水のはなし(水道編その16) 冬の寒さにも負けず、絶え間なく皆さまに水を届けます

情報発信元 水道局総務課

最終更新日 2021年4月7日

ページID 071216

印刷

冬の寒さにも負けず、絶え間なく皆さまに水を届けます

冬の旭川は、マイナス20°Cにも達する厳しい寒さに加え雪も多く降ります。
その対策として、水道管を布設する工事の際は、水道管が凍らないようにするため、地面から地下1.4m以上の深い地中に水道管を埋めています。
水道工事

浄水場でも、寒くて雪の多い日は、川から水を取り入れる取水口に氷の塊「アイスジャム」が発生し、
水を取り入れることができなくなってしまうため、重機や人力で氷を割ってアイスジャムを取り除いています。
取水口(冬)アイスジャム2


【次へ】 水のはなし(水道編その17) 子どもたちに安全・安心な水道を残すために
【前へ】 水のはなし(水道編その15) 浄水場にはペットがいるの?
水のはなし トップに戻る

お問い合わせ先

旭川市水道局上下水道部総務課

〒070-8541 旭川市上常盤町1丁目
電話番号: 0166-24-3160
ファクス番号: 0166-25-9500
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)