再犯防止に関する取組について

情報発信元 福祉保険課

最終更新日 2021年3月30日

ページID 066195

印刷

再犯防止とは

罪を犯した人の立ち直りには、本人の努力だけでなく、社会で自分の居場所を見つけられるような環境づくりも必要です。しかし、支援が必要なのにもかかわらず、適切なサービスにつながらず、社会で孤立し、結果として再び罪を犯してしまう人もいます。そのため、犯罪を減らし安全で安心な社会を実現するためには、再犯を防止することも重要です。

こうした背景の中、再犯の防止等に関する施策を総合的かつ計画的に進めていくための基本事項を定めた「再犯の防止等の推進に関する法律」が平成28年12月に施行され、平成29年12月には「再犯防止推進計画」が策定され地域においても再犯防止の取組を進める必要性が示されました。

市の取組

地域再犯防止推進モデル事業の実施

旭川市では、国から委託を受け、平成30年度から令和2年度までの期間に「地域再犯防止推進モデル事業」を実施しました。

事業概要(PDF形式 108キロバイト)

地域再犯防止推進モデル事業成果報告書(PDF形式 798キロバイト)

社会を明るくする運動への参加

すべての国民が「犯罪や非行の防止」と「罪を犯した人の更生」について理解を深め、それぞれの立場で安全で安心な明るい地域社会を築いていくための全国的な運動で、本市も毎年参加しています。

関係団体への補助

地域における犯罪・非行の防止を推進するため、更生保護活動を行っている旭川地区保護司会や更生保護法人旭川保護会に補助金を交付しています。

矯正施設所在自治体会議への参加

刑務所などの矯正施設がある地方自治体が再犯防止を率先して推進できるよう設立された会議で、本市も参加しています。地域の状況に応じた安全で活力のある環境づくりに向けた情報交換を行っています。

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部福祉保険課

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 第2庁舎3階
電話番号: 0166-25-6312
ファクス番号: 0166-24-7008
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)