鳥インフルエンザ(H5亜型)

情報発信元 健康推進課

最終更新日 2021年1月18日

ページID 004122

印刷

鳥インフルエンザ(H5亜型)

令和2年10月30日(金曜日)以降、環境省から、北海道(紋別市)で回収された野鳥の糞便、鹿児島県(出水市)で採取した環境試料(水)、野鳥の糞便、死亡野鳥及び衰弱野鳥、新潟県(阿賀野市)で採取した環境試料(水)及び野鳥の糞便、和歌山県(和歌山市)の死亡野鳥、岡山県(小田郡矢掛町)の死亡野鳥、宮崎県(延岡市及び都農町)で採取した野鳥糞便、鳥取県(鳥取市)で採取した環境試料(水)及び野鳥糞便、香川県(三豊市)の死亡野鳥、奈良県(吉野郡大淀町)の死亡野鳥、埼玉県(比企郡ときがわ町)の死亡野鳥から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N8亜型)が29例検出されたとの発表がありました。

また、令和2年11月5日(木曜日)以降、農林水産省から、香川県(三豊市及び東かがわ市)、福岡県(宗像市)、兵庫県(淡路市)、宮崎県(日向市、都農町、都城市、小林市、宮崎市及び川南町)、奈良県(五條市)、広島県(三原市)、大分県(佐伯市)、和歌山県(紀の川市)、岡山県(美作市)、滋賀県(東近江市)、高知県(宿毛市)、徳島県(阿波市)、千葉県(いすみ市)、岐阜県(美濃加茂市)、鹿児島県(さつま町)の農場で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)が36例確認されております。

鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥やその死体等に濃密に接触した場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられております。

日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後は、手洗いとうがいをしていただければ過度に心配する必要はありませんので冷静な行動をお願いいたします。

鳥インフルエンザについての情報(新しいウインドウが開きます) 厚生労働省ホームページ

鳥インフルエンザに関するQ&A(新しいウインドウが開きます)厚生労働省ホームページ

鳥インフルエンザ(海外感染症発生情報)(新しいウインドウが開きます) FORTH 厚生労働省検疫所

鳥インフルエンザ(新しいウインドウが開きます)国立感染研究所ホームページ

高病原性鳥インフルエンザに関する情報(新しいウインドウが開きます)環境省ホームページ

鳥インフルエンザに関する情報(新しいウインドウが開きます)農林水産省ホームページ

注意すべきこと

衰弱したり、死亡した野鳥を見つけたときは、念のため、次の事項に注意してください。

  • 死んでいたり、衰弱している野鳥を見つけた場合は、素手で触らないようにしましょう。
  • 特に子どもは、興味から野鳥に近づくおそれがありますので、保護者の皆様や周囲の皆様方は注意してください。
  • 鳥の排泄物等に触れた後は、手洗いとうがいをしましょう。
  • 水辺等に立ち寄って、糞を踏んだ場合は、念のため靴底を洗いましょう。

鳥インフルエンザに関する相談窓口

野鳥について

北海道上川総合振興局 環境生活課0166-46-5924
旭川市環境部 環境政策課 環境保全係0166-25-5350

家畜として飼育されている鶏などについて

上川家畜保健衛生所(新しいウインドウが開きます)0166-57-2232
旭川市農政部 農業振興課 農畜産係0166-25-7470

人の健康について

北海道保健福祉部 地域保健・感染症グループ(新しいウインドウが開きます)011-231-4111(内線25-517)
北海道上川総合振興局 健康推進課0166-46-5989
旭川市保健所 健康推進課 保健予防係0166-25-9848

お問い合わせ先

旭川市保健所健康推進課保健予防係

〒070-8525 旭川市7条通10丁目 第二庁舎
電話番号: 0166-25-9848
ファクス番号: 0166-26-7733
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)