収入の計算の仕方

情報発信元 市営住宅課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 008985

印刷

収入の計算の仕方は次のとおりです。(平成23年1月1日更新)

{世帯の所得合計金額-控除額(38万円×同居親族及び同居しない扶養親族数+特別控除)}÷12か月

特別控除は次の表のとおりとなります。

特別控除について
老人扶養(70歳以上) 10万円
特別障害者 40万円
普通障害者 27万円
寡婦・寡夫 27万円
特定扶養親族(扶養親族のうち満16歳以上23歳未満) 25万円

(補足)

障害者控除は、寡婦・寡夫と重複できます。

寡婦・寡夫控除については、控除対象となる方の所得が27万円以上の場合に適用します。
ただし、寡婦・寡夫控除対象となる方の所得が27万円未満の場合はその所得金額を適用します。

年間総収入額から年間総所得金額を計算する方法

給与所得者または公的年金受給者の方で、申込世帯の中で2人以上に収入がある場合または特別控除対象者がいる場合、1人ずつの年間総収入金額を次の計算式によって年間所得に変えてください。

給与所得者の場合
年間総収入(支払)金額 年間総所得金額
0円~650,999円 0円
651,000円~1,618,999円 年間総収入金額-650,000円
1,619,000円~1,619,999円 969,000円
1,620,000円~1,621,999円 970,000円
1,622,000円~1,623,999円 972,000円
1,624,000円~1,627,999円 974,000円
1,628,000円~1,799,999円 年間総収入金額×0.6
1,800,000円~3,599,999円 年間総収入金額×0.7-180,000円
3,600,000円~6,599,999円 年間総収入金額×0.8-540,000円
6,600,000円~9,999,999円 年間総収入金額×0.9-1,200,000円
10,000,000円~ 年間総収入金額×0.95-1,700,000円

(補足)1,628,000円~6,599,999円の年間総収入の方については、4,000で割り切れる額に、年間総収入を端数整理します。
(例)年間総収入(支払)が2,345,000円の場合
2,345,000円÷4,000円=586.25の小数点以下を切り捨て、586×4,000=2,344,000円が年間総収入となります。

事業所得者の場合
年間総所得金額 年間総収入から所得税法にいう必要経費を除いた金額

公的年金受給者の場合
年齢 年間総収入金額 年間総所得金額

満65歳以上

0円~3,299,999円 年間総収入金額-1,200,000円
満65歳以上 3,300,000円~4,099,999円 年間総収入金額×0.75-375,000円
満65歳以上 4,100,000円~7,699,999円 年間総収入金額×0.85-785,000円
満65歳以上 7,700,000円~ 年間総収入金額×0.95-1,555,000円

満65歳未満

0円~1,299,999円 年間総収入金額-700,000円
満65歳未満 1,300,000円~4,099,999円 年間総収入金額×0.75-375,000円
満65歳未満 4,100,000円~7,699,999円 年間総収入金額×0.85-785,000円
満65歳未満 7,700,000円~ 年間総収入金額×0.95-1,555,000円

お問い合わせ先

旭川市建築部市営住宅課

〒070-8525 旭川市6条通10丁目 第三庁舎3階
電話番号: 0166-25-5361
ファクス番号: 0166-24-7009
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)