水のはなし(下水道編その2) 大雨のときには

情報発信元 水道局総務課

最終更新日 2020年9月16日

ページID 071273

印刷

大雨の時には

内水排除1

通常、街に降った雨は雨水管を通って、そのまま川へと流れていきます。
これは雨水管より河川の水位のほうが低いためです。



内水排除2




雨が降り続けて、河川の水位が上がってくると、川の水が雨水管に逆流してしまうため、樋門を閉めて、街への逆流を防ぎます。



内水排除3



しかし、樋門を閉鎖すると、街に降った雨も川に流すことができなくなり、このままでは街に水が溢れることになります。
これを防ぐために、水道局では仮設ポンプで街に溜まった水を吸い上げて、ホースで河川に排水します。これを「内水排除」といいます。




【次へ】 水のはなし(下水道偏その3) 水は限りある資源
【前へ】 水のはなし(下水道編その1) 下水道の役割
水のはなし トップに戻る

お問い合わせ先

旭川市水道局上下水道部総務課

〒070-8541 旭川市上常盤町1丁目
電話番号: 0166-24-3160
ファクス番号: 0166-25-9500
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)