あさひかわ食の応援隊 令和5年度の活動紹介

情報発信元 農業振興課

最終更新日 2024年2月22日

ページID 078006

印刷

令和5年度の活動

第1回目

日にち

令和5年8月6日

場所

旭川市農業センター(花菜里ランド)

活動内容

8月6日にあさひかわ食の応援隊の結成式が行われ、旭川食のアンバサダーの下國伸シェフから、隊員一人一人に任命書が渡されました。
12
令和5年度のテーマは「旭川の食を知る」。第1回目の活動は、シェフが前日に鶴間農園で収穫した新鮮な野菜と、杉本ファームの上質な豚ロース肉を使って、シェフと隊員全員で料理を作りました。
33ー23ー34-267891011
できあがった料理は
  • フレンチとんかつ
  • ポテトサラダ
  • 空心菜の炒め物
  • バターコーンライス
とんかつは、下國シェフのお父さんの得意料理だった思い出の品。タルタルソースを添えて「フレンチとんかつ」にアレンジしました。
最後は皆で料理を食べて、シェフと歓談。隊員の料理に対する熱い想いに、シェフも感動されていました。
124

動画

(1)youtubeで公開中の動画(新しいウインドウが開きます)
第1回サムネ
(2)旭川市民ニュースの動画(youtube)(新しいウインドウが開きます)
(3)旭川市広報番組「わくわくライフ旭川」の動画(youtube)(新しいウインドウが開きます)

第2回目

日にち

令和5年11月12日

場所

  • 有限会社コントラクター旭川
  • 旭川市農業センター(花菜里ランド)

活動内容

第2回目のテーマは「米粉」。旭川は北海道内一の米どころ。その米を原料とし、新たな可能性が広がっている「米粉」について学びます。
今回お伺いしたのは「有限会社コントラクター旭川」の米粉工場。原料となる米の生産から米粉の製粉まで自社で行っており、とても品質の良い米粉を作られています。工場では、原料となる米の低温貯蔵庫や、製粉加工工程を見学しました。
原料玄米製粉製粉2贈呈
工場見学後は旭川市農業センターに移動。下國シェフから隊員にコックコートがプレゼントされ、隊員みんな大喜びでした。
調理のテーマはもちろん「米粉」。コントラクター旭川からご寄贈いただいた米粉と、北海製麺株式会社の純米粉麺「ひとゆめ」を使って、シェフと隊員全員で料理を作りました。
集合調理1調理2調理3
できあがった料理は
  • 米粉ハンバーグ
  • ラーメン風米粉パスタ
もちもちの食感で隊員から驚きの声があがりました。特有の食感やグルテンフリーなどで注目されている「米粉」。これからの応援隊の活動でも「米粉を使った新しい料理」の可能性を広げていきます。
円卓食事2

動画

(1)youtubeで公開中の動画(新しいウインドウが開きます)(新しいウインドウが開きます)
第2回サムネ
(2)旭川市民ニュースの動画(youtube)(新しいウインドウが開きます)
(3)旭川市広報番組「わくわくライフ旭川」の動画(youtube)(新しいウインドウが開きます)

第3回目

日にち

令和6年1月13日

場所

  • 旭川市農業センター(花菜里ランド)

活動内容

開会時の下國シェフからのご挨拶の中で、シェフと応援隊で「第65回旭川冬まつり」に参加し、来場者にスープの無料提供を行うことが発表されました(詳細はこちらから)。

まずは、冬まつりで提供する「甘酒レッドスープシチュー」を、シェフの指導のもと全員で試作しました。

3回23回73回93回8

普段捨てることが多い野菜の皮も立派な食材。丁寧に煮込んで、スープのベースとなる出汁をとります。

ゴボウ、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、サツマイモ、寒締めホウレンソウを細かく切り、炒めて、煮込んで・・・。

できあがった「甘酒レッドスープシチュー」は、野菜をふんだんに使って栄養満点。甘酒がほのかに香る優しい味で、寒い冬に飲んでも心温まるスープとなりました。シチューの材料と言えば小麦粉ですが、このシチューでは小麦粉の代わりにコントラクター旭川製の「米粉」を使っています。

3回103回11

3回153回14

第3回目の活動を迎える前に、隊員たちには「寒い冬に向け、下國シェフがスープを考案中!隊員の皆さんには、シェフが作るスープに合う一品を、『米粉』を使って考案してみてください!」という難題が課せられていました。実はこの難題、隊員考案の『一品』を、スープと一緒に冬まつりで振る舞いたい、というシェフの想いから生まれた宿題でした。

隊員が自宅で作ってきた米粉の「おやき」や「ニョッキ」、「グリッシーニ」をスープと一緒にみんなで試食。隊員たちからは、「地元旭川らしい食材を使用したい」「アレルギーにも気をつけなければいけない」「どんな味のスープか分からないので、どんなスープにも合う一品を作る」など、大人顔負けのアイデアが発表され、シェフも感銘を受けていました。

冬まつりへのイベント出演に向けて全員で真剣に議論を交わした結果、食べやすさやアイデア、当日の調理作業を考慮して、スープとともに提供する一品は「グリッシーニ」に決定しました!

動画

鋭意制作中です!

第4回目

日にち

令和6年2月12日

場所

  • 第65回旭川冬まつり特設会場

活動内容

第65回旭川冬まつりに参加します!詳細はこちらから。

関連記事

お問い合わせ先

旭川市農政部農業振興課ブランド推進係

〒070-8541 旭川市上常盤町1丁目 水道局庁舎4階
電話番号: 0166-25-7438
ファクス番号: 0166-26-8624
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)