あさひばし 平成28年6月号「三浦文学でまちおこし 『塩狩峠』の連載から50年」

情報発信元 広報広聴課

最終更新日 2016年6月15日

ページID 056810

印刷

執筆当時の三浦綾子さんの写真

旭川生まれの作家・三浦綾子の小説『塩狩峠』は、『氷点』と並ぶ代表作として知られています。中国や韓国、アメリカなどで翻訳され、多くの人に愛されてきました。現在も本や電子書籍などで、若い世代に読み継がれています。

今年、『塩狩峠』が雑誌連載から50年目を迎えるに当たり、三浦作品の舞台となった旭川市・和寒町・上富良野町では、様々な催しが行われます。

『塩狩峠』の魅力に触れるイベント

詳細は三浦綾子記念文学館(電話69-2626)にお問い合わせください。

特別展 小説『塩狩峠』一粒の麦~いのちより重い愛の尊さ

大型パネルと資料で、主人公の成長を追い、『塩狩峠』の世界を表現します。

とき 7月1日(金曜日)~10月28日(金曜日) 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

※10月3日(月曜日)・17日(月曜日)・24日(月曜日)は休館。

ところ 三浦綾子記念文学館(神楽7の8)

入館料 一般=500円、高校・大学生=300円、小・中学生=100円

※土曜日は高校生以下無料。

特別展示の写真

朗読と講演 『塩狩峠』を読み、語る

ナレーターの中村啓子さんによる朗読や、作家の佐藤 優さんによる講演を開催します。

とき 7月30日(土曜日) 午後1時から

ところ 公会堂(常磐公園)

入場料 1,500円

チケット販売所 三浦綾子記念文学館、ジュンク堂書店、冨貴堂書店各店

中村啓子さんの写真
中村啓子さん
佐藤優さんの写真
佐藤優さん

イベント列車 『塩狩峠』号で行く、小説体験JRの旅

塩狩駅に向かう列車の中で、講演や催しを行います。同駅近くの塩狩峠記念館で朗読劇を鑑賞する他、フットパス体験もできます。

とき 9月25日(日曜日) 午前9時から

出発地 旭川駅

定員 130人(先着順)

参加料 約5,000円(昼食付き)

※フットパスは別料金(約1,000円)

申込 三浦綾子記念文学館 電話69-2626

塩狩峠記念館
塩狩峠記念館

フットパス 氷点の道

地図

小説『氷点』にゆかりのある地を巡ります。

とき 6月26日(日曜日) 午前9時15分から

出発地 三浦綾子記念文学館(神楽7の8)

定員 70人(先着順)

参加料 1,000円

申込 三浦綾子記念文学館 電話69-2626


※この他にも様々なイベントが開催されますので、同文学館のホームページをご覧ください。


【詳細
三浦綾子記念文学館 電話69-2626


あさひばし 平成28年6月号のページに戻る

お問い合わせ先

旭川市総合政策部広報広聴課広報係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-5370
ファクス番号: 0166-25-6515
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)