旭川市国際交流センター公衆無線LAN

情報発信元 都市交流課

最終更新日 2021年3月29日

ページID 072879

印刷

  旭川市国際交流センター

旭川市国際交流センター公衆無線LANサービスの利用開始に当たっては、下部に記す規約のすべての内容に同意したものとみなします。

無線LANの安全な利用については総務省からセキュリティ対策のポイントが示されています。詳しくは総務省HP(新しいウインドウが開きます)をご覧ください。

お知らせ・募集・イベントなど

・旭川市の姉妹友好都市・国際交流について

旭川市国際交流センター公衆無線LAN利用規約

(目的)

第1条 この規約は、旭川市が旭川市国際交流センター(以下、「センター」という。)の来訪者の利便性の向上を図るために整備した無線によるインターネット接続環境(以下、「無線LAN」という。)の利用について必要な事項を定めるものとする。

(サービスの内容)

第2条 利用者は、本規約に同意した上で無線LANを利用してインターネットに接続することができる。なお、本サービスの利用開始をもって、利用者が本規約のすべての内容に同意したものとみなす。

(利用可能場所及び利用時間)

第3条 無線LANの利用可能施設、利用場所及び利用時間は別表のとおりとする。

(利用者の資格)

第4条 利用は個人のみとし、法人等による常用的・組織的利用は認めない。

(無線LANの利用)

第5条 無線LANの利用を希望する者(以下、「利用希望者」という。)は、自己の責任と負担において、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア等を準備するものとする。

2 無線LANの利用料金は無料とする。

(利用の申込み)

第6条 利用希望者は、この規約に同意の上、センター内カウンターで所定の利用申請書に必要事項を記入しセンター利用カードを作成する。2度目以降は利用カードを提示する。

(利用の承認)

第7条 旭川市は前条の規定による利用申込みがなされた場合は、パスワードを利用希望者に通知する。

2 前項の規定によりパスワードの交付を受けた者(以下、「利用者」という。)は当該パスワードを使用することにより、インターネットに接続できる。

(パスワードの管理)

第8条 利用者は通知されたパスワードの管理責任を負うものとする。

2 利用者はパスワードを他の者に使用させたり、または貸与、譲渡等をしてはならない。3 パスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者からの不正アクセス等により発した損害の責任は利用者が負うものとし、旭川市は一切の責任を負わないものとする。

(利用者資格の停止・取消)

第9条 利用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、市長は事前に通知することなく、直ちに当該利用者の利用資格を停止もしくは取り消すことができるものとする。

 (1)前条及び第10条で禁止している事項に該当する行為を行った場合

 (2)虚偽の内容で利用申込みを行ったことが判明した場合

 (3)その他、本規約に違反した場合

 (4)その他、利用者として不適切と旭川市が判断した場合

(禁止事項)

第10条 利用者は次に掲げる行為をしてはならない。

 (1)第三者のプライバシー権その他の権利を侵害する行為及び侵害するおそれのある行為

 (2)前号に掲げるもののほか、他の利用者もしくは旭川市に不利益又は損害を与える行為及び与えるおそれのある行為

 (3)第三者を誹謗中傷する行為

 (4)公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為又は公序良俗に反する情報を提供する行為

 (5)犯罪的行為又は犯罪的行為に結びつく行為もしくはそのおそれのある行為

 (6)選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類する行為

 (7)性風俗、宗教及び政治に関する活動

 (8)パスワードを不正に使用する行為

 (9)コンピューターウイルス等の有害なプログラムを、無線LANを通じて、又は無線LANに関連して使用し、もしくは提供する行為

 (10)通信販売、連鎖販売取引、業務提携誘引販売取引及びその他の目的で特定又は不特定多数に大量のメールを送信する行為

 (11)コンピューターネットワークを利用したゲーム(いわゆる「オンラインゲーム」や「ネットゲーム」など。)への接続

 (12)本サービスによりアクセス可能な当市もしくは第三者の情報を改ざん、消去する行為

 (13)第三者または当市に迷惑・不利益を及ぼす行為、本サービスに支障をきたすおそれのある行為、本サービスの運営を妨げる行為

 (14)前各号に掲げるもののほか、法令に違反し、もしくは違反するおそれのある行為又は市長が不適切と判断する行為

2 前項に該当する利用者の行為によって旭川市、利用者本人及び第三者に損害が生じた場合は、利用者は利用者の資格を喪失した後であっても、全ての法的責任を負うものとし、旭川市は一切の責任を負わないものとする。

(運用の中止)

第11条 旭川市は次の各号のいずれに該当する場合、利用者へ周知することなく、無線LANの利用を中止できるものとする。

 (1)無線LANシステムの保守又は工事を定期的又は緊急に行う場合

 (2)戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、当無線LANの運用が通常どおりできなくなった場合

 (3)当無線LANのシステムに係る設備やこれに関連するネットワークの障害等、やむを得ない事由がある場合

 (4)前3号に掲げるもののほか、旭川市が当無線LANの運用上、一時的な中断が必要と判断した場合

2 当無線LANの運用の中止などの発生により、利用者または第三者が被ったいかなる損害についても、理由を問わず、旭川市は一切の責めを負わないものとする。

(利用者情報の保護)

第12条 利用者が利用申込を行った際に当市が知り得た個人情報、または利用者が本サービスを利用する過程において当市が知り得た個人情報に関しては、旭川市個人情報保護条例(平成17年旭川市条例第8号)の規定に基づき適正に取り扱うものとする。また、不必要となった個人情報については速やかに廃棄又は消去する。

(免責等)

第13条 旭川市は当無線LANのサービスの内容及び利用者が無線LANを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等につき、いかなる保証も行わないものとする。

2 当無線LANのサービスの提供、遅滞、変更、中止もしくは廃止、当無線LANサービスを通じて登録、提供もしくは収集された利用者の情報の消失、利用者のコンピューターのコンピューターウイルス感染等による被害、データの破損、漏洩、その他当無線LANに関連して発生した利用者の損害については、旭川市は一切責任を負わないものとする。

3 当無線LANの利用において発生した有料サービスについては、その理由にかかわらず、当該利用者が費用を負担するものとする。

4 当無線LANへの接続に係る利用者の機器の設定は利用者が行うものとし、個別の問い合わせには対応しないものとする。端末装置の機種、基本ソフトウェア、ウェブブラウザ等によって、当無線LANを利用できない場合があっても、旭川市は一切責任を負わないものとする。

5 利用者が当無線LANを利用したことにより、他の利用者や第三者との間に生じた紛争等について、旭川市は一切の責任を負わないものとする。

6 旭川市は当無線LANの適切な利用を図るため、利用者のアクセスログを記録したり、特定のウェブサイトへの接続を制限したりすることができる。また、法令に基づき、官公庁、捜査機関等からその内容について、開示または提出を求められた際には、これに応じるものとする。

(本規約の変更)

第14条 旭川市は利用者の承諾を得ることなく、この規約を変更することができる。

附則 本規約は、平成24年5月1日から施行する。

   本規約は、令和3年3月29日から施行する。

別表

利用可能施設

利用場所

利用時間

旭川市

国際交流センター

・交流ラウンジ

・共用会議室1

・共用会議室2

12月30日から1月4日及び祝祭日及びフィール旭川休館日を

除いた日で以下のとおりとする。

・月曜日:午前8時45分から午後5時15分まで

・火曜日から金曜日:午前8時45分から午後7時30分まで

・土曜日、日曜日:午前10時00分から午後5時00分まで

※電波伝搬の状況により、別表に掲げる利用場所内であっても利用できない場合がある。

※メンテナンス等により、予告なくサービスを停止することがある。

お問い合わせ先

旭川市観光スポーツ交流部都市交流課

〒070-0031 旭川市1条通8丁目 フィール旭川7階
電話番号: 0166-25-7491
ファクス番号: 0166-23-4924
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)