マイナンバー(個人番号)がわからなくなった場合の確認方法

情報発信元 市民課

最終更新日 2017年9月15日

ページID 062428

印刷

マイナンバーは、平成27年11月以降、簡易書留で送付された「通知カード」の一番上に記載されている「個人番号(12桁)」です。

通知カード封筒

通知カード

もし通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)をなくしてしまった場合は、次のいずれかの方法でマイナンバーを確認することができます。

方法1 マイナンバー記載の住民票を請求する(窓口で即日交付)

市民課又は各支所の窓口で「マイナンバーが記載された住民票」を請求いただくと、即日交付できます。

住民票の交付手数料は、1部350円です。(個人・世帯全員を選択できます。)

窓口へは、本人確認書類をご用意の上、お越しください。

代理で請求をされた場合は、窓口で直接交付することはせず、郵送で本人宛に送付します。

詳しくは、住民票の請求をご覧ください。

なお、自動交付機ではマイナンバーが記載された住民票は取得できませんので、必ず窓口で請求を行ってください。

方法2 通知カードの再交付申請を行う(再送付されるまで1か月程度)

市民課または各支所の窓口で通知カードの再交付申請を行うと、申請してから1か月程度後に住民票の住所へ世帯主宛ての簡易書留で送付されます。

通知カードを外出先で紛失した又は盗難等に遭った場合は、警察署へ届出を行い、受理番号を控えて窓口へお越しください。

通知カードの再交付手数料は、1件500円です。

その他再交付の手続きには、以下のいずれかの本人確認書類が必要になります。

本人確認書類(Aを1点またはBを2点)

本人確認書類

A

住民基本台帳カード(写真付きに限る。)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書

B

官公署が発行した「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された書類

海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特種電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引士証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書、生活保護受給者証、生活保護決定通知書、健康保険証、介護保険証、医療受給者証、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、年金手帳、年金証書など

 

その他本人確認書類として認められる「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された書類

社員証、学生証、在学証明書、預金通帳など

  • 代理人の方が申請する場合 に必要な書類
  1. 通知カードの再交付申請をする本人の本人確認書類 ※上記の本人確認書類をご覧ください。
  2. 代理人の本人確認書類書類 ※上記の本人確認書類をご覧ください。
  3. 通知カードの再交付申請の代理権の確認書類

法定代理人の場合

戸籍謄本、その他資格を証明する書類

※本籍が旭川市で法定代理人であることを確認できる場合は省略できます。

任意代理人の場合

委任状等、本人が代理人を指定した事実を確認できる書類

※委任状の様式は下記を参照ください。

委任状(エクセル形式 16キロバイト)

委任状(PDF形式 93キロバイト)

委任状記載例(PDF形式 133キロバイト)

方法3 マイナンバーカードの交付申請を行う(受け取りまで1か月から2か月程度)

マイナンバーカードの交付申請を行うと、申請してから1か月から2カ月程度後にマイナンバーカードを受け取れるようになります。

マイナンバーカードの交付手数料は、初回無料です。

申請方法など詳しくは、マイナンバーカードをご覧ください。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-6204
ファクス番号: 0166-24-6967
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く。) 毎週木曜日は午前8時45分から午後7時まで(ただし国民年金業務を除く。)