国民健康保険の特定健診とは

情報発信元 国民健康保険課

最終更新日 2022年6月22日

ページID 004515

印刷

国民健康保険の特定健診とは

新型コロナウイルス感染症に係る特定健診の対応について

特定健診は、国が定めた年に1度の健診です。心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などの病気を引き起こす危険性が高い生活習慣病の予防と早期発見のため、医療保険者(国民健康保険、協会けんぽ、共済組合など)に実施が義務づけられています。

特定健診の対象となる方

旭川市国保に加入されている35歳から74歳までの方が対象です。

旭川市国保では、若い世代にも健診を受けていただきたく35歳(その年度中に35歳になる方)から健診を受けることができます。

旭川市国保以外の医療保険(協会けんぽ・組合健保・共済組合・建設国保など)に加入されている方の特定健診については、ご加入の医療保険者にお問い合せください。

特定健診の内容

基本項目

問診(自覚症状、既往歴等)

身体計測(身長、体重、腹囲)

血圧測定

身体診察(視診)

尿検査(尿糖、尿蛋白、尿潜血)

血液検査

【血糖】空腹時血糖、ヘモグロビンA1c

【脂質】中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール

【肝機能】AST(GOT)、ALT(GPT)、γーGT(γーGTP)

【腎機能・痛風】血清クレアチニン、尿酸

詳細項目(40歳~74歳で条件を満たす方のみ)

心電図検査

眼底検査

貧血検査

特定健診の実施期間

毎年、5月1日から3月31日まで(新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、健診が中止になる場合があります。)

特定健診の受け方

旭川市特定健診・後期高齢者医療健診実施医療機関一覧・セット型健診日程

医療機関で受ける場合

市内約120か所の医療機関で受けることができます。事前に予約が必要な場合がありますので、各医療機関に直接お問い合わせください。

受診券に同封の医療機関一覧またはホームページをご覧ください。

令和4年度旭川市特定健診・がん検診等実施医療機関表(令和4年6月21日現在)(PDF形式 141キロバイト)

セット型健診で受ける場合

特定健診とがん検診(胃・肺・大腸)を同時に受けられるセット型健診を実施しています。

セット型健診は、商業施設、公民館や地区センターなどを会場としており、事前に予約が必要です。日程、会場及び予約先については、受診券に同封のセット型健診の日程表またはホームページをご覧ください。

令和4年度セット型健診日程(PDF形式 62キロバイト)

健診に必要な持ちもの

国民健康保険被保険者証

受診券

対象となる方で4月1日までに国保加入手続が済んでいる場合は、4月下旬に受診券を送付いたします。年度途中で加入された場合など、受診券が届いていない方は、国民健康保険課までご連絡ください。

健診の費用

自己負担額は、500円です(受診券の負担額欄に「500円」と記載)。

なお、世帯全員の前年度市民税が非課税の方は無料です(受診券の負担額欄に「無料」と記載)。

特定健診受診後について

健診受診後、6週間から10週間後に旭川市保健所から結果通知をいたします。

生活習慣病の予防のため、保健師、栄養士がライフスタイルに合わせた保健指導を行います。

オンライン資格確認等システムによる特定健康診査情報の提供について

旭川市では、オンライン資格確認等システムを導入しています。その機能の一つとして、旭川市国民健康保険に加入する前に加入していた健康保険において実施された特定健康診査の情報を、旭川市に提供することが可能となっています(40~74歳の方が対象。)。

この提供にあたっては、オンライン資格確認等システムを用いて提供を受ける場合に限り、加入者本人の同意を得ることは不要とされています。

以前加入していた健康保険において実施された特定健康診査情報の提供を希望されない場合には、旭川市国民健康保険課まで「不同意申請書」の提出をお願いいたします。

オンライン資格確認等システムによる特定健康診査情報の提供について(説明)(PDF形式 54キロバイト)

不同意申請書(PDF形式 31キロバイト)

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部国民健康保険課保健事業担当

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 旭川市役所 総合庁舎1階1番窓口
電話番号: 0166-25-9841
ファクス番号: 0166-27-7801
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)