長期優良住宅の認定

情報発信元 建築指導課

最終更新日 2022年6月6日

ページID 053241

印刷

【お知らせ】令和4年2月20日から長期優良住宅手続、認定基準、手数料が変わります

長期優良住宅の普及の促進に関する法律の一部が改正され、令和4年2月20日から施行されることになりました。
【改正概要】
  • 認定基準に「災害配慮基準」を追加
  • 区分所有住宅(分譲マンション等)の住棟認定制度の新設
  • 「適合証」の廃止と「確認書等」の新設 
  • 容積率緩和の特例制度の新設

詳細については国土交通省のウェブサイト「長期優良住宅のページ」(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

法改正に伴い、旭川市の手続及び認定基準が変更となります。

1.認定申請手数料の改正

法改正による審査項目の増加等に伴い、手数料を改正します。

詳細についてはこちらをご確認ください。

2.災害配慮基準の追加

認定基準に「自然災害による被害の発生の防止又は軽減に配慮されたものであること(法第6条第1項第4号)」が追加されました。

旭川市では、国の基本方針を踏まえ、土砂災害特別警戒区域急傾斜地崩壊危険区域、地すべり防止区域内に長期優良住宅の認定を受けようとする住宅が含まれている場合、原則認定を行いません。(令和4年1月時点で旭川市内に地すべり防止区域の指定はありません。)

区域については北海道庁ウェブサイト「北海道土砂災害警戒情報システム」(新しいウインドウが開きます)、「急傾斜地崩壊危険区域の告示情報について」(新しいウインドウが開きます)をご確認ください。なお、当該システムで確認できない場合は、上川総合振興局建設管理部防災担当窓口にお問い合わせください。

3.「適合証」の廃止と「確認書等」の新設

登録住宅性能評価機関が住宅の構造、設備が長期使用構造であることを確認した「確認書等」を添付することにより、長期優良住宅認定申請の添付図書の一部を省略できることになります。これにより、これまでの「適合証」は廃止され、「確認書等」に変更となりますので、「適合証」での認定申請を行う場合は令和4年2月18日までに申請してください。

【例】確認書等の場合の添付図書
図書の種類

現行

適合証

改正後

確認書等

設計内容説明書 必要 不要
付近見取図、用途別床面積表、床面積求積図 必要 必要
配置図、各階平面図、立面図、断面図等(※) 必要 必要

仕様書(仕上げ表を含む。)、基礎伏図、

各階床伏図、小屋伏図、各部詳細図、

各種計算書、機器表

必要 不要
状況調査書(増改築に限る。) 必要 必要
居住環境基準
災害配慮基準 なし

※確認書等を添付する場合の明示すべき事項は現行から変更となりますので、改正後の法令をご確認ください。

4.その他

以下は令和4年2月20日からの内容となります。

長期優良住宅の認定

目的長期優良住宅とは認定について認定基準手続きの流れ認定の手数料について認定申請の様式相談・問い合わせ先関連リンク

法律の目的

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(平成20年法律第87号)は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的とした法律です。
詳しくは国土交通省の長期優良住宅の普及の促進に関する法律関連情報のページ(新しいウインドウが開きます)をご覧下さい。

長期優良住宅とは

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。

認定について

この法律では、長期優良住宅の普及の促進のため、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境、自然災害による被害の発生の防止又は軽減に配慮した災害配慮や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定して、所管行政庁(本市の区域においては旭川市長)に申請し、認定を受けることができます。
当該計画の認定を受けた住宅については、認定長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行うこととなります。本市が認定を行うに当たって、要綱等を策定いたしました。
また、財団法人ベターリング、一般社団法人住宅性能評価・表示協会より、認定申請に関する解説書等(新しいウインドウが開きます)が公表されていますので、申請の際はこれらをご参照ください。

認定の要綱等
名称 公開日

旭川市長期優良住宅の認定等に関する要綱(PDF形式 101キロバイト)

2022年1月31日
認定申請手続きの概要(PDF形式 127キロバイト) 2022年2月20日

認定基準

認定基準項目

1から6は技術的審査の長期使用構造等に該当していますので、登録住宅性能評価機関による確認又は住宅性能評価を受けてください。

  1. 劣化対策
  2. 耐震性
  3. 可変性
  4. 維持管理・更新の容易性
  5. バリアフリー性
  6. 省エネルギー性
  7. 住戸面積
  8. 居住環境(下記参照)
  9. 災害配慮(下記参照)
  10. .維持保全計画
  11. .資金計画
居住環境に関する基準について

(1) 以下の計画等が適用となる場合は、それぞれの内容に適合させてください。

(2) 以下の土地の区域内に建築される住宅は、原則として、認定を行いません。

  • 都市計画施設の区域(道路、公園など)
  • 市街地開発事業の区域

(3) 増築・改築の場合は、旭川市建築基準法施行条例第12条の規定に適合させてください。(氷雪の落下による危害の防止)

災害配慮に関する基準について

以下の区域内に建築される住宅は、原則として、認定を行いません。

なお、システム等で確認できない場合は、上川総合振興局建設管理部防災担当窓口にお問い合わせください。

手続の流れについて

1.認定申請に先だって

  • 認定基準項目の1から6について、登録住宅性能評価機関による確認又は住宅性能評価を受けてください。
  • 住居環境(地区計画等)に関する届出を各窓口に提出し、通知書等の交付を受けてください。
  • 災害配慮(土砂災害特別警戒区域等)に関する区域外であることを確認してください。

1’.確認申請

認定申請の前に、確認申請の手続きを行うことができます。(旭川市又は指定確認検査機関)

2.認定申請

認定申請は、旭川市建築部建築指導課で受付けます。

3.認定通知

計画の認定をしたときは、申請者へ認定通知書を交付します。

4.工事の着工

認定通知前であっても、認定申請後であれば、着工できます。

5.建築工事

工事中に変更があった場合は、再度、認定申請(変更認定申請)が必要です。

6.工事完了

工事が完了した際は、工事完了報告書を提出してください。

認定の手数料について

認定の手数料は長期優良住宅認定手数料のページをご覧ください。 

認定申請書等の様式について

以下の表に示す書類を提出してください。

認定申請に必要な書類

書類 必要部数 内容等 様式等
認定申請書 正本及び副本 認定申請用 規則第1号様式
変更認定申請書(計画変更等の場合) 正本及び副本 計画の変更用 規則第3号様式
変更認定申請書(計画変更等の場合) 正本及び副本 譲受人の決定用 規則第5号様式
承認申請書 正本及び副本 地位の継承用 規則第7号様式
添付図書 正本及び副本 性能評価機関の交付する確認書等 規則第2条第1項による
各種図面等
その他(必要に応じて) 正本及び副本 委任状 任意
地区計画の区域内おける行為の届出書の写し
(旭川市の受付印があるもの)
地区計画のページへリンク
景観計画区域内行為着手期間短縮通知書の写し 景観計画のページへリンク
景観協定区域内における建築等の制限適合通知書の写し 景観協定のページへリンク
確認済証の写し(当該建築物が確認済証の交付を受けている場合) 建築基準法施行規則による

添付図書の詳細については、「認定申請手続きの概要」をご覧ください。

その他の書類
名称 公開日
記載事項変更届(旭川市要綱様式1)(ワード形式 14キロバイト) 2021年6月16日
工事監理報告書(士法第4号の2様式)(ワード形式 35キロバイト) 2021年9月24日
取下げ届(旭川市要綱様式3)(ワード形式 13キロバイト) 2021年6月16日
取りやめ届(旭川市要綱様式4)(ワード形式 14キロバイト) 2021年6月16日
工事完了報告書(旭川市要綱様式5)(ワード形式 13キロバイト) 2021年6月16日
認定長期優良住宅状況報告書(旭川市要綱様式6)(ワード形式 14キロバイト) 2021年6月16日
軽微な変更報告書(旭川市要綱様式7)(ワード形式 14キロバイト) 2021年6月16日

その他の書類の詳細については、「旭川市長期優良住宅の認定等に関する要綱」をご覧ください。

相談・問い合わせ先

技術的審査に関する相談

一般社団法人住宅性能評価・表示協会のコールセンターまでお問い合わせください。
電話番号: 03-5229-8136(無料)
相談時間: 9時半から17時半(土、日、祝日を除く)
相談内容: 法律関係、認定申請関係

旭川市における申請等に関する認定基準・手数料等の相談については、旭川市建築部建築指導課までお問い合わせください。

関連リンク

関連記事

お問い合わせ先

旭川市建築部建築指導課(建築確認担当)

〒070-8525 旭川市6条通10丁目 第3庁舎3階
電話番号: 0166-25-8597
ファクス番号: 0166-24-7009
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び年末年始を除く)ただし、手数料の納入が必要な申請等は、午前8時45分から午後4時00分までとなっていますのでご了承ください。