改製原戸籍(かいせいげんこせき)とは

情報発信元 市民課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 003038

印刷

答え

戸籍簿は法律の改正により何度か作り替えられており、「改製原戸籍」(かいせいげんこせき)とは、作り替えられる前の戸籍簿のことをいいます。
主な改製としては昭和32年(1957年)の法務省令による「旧法戸籍」から「新法戸籍」への改製(戸籍の編製単位をそれまでの「家」単位から、「1組の夫婦と氏を同じくする子」を編製単位とする作り替え)がありました。
また、近年の改製としては、コンピューター化による戸籍の作り替えをしており、本市では、平成18年11月3日に戸籍のコンピューター化による改正を行っています。

手数料

1通750円
請求方法は 戸籍証明の請求をご覧ください。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-6204
ファクス番号: 0166-24-6967
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く。)毎週木曜日は午前8時45分から午後7時まで(ただし国民年金業務を除く。)