延長保育事業について

情報発信元 こども育成課

最終更新日 2017年3月1日

ページID 059427

印刷

延長保育

お仕事の都合などで通常保育の終了時間までにお迎えに行けない、早く出勤しなければならないので通常保育の開始時間より前に預けたい場合などに、保護者の就労状況に合わせて延長保育を実施しています。

対象

保育必要量に応じた通常の保育時間では保育が困難であるなど、延長保育を必要としている児童
延長保育時間

区分

時間帯

(1)保育短時間を超える利用

(短時間認定の方)

【午前】午前7時から午前8時30分

【午後】午後4時から午後6時30分

のうち、【午前】と【午後】をあわせて3時間以内。

なお、時間帯は保育所等により異なりますので、利用する保育所等にご確認ください。

(2)開所時間を超える利用 午後6時から午後7時まで
(わんぱく保育園のみ)
長時間早朝保育:午前8時から午前11時まで
長時間延長保育:午後10時から午前1時まで
利用料
区分 料金
(1)保育短時間を超える利用
(短時間認定の方)
「保育標準時間認定の保育料」と「保育短時間認定の保育料」の差額
(2)開所時間を超える利用

保育料の10分の1(10円未満切り捨て)
※保育料の10分の1の金額が5,000円を超える場合は、5,000円

※日額設定の場合は1日400円(平成29年4月1日から施行)

 

実施施設

施設・事業所一覧をご覧下さい。

利用定員

各施設・事業所ごとに利用定員がありますので、申込みが多数の場合、ご希望の時期に利用できないことがあります。

利用申込

各認可保育所等に直接お申し込み下さい。
延長保育は1か月単位の利用が可能ですので、冬期間のみ、2か月間だけの利用などもできます。

お問い合わせ先

旭川市子育て支援部こども育成課こども事業係

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 旭川市第二庁舎5階
電話番号: 0166-25-9106
ファクス番号: 0166-26-5722
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)