水のはなし(水道編その15) 浄水場にはペットがいるの?

情報発信元 水道局総務課

最終更新日 2021年3月24日

ページID 071192

印刷

浄水場にはペットがいるの?

浄水場には、ヒメダカやニジマスといった魚がいます。
これは、浄水場の職員が寂しくてペットとして飼っているのではなく、川から取り込んだ水に毒や危険なものが混じっていないかを、魚に見張ってもらっているのです。
もしも川の水に毒物が混じっていたら、魚は異常な行動をとったり、死んでしまったりします。魚たちには、水道水の安全を守るための重要な仕事を担ってもらっています。
ちなみに、今まで毒物が原因で魚が死んでしまったことはありません。
バイオアッセイ



【次へ】 水のはなし(水道編その16) 冬の寒さにも負けず、絶え間なく皆さまに水を届けます
【前へ】 水のはなし(水道編その14) 旭川市の水道の歴史
水のはなし トップに戻る

お問い合わせ先

旭川市水道局上下水道部総務課

〒070-8541 旭川市上常盤町1丁目
電話番号: 0166-24-3160
ファクス番号: 0166-25-9500
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)