塞栓症予防・器械の適正管理など)を行います。
  • 周術期の感染予防対策を行います。
  • 周術期における継続看護のための連携をはかります。
  • 手術看護の質の向上をめざし、看護スタッフの指導・相談を行います。

手術室内での体位勉強会 の様子