用途廃止施設等の利活用方針について

情報発信元 公共施設マネジメント課

最終更新日 2021年11月29日

ページID 062814

印刷

用途廃止施設等の利活用方針について

用途廃止施設等の主な活用手法

通年制保育園等の用途廃止施設(予定含む)について、建物の状況等を考慮しながら、各施設の利活用方針について整理しました。主な活用手法は次のとおりです。

庁内活用

他の行政目的で利活用します。

売却

土地・建物の売却により、市有財産の有効活用を図ります。売却については公平性・透明性を確保するため一般競争入札を原則とし、売却予定価格については、公有財産価格評定委員による適正な価格を評定します。

有償貸付け

一定期間利用する見込みのない土地や建物について、土地・建物を有償で貸付けし、収益を上げることにより、市有財産の有効活用を図ります。有償貸付けについては公平性・透明性を確保するため一般競争入札や公募提案方式を採用します。

各施設の利活用方針

平成29年度に利活用方針を整理した施設

令和元年度に利活用方針を整理した施設

令和2年度に利活用方針を整理した施設

令和3年度に利活用方針を整理した施設(新しいウインドウが開きます)

※リンク先に、対象施設及び各施設を所管している課の連絡先を記載しています。

各種お問い合わせ

全般についてお問い合わせ(公共施設マネジメント課 0166-25-9836)

利活用方針、その他ご不明な点など

建物・敷地等のお問い合わせ(各施設を所管している課)

建物情報、建物の状態、敷地の状況など

売却についてのお問い合わせ(公共施設マネジメント課財産担当 電話番号 0166-25-5695)

売却金額、売却時期、売却手法など

有償貸付けについてのお問い合わせ(各施設を所管している課)

貸付料金、貸付期間、貸付条件など

お問い合わせ先

旭川市総務部公共施設マネジメント課

〒070-8525 北海道旭川市6条通9丁目
電話番号: 0166-25-9836

メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)