熱中症を予防しましょう

情報発信元 保健指導課

最終更新日 2020年7月10日

ページID 001976

印刷

熱中症は 適切な予防をすることで防ぐことができます

熱中症

熱中症は高温・多湿環境下で、体内の水分や塩分のバランス、体内の調整機能が崩れる等して起こります。熱中症は野外活動時だけでなく、室内にいるときにも起こりえます。
特に夏場には気温が低くても油断せずに適切な対処を行い、快適に過ごしましょう。

暑さを避けましょう

  • エアコンの利用等により、部屋の温度や湿度を調整しましょう。
  • 感染予防のため、換気を行いましょう。 換気を行う際には、室内温度が高くなる恐れがあるため、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。

適宜マスクを外しましょう

  • 屋外で、人との距離(2m以上を目安)が確保できて、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。
  • マスク着用中は、負荷のかかる作業や運動を避けましょう。

こまめに水分補給しましょう

マスクの着用によってのどの渇きを感じにくくなるため、のどが渇く前に水分補給をしましょう。

日頃から健康管理をしましょう

  • 日頃から体温測定等の健康チェックをしましょう。
  • 体調が悪いと感じた時には、無理をせず自宅で静養しましょう。

熱中症

(旭川市保健所作成)熱中症予防リーフレット(PDF形式 379キロバイト)

(厚生労働省)熱中症予防×コロナ予防リーフレット(PDF形式 561キロバイト)

(厚生労働省ほか関係府省庁)熱中症が増えています 予防のためのポイントリーフレット(PDF形式 816キロバイト)

さらに詳しく知りたい方は、厚生労働省ホームページ環境省ホームページをご覧ください。

関連記事

お問い合わせ先

旭川市保健所保健指導課

〒070-8525 第二庁舎2階
電話番号: 0166-25-6365
ファクス番号: 0166-25-1151
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)