外来通院患者の皆様へ 3度目の外来診療制限強化のお願い

最終更新日 2021年8月27日

ページID 073807

印刷

外来通院患者の皆様へ
3度目の外来診療制限強化のお願い

市立旭川病院外来通院患者の皆様におかれましては、日頃から当院をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

テレビや新聞紙上でご存知のことと思いますが、旭川市内で8月に入りましてから新型コロナウイルス感染症(以下コロナ)患者が急増しております(第5波)。8月19~25日までの1週間で新規患者が408名発生しており、これは2020年11月の大規模クラスター発生時や2021年5月の第4波をはるかに凌いでおり、人口10万人当たりに換算しますと約127名と、札幌市を大きく超える発生数となっております。8月27日から北海道にも緊急事態宣言が発令され、旭川市は「特定措置区域」に指定されました。
今回の第5波は、デルタ株による感染と高齢者へのワクチン接種の普及により、急増する感染者の多くは高齢者ではなく、非高齢者と小児を含む若年者であります。
今後、人工呼吸器管理が必要な重症患者さまの増加や、東京をはじめとする大都市圏で既に生じているように、増加する自宅待機者(8月26日現在445名)からの重症化例や死亡例の発生も危惧されます(自宅待機者からの死亡例は絶対に避けなければなりません)。
当院は感染症指定医療機関であり、コロナ感染症病床は2020年11月以来、35床、2021年6月には70床と市内で最大数のコロナ患者さまの入院診療を行っており、担当医師、看護師をはじめとした医療スタッフの過酷な診療状況が2020年2月から1年以上続いております。また、今回のコロナ患者さまの急増により、当院ではコロナ診療だけではなく、コロナ以外の通常の診療もひっ迫しております。
2020年12月より、皆様には外来受診制限をお願いしてまいりましたが、最近のデルタ株によるコロナ入院患数の急速な再増加により、担当スタッフには疲弊の状況もみられております。診療スタッフ確保の目的で、今回、皆様へ外来通院制限強化を今一度お願いをさせていただくことといたしました(なお、コロナ患者さんは感染症病棟内に隔離されており、外来患者さんへの感染の危険は全くございません。ご安心ください)。

市立旭川病院外来通院患者の皆様への3度目のお願い

  1. 症状(心配)が強い患者さまは、通常通りの外来受診をお願いいたします。
  2. 症状が軽度で、今しばらく様子をみることができそうな患者さまは、できるだけ当院外来受診をお控えいただき、お近くのかかりつけ医院・病院を受診いただきますようお願いいたします。
  3. 当院外来通院中で症状が落ち着いている患者さまは、できるだけ「薬のみ」での受診(電話による処方をご希望いただきますと、当院から近くの薬局へのFAXによる処方も可能です)をお願い申し上げます。 


2020年12月以来、皆様にはご不自由をおかけいたしておりますが、市立旭川病院が公的基幹病院として市民の皆様をコロナからお守りしていくためには、皆様外来患者さまのお一人お一人のご協力が不可欠でございます。3度目の度重なるお願いで大変恐縮ではございますが、何卒、再度のご理解・ご協力の程、お願い申し上げます。

2021.8.27
市立旭川病院長