水のはなし(下水道編その5) 旭川市下水処理センター(水のリサイクル工場)

情報発信元 水道局総務課

最終更新日 2020年10月28日

ページID 071222

印刷

旭川市下水処理センター(水のリサイクル工場)

汚れた水は、下水道管(汚水管)を通って下水処理場にたどり着きます。
旭川市の下水処理場は「旭川市下水処理センター」と呼ばれ、365日24時間休むことなく、家庭や工場で排出される汚れた水をきれいにしてから川に戻しています。(近隣の、東神楽町・鷹栖町・当麻町・比布町・東川町からの汚水も共同処理しています。)
まさに「水のリサイクル工場」で、「汚れた水の循環」とならないよう、休みなく働き続けています。

※下水処理のしくみはこちらからYouTubeで見ることができます。

下水処理センター


【次へ】 水のはなし(下水道編その6) 反応タンクの微生物
【前へ】 水のはなし(下水道編その4) 水の循環
水のはなし トップに戻る

お問い合わせ先

旭川市水道局上下水道部総務課

〒070-8541 旭川市上常盤町1丁目
電話番号: 0166-24-3160
ファクス番号: 0166-25-9500
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)