旭川市保育士宿舎借り上げ支援事業

情報発信元 こども育成課

最終更新日 2021年2月10日

ページID 063894

印刷

旭川市保育士宿舎借り上げ支援事業について

保育施設等を運営する事業者に対して、当該保育所等に勤務する保育士の宿舎を借り上げるための費用の一部を補助することにより、市内の保育所等への就職促進及び就労継続を図り、保育士の確保を推進することを目的とします。

1助成内容

  • 対象経費:事業者が雇用する保育士の宿舎の借り上げに係る経費のうち賃借料・共益費・管理費
  • 補助基準額:宿舎1戸あたり月額48000円(令和元年度対象者で継続して補助を受ける場合は50000円)
  • 選定額:補助基準額と補助対象経費の実支出額から寄付金その他の収入額を差し引いた額と比較して、いずれか少ない額を選定額とする
  • 補助率:4分の3
  • 補助金額:宿舎1戸あたり月額36000円以内(令和元年度対象者で継続して補助を受ける場合は37500円)

⇒ 選定額 ×4分の3(補助率) = 補助金額 ※ 100円未満端数切り捨て

  • 助成期間:指定保育士養成校を卒業した日の翌月または保育士試験に合格し保育士証に登録された日の翌月から起算して60ヶ月

2補助条件等

以下のすべての条件を満たすものとします。

(1)補助金の交付対象となる事業者

  • 旭川市内において、保育所(市立保育所を除く)及び認定こども園及び地域型保育事業所を設置及び運営していること
  • 保育士を居住させるための宿舎等に係る賃貸借契約を締結すること
  • 当該宿舎に係る賃借料等を負担し、事業者が雇用した保育士を居住させること

(2)補助対象となる宿舎

  • 保育士を居住させることを目的として法人が借り上げるものであること
  • 旭川市内に所在するものであること
  • 事業者、事業者役員、事業者の従業員、事業者の親族及びその他利害関係者の所有物件でないこと

(3)補助対象保育士の該当要件

  • 指定保育士養成施設を当該年度から起算して5年前の年度初日以降に卒業した保育士(平成29年以降の卒業者のみ対象とし、平成29年卒業の者については令和元年度に申請実績のある者に限る)または保育士試験の合格によって保育士資格を取得した保育士で、令和2年4月1日以降に保育士証に登録された者であること
  • 事業者に新規採用された者であること
  • 1日6時間以上かつ20日以上勤務していること
  • 世帯主であること
  • 施設長や法人役員でないこと
  • 住居手当等を支給されていなく、また、同居者に住居手当等を支給されている者がいないこと
  • 補助対象期間中に特段の事情がなく、借り上げ宿舎から転居したことがないこと

関連ファイル

お問い合わせ先

旭川市子育て支援部こども育成課

〒070-8525 旭川市7条通10丁目第二庁舎5階
電話番号: 0166-25-9844
ファクス番号: 0166-26-5722
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)