インフルエンザ

情報発信元 健康推進課

最終更新日 2018年9月5日

ページID 053146

印刷

インフルエンザについて

インフルエンザウイルスは感染力が強く、一旦流行が始まると、短期間に感染が拡がります。
平成21年に流行がみられた新型インフルエンザについては、現在では季節性インフルエンザとして扱われていますが、インフルエンザの流行には毎年注意が必要です。日本では、例年12月から3月頃に流行します。
インフルエンザの流行にご注意ください(PDF形式 401キロバイト)
インフルエンザQ&A(厚生労働省ホームページ)(新しいウインドウが開きます)

インフルエンザ予防啓発ポスター平成29年度あさっぴー版

インフルエンザ予防啓発ポスター

症状

潜伏期間は約1日から3日間で、急な38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状に加えて、普通の風邪と同様にのどの痛み、せき、鼻汁などもみられます。
また、気管支炎、肺炎、脳症など、重症化することもあります。

感染経路

飛沫感染と接触感染の2種類があります。飛沫感染は、感染した人が咳をすることで飛んだ、飛沫に含まれるウイルスを、別の人が口や鼻から吸い込んでしまい、ウイルスが体内に入り込むことです。
感染した人が咳を手で押さえた後や、鼻水をぬぐった後に、ドアノブ、スイッチなどに触れると、その触れた場所にウイルスを含んだ飛沫が付着することがあります。
その場所に別の人が手で触れ、さらにその手で鼻、口に再び触れることにより、粘膜などを通じてウイルスが体内に入り感染します。これを接触感染といいます。

予防方法

  • インフルエンザの重症化防止には、流行前のワクチン接種が有効です。 
    インフルエンザ予防接種(高齢者)についてはこちら
  • こまめに手洗い、うがいをしましょう。
  • 流行時には人混みは避けましょう。やむを得ず人混みに入るときには、フィルターの機能がガーゼマスクより優れている不織布製のマスクを着用することも方法のひとつです。
  • 室内は、適度な湿度(50%から60%)を保ち、換気をしましょう。
  • バランスのよい食事、十分な休養等規則正しい生活を心がけ、体力や免疫力を高めましょう。

インフルエンザにかかった場合

  • 早めに医療機関を受診して治療を受けましょう。
  • 安静にして、休養をとりましょう。特に睡眠を十分にとることが大切です。
  • 水分を十分に補給しましょう。
  • 咳やくしゃみなどの症状があるときはマスクをするなど、咳エチケットを心がけましょう。
  • 人混みへの外出を控え、無理をして学校や職場に行かないようにしましょう。

関連記事

お問い合わせ先

旭川市保健所健康推進課保健予防係

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 第二庁舎
電話番号: 0166-25-9848
ファクス番号: 0166-26-7733
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)