ステップアップ支援プログラム(被保護者・生活困窮者就労準備支援事業)

情報発信元 生活支援課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 052399

印刷

ステップアップ支援プログラムとは

ステップアップ支援プログラムは、様々な事情で、一般的な仕事が困難であったり、仕事探しを続けながらも、なかなか仕事に結びつかなかったりする方々に対して、ご本人の状況に合った支援を行い、目標に向かって一歩ずつ進んでいただくプログラムです。

市からプログラムの実施を委託された事業所が支援を担当します。

どんな人が参加しているの?

これまでに、次のような方々が参加されています。 

  • 20 年間働いていないので、就職してもつとまるかかどうか、不安を感じている。
  • 対人関係やコミュニケーションが苦手で、働くことに不安を感じている。
  • 働いた経験や社会経験が少なく、自分に合った仕事がわからない。
  • 体を壊してから働いていないので、久しぶりに働くとなると、自信がない。
  • 何年も仕事を探しているが就職につながらず、自信がなくなってきた。
  • 家にこもりがちになり、生活リズムが乱れてしまった。

どんな支援が受けられるの?

支援員による伴走型支援

事業所の支援員が、ご本人やケースワーカーとお話ししながら、状況に合った目標を一緒に考え、支援計画を立て、目標に向けて伴走します。

定期的な面談、電話連絡、ニュースレターの送付、家庭訪問、様々な支援メニューの提案などを行います。

単発のプログラム

これまでに、次のような内容に取り組んでいます。

  • ごみ拾い(町なか清掃活動)
  • 農作業(小さな畑づくり)
  • 手しごとプログラム(リサイクル封筒づくり・冊子づくり・啓発資材づくりなど)
  • 紙しばいづくり
  • パソコン基礎講座
  • 地域づくりをかんがえる学習交流会
  • ストレッチなどの軽運動
  • 包丁や火を使わない食事づくり
  • 職場見学ツアー
  • 介護の基本を学ぶ学習会
  • 就職活動応援セミナー
  • 接遇マナー基礎講座

継続的に参加するプログラム

市内の受け入れ先事業所で、様々な内容のボランティア活動に取り組んでいます。週1回から週5回まで、ひとりひとりの状況に合わせて活動しています。

「ありがとう」と感謝されたり、定期的に通える場所で人とのつながりを感じることが、次のステップに向かうきっかけになっています。

就労体験

就労に近いところまでステップアップされた方は、より仕事に近い形で職場に入る就労体験に取り組んでいます。

ステップアップ支援プログラムの次にはどんな支援があるの?

ステップアップ支援プログラムの次のステップとして、就労支援員による支援プログラムや、生活保護受給者等就労自立促進事業があります。

次のステップに進むときは、現在の支援者と次の支援者が、しっかりと支援を引き継ぎます。

支援を受けるにはどうしたらいいの?

ステップアップ支援プログラムによる支援を希望される場合は、ご担当のケースワーカーあるいは旭川市自立サポートセンター相談員までご相談ください。

関連記事

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部生活支援課自立支援係

〒070-8525 北海道旭川市7条通10丁目旭川市第二庁舎5階
電話番号: 0166-25-9175
ファクス番号: 0166-26-7654
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)