新型コロナウイルス感染症に関する第6次緊急対策

情報発信元 旭川市

最終更新日 2020年10月16日

ページID 071846

印刷

第6次緊急対策

予算規模

令和2年5臨・補正予算規模:12.9億円(一般財源7.8億円)
うち地方創生臨時交付金対象:11.4億円(一般財源7.2億円※)

※なお、予算上の交付金の充当額は4.2億円となっております。

方向性

フェーズ3のV字回復に向かう段階を念頭に、感染防止対策を徹底しながら、社会経済活動の拡大を図る。

  1. 医療・検査体制の強化
  2. 感染拡大の防止や新しい生活様式への対応
  3. 市民活動や経済活動の着実な回復

内容

新型コロナウイルス感染症に関する第6次緊急対策(PDF形式 1,079キロバイト)

医療・保健、市民生活対策

医療・保健、市民生活対策
  • 旭川市

⑴医療・検査体制の強化
【補正額】2億6千万円(一般2億円)
◎市立旭川病院の体制強化[1億1千万円(一般1億1千万円)]
*感染症センター(仮称)の医療器械等購入、感染症対応に伴う特殊勤務手当
◎インフルエンザ流行期を見据えた医療・検査体制の強化[1億6千万円(一般1億円)]
*1次医療機関の発熱外来体制の構築協力医療機関の追加
*移動困難者の搬送手段の確保(継続)[小計3千万円(一般3千万円)]
*PCR検査の委託(継続)[小計1億2千万円(一般6千万円)]

(2)感染拡大の防止に向けて
【補正額】3億円(一般2億7千万円)
◎児童の一時預かり事業所における衛生用品の購入費等を助成[3千万円(一般0千万円)]
◎保育所等従事者への慰労金(1人5万円)の支給[6百万円(一般6百万円)]
*児童養護施設等従事者を追加
◎公共交通事業運転従事者への慰労金(1人2万円)の支給[3千万円(一般3千万円)]
*路線バス、タクシー運転従事者
◎建設工事の感染症対策(工事費の増額)[1百万円(一般1百万円)]
*新庁舎、市営住宅
◎感染症対応に係る市職員の時間外勤務手当等[1億円(一般1億円)]

◎市有施設等における感染リスクの低減[1億3千万円(一般1億3千万円)]
*感染防護用品、衛生用品の購入
小中学校(校内消毒用品等)
学校開放事業(消毒液等)
図書館(アクリルパーティション等)
救急隊員(ゴーグル等)
*消毒清掃
総合庁舎、第二庁舎、第三庁舎
*感染症対策のための施設改修等
旭川聖苑(トイレ洋式化)
生活館(換気設備)
旭川地場産業振興センター(感染症対策補助)
工業技術センター(換気設備)
観光物産情報センター(空調設備等)
東地区体育センター(換気設備等)
リアルター夢りんご体育館(移動式観客席の購入)
21世紀の森(トイレ洋式化)
若者の郷(トイレ洋式化等)
消防庁舎(換気設備等)
彫刻美術館ステーションギャラリー(空調設備)

(3)高齢者の活動促進
【補正額】8千万円(一般8千万円)
◎寿バスカード利用者自己負担分の無償化
*1乗車当たりの自己負担額100円・50円→ 無料

補正額

補正額6億4千万円(一般5億5千万円)
うち地方創生臨時交付金対象4億9千万円(一般4億9千万円)

経済対策(生活者・事業者)

経済対策
  • 旭川市

(1)就事業者への追加支援
【補正額】6億3千万円(一般2億1千万円)
◎路線バス事業者への支援[8千万円(一般8千万円)]
*広域路線、環状通り循環線の運行への支援金
◎ホテル旅館業事業者への支援[1億9千万円(一般1億円)]
*市内宿泊者への宿泊料金の割引
市民:5千円割引、全宿泊者:3千円割引
◎売上が減少している小規模事業者等への支援[3億3千万円(一般0千万円)]
*売上が前年同月比40%以上減少し、国の持続化給付金の対象外である小規模事業者等に20万円給付
◎木工業者への支援[4百万円(一般4百万円)]
*工芸センターのレーザ加工機改修等(アクリルパネル加工に対応)
◎農業者への支援[3千万円(一般3千万円)]
*農業の労働環境整備への補助金(追加)
*そば生産者への緊急支援
そば種子購入助成、旭川産の新そばイベント開催
⑵新しい生活様式に対応した経済活動の推進
【補正額】1千万円(一般1千万円)
◎市内での拠点開設を視野に入れる市外企業への支援[8百万円(一般8百万円)]
*旭川での滞在経費等を助成
◎新しい旅行スタイルの実現[5百万円(一般5百万円)]
*貸切バスの活用による「新しい生活様式」を取り入れた冬季観光ツアーの実施
⑶まちの賑わいの創出に向けて
【補正額】7百万円(一般7百万円)
◎中心市街地の活性化
*オープンテラス席設置の支援

補正額

補正額6億5千万円(一般2億3千万円)
うち方創生臨時交付金対象6億5千万円(一般2億3千万円)

関連ファイル

関連記事