大雪山の恵みで育った新鮮でおいしい食

情報発信元 広報広聴課

最終更新日 2019年12月6日

ページID 059875

印刷

田植えの写真

旭川のお米

ブランド米のパッケージの写真

旭川は大雪山からの豊かな伏流水が田を潤し、盆地特有の昼夜の寒暖差により、よく実ったお米が育ちます。「大雪山見て育ったの」は、旭川市内の4農協と旭川市などで構成する旭川米生産流通協議会が認定した旭川のブランド米です。

旭川のそば

江丹別のソバ畑の写真

旭川は道内有数のそばの生産地であり、その中でも江丹別で育てる「そば」は、首都圏などで高い評価を得ています。生産地だからこそ味わえる、ひきたて、打ちたて、ゆでたての味を食べてみてください。

江丹別そばの写真

旭川の果物

ブルーベリーの写真

周囲を山々に囲まれ、昼と夜の寒暖の差が大きい旭川の気候は果実の糖度を高め、甘くて味の良い果物ができます。ジュース作り体験会や、市内の菓子店との催しなどを開催しています。

旭川の野菜

旭川産野菜売り場の写真

旭川市内の野菜の多くは、土づくりを基本に化学肥料や化学合成農薬の使用を最小限に抑えて栽培されていて、「YES!clean」の表示がなされています。

旭川の地酒

地酒とクラフトビールの写真

かつて「北海の灘」と呼ばれた酒どころ旭川。大雪山の伏流水が生み出す風味豊かな味わいが特徴です。現在も旭川を代表する3つの蔵元「男山」「髙砂酒造」「合同酒精」と「大雪地ビール」が個性ある酒造りを行っています。

栄養満点!酒粕の力でおいしさアップ

酒粕ブルーチーズ「旭川」(伊勢ファーム)

酒かすブルーチーズの写真

江丹別の青いブルーチーズを髙砂酒造の酒粕で覆い、さらに熟成させたアレンジチーズ

旭高砂牛(ひかり牧場)

旭高砂牛の写真

飼料に酒粕を混ぜることで柔らかい肉質と深いうま味を引き出した旭川のブランド牛

関連記事

お問い合わせ先

旭川市総合政策部広報広聴課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-5370
ファクス番号: 0166-25-6515
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)