水のはなし(下水道編その8) 下水道管の老朽化

情報発信元 水道局総務課

最終更新日 2020年12月9日

ページID 071754

印刷

下水道管の老朽化

下水道管老朽
(下水道管の継ぎ目から木の根が侵入)

下水道管の割れ目から土や木の根、地下水が侵入することで、汚水が流れにくくなります。また、管の割れ目から汚水が漏れると、土を汚染することにもなります。

このままの状態が続くと、最悪の場合、管が壊れて土砂が管の中に流れ込み、地中に空洞ができることで、道路が陥没するおそれがあります。

本市では、下水道管の破損が原因で道路陥没起きたことはありませんが、他都市では発生している事例があり、陥没が起きると市民生活や衛生環境に大きな影響が生じます。
今後も、皆さまの快適な生活環境を守るため、計画的に下水道管の更新を行っていきます。



【次へ】 水のはなし(下水道編その9) 台所や洗面台のトラップ
【前へ】 水のはなし(下水道編その7) 旭川市の下水道管はどうなっているの?
水のはなし トップに戻る

お問い合わせ先

旭川市水道局上下水道部総務課

〒070-8541 旭川市上常盤町1丁目
電話番号: 0166-24-3160
ファクス番号: 0166-25-9500
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)