ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について

情報発信元 環境指導課

最終更新日 2020年8月1日

ページID 070577

印刷

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について

変圧器・コンデンサの再確認お願いします

高濃度PCBを使用した変圧器・コンデンサの処理期限(令和4年3月31日)まであと半年を切りました。

大きな物品の陰や倉庫の片隅、使用していないキュービクルの中、高所の高圧受電設備など見つけにくい場所に保管・設置されていた変圧器・コンデンサが、あとから発見された事例があります。

今一度、徹底した確認をお願いします。

変圧器・コンデンサー変圧器・コンデンサー

掘り起こし調査等における高濃度PCB廃棄物・機器の発見事例(PDF形式 1,125キロバイト)

計画的処理完了期限後に発見された継続保管事例(PDF形式 977キロバイト)

PCB廃棄物の処理期限

<処理期限>

変圧器・コンデンサー:令和4年3月31日まで(あと120日!!)

安定器及び汚染物等:令和5年3月31日まで(あと485日!!)

低濃度PCB廃棄物:令和9年3月31日まで(あと1946日!!)

*令和3年12月1日現在

PCB廃棄物はPCB特措法で定められた期限までに処分しなければなりません。

高濃度PCB廃棄物は、処理期限を過ぎると事実上処分することができなくなります。

PCB廃棄物に係る新着情報

通知日 内容
令和3年10月18日

低濃度PCB含有電気機器把握支援援助の概要(PDF形式 1,357キロバイト)

低濃度PCB含有電気機器の濃度分析に掛かる費用を補助する制度があります。

補助を受けるには令和4年2月25日(当日消印有効)までに申請書の提出が必要となります。

詳細は上記のPDFファイルを御確認いただくか、次の窓口に直接御確認ください。

窓口:北海道環境生活部環境局循環型社会推進課大気環境係(電話番号:011-231-4111(内線24-265))

事業概要HP:補助金制度の概要(新しいウインドウが開きます)

令和3年9月27日

PCB適正処理説明会開催チラシ(PDF形式 666キロバイト)

令和3年度PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会が次の日程で開催されます。詳細は上記のPDFファイルを御確認ください。

開催日時:令和3年10月22日 13時半~(受付13時)

開催場所:北海道道立道民活動センター【かでる2.7】大会議室

令和3年6月15日

中小企業等におけるPCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業(PDF形式 653キロバイト)

PCB含有安定器の有無に関する調査費用や、PCBが使われた照明器具をLED照明器具に交換する費用について、環境省の補助制度がございます。

申請期限:令和4年1月31日が申請期限です。

窓口:一般財団法人 栃木県環境技術協会(新しいウインドウが開きます)
電話番号:028-671-1781

PCB全般に関する相談窓口

公益財団法人産業廃棄物処理振興財団(新しいウインドウが開きます)では、PCB全般に関する相談窓口を設置し、保管事業者からの相談等に関して対応しています。

対応内容

PCBに関する事項(届出、処理処分、判別方法等の制度面・技術面の事項)

補助金制度の案内

分析会社、無害化処理業者の案内

実施体制について

電話番号:0120-985-007

受付時間:10時~12時、13時~17時(土日祝は不可)

問い合わせメールアドレス:pcb-info@sanpainet.or.jp

高濃度PCB廃棄物

高濃度PCB廃棄物の処分までの手続き

高濃度PCB廃棄物は、地域ごとに定められた処分期間内に必ず処分しなければなりません。届出や処分をしない場合は罰則が適用される可能性があります。高濃度PCB廃棄物については、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)(新しいウインドウが開きます)で処理しています。JESCOに処分委託を行う場合、予めJESCOに登録を行う必要があります(使用中であっても登録可能です。)。詳しくは、JESCO登録担当(03-5765-1935)又は北海道事業所(0143-23-7007)までお問い合わせください。

PCB廃棄物の処分までの手続きに関しては高濃度PCB廃棄物の処理手続きについて(PDF形式 1,179キロバイト)を参照ください。

中小企業者等の負担軽減措置について

高濃度PCB廃棄物を中小企業者等が処分する場合、その料金が軽減される措置があります。一定の条件を満たす中小企業者、中小企業団体等及び法人にあっては70%、個人にあっては95%が軽減されます。詳しくはJESCO中小軽減担当(0120-808-534)又は北海道事業所(0143-23-7007)にお問い合わせください。

PCB廃棄物に関する主な届出様式

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物に関する書類についてをご覧ください。

PCB廃棄物等の掘り起こし調査に御協力ください

現在旭川市では、PCB廃棄物を保有する蓋然性の高い事業者を対象にして未届出のPCB廃棄物等の掘り起こし調査を実施しています。

高濃度PCBが使用された電気機器や製品、廃棄物を保有していないかどうか、再度事業所内を確認するとともに、旭川市が行う掘り起こし調査に御協力ください。

調査方法等の詳しい情報は掘り起こし調査の詳細情報ページを御確認ください。

廃安定器の仕分けについて

PCB廃棄物として保管している廃安定器の中には、PCBを使用していないものが混在していることがあります。仕分けすることでJESCOによる処理対象物が削減され早期処理の実現が可能となることから、仕分けに御協力ください。

なお、PCB使用廃安定器の形状を変更(分解又は解体作業)することは原則禁止されています。

廃安定器の仕分けについての詳細は廃安定器の仕分けについてを御確認ください。

低濃度PCB廃棄物

低濃度PCB廃棄物の無害化処理について

低濃度PCB廃棄物の処理はJESCOではなく、民間の処理事業者により行われています。

無害化処理認定事業者の連絡先等は環境省のホームページ(新しいウインドウが開きます)で紹介されています。

お問い合わせ先

旭川市環境部環境指導課

〒070-8525 総合庁舎8階
電話番号: 0166-25-6369
ファクス番号: 0166-29-3977
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)