防犯情報

情報発信元 交通防犯課

最終更新日 2020年1月8日

ページID 009104

印刷

防犯情報

北海道警察から配信される「ほくとくん防犯メール」を基に市内の防犯情報を掲載します。

令和元年(平成31年) 防犯情報

  • 強盗致傷事件の発生について                                                   1 認知日時 令和2年1月7日 午後1時59分ころ
    2 場所   旭川市神楽岡12条3丁目付近路上
    3 犯人   男性1名 年齢等不詳 上衣黒色フード付きダウンジャケット、白色マスク着用
    4 概要   犯人は、歩行中の被害者に対して刃物様の物で切りつけ「金を出せ。」と金銭を要求したが、何も取らずに現場から逃走したもの。●配信:旭川東警察署
  • 今年も残すところあと数日となりましたが、正月の帰省やご旅行でご自宅や店舗等を不在にされる方は、空き巣や事務所荒し等の侵入窃盗の発生するおそれがあります。被害を防ぐため、◆玄関だけでなく全ての窓や出入口を施錠する、◆現金を保管しない、◆警報機、防犯カメラ、センサーライト等の防犯機器を設置するなどの防犯対策を徹底してください。また、不審者・不審車両を目撃された場合は110番通報をよろしくお願いします。(配信:北海道警察本部生活安全企画課)
  • 11月21日から12月6日にかけて、債権回収会社を名乗る男から、「FXの取引システムの損害として他の会社から請求が上がってきているので、差し押さえをします。」と言われた後、同会社から電話があり、和解のための供託金名目などと称して現金約132万円を個人口座に振り込ませて、だましとられる被害が発生しました。会社からの請求で個人口座に入金させるものは詐欺です。くれぐれも注意してください。【旭川中央警察署】
  • 12月8日午後6時ころ、旭川市内の一般住宅の固定電話に、女性の声が録音されたアナウンスで「〇〇センターです、アンケートにお答え頂けますか。お答えできる方は1番を、できない方は2番を押してください。」との電話があり「1」を押したところ、「ご自宅に防犯カメラを付けていますか。付けている方は1番を付けていない方は2番を押してください。」とのアンケートをかたる不審電話がありました。電話を受けた方は、防災センターかと思い回答をしてしまっていますが、旭川市に確認しましたがこのようなアンケートは行っていません。このような音声ガイダンスの電話の中には、「一人暮らしか」「年齢は」などと居住者の家族構成等を確認する電話もありますので、くれぐれも安易に回答しないように気を付けてください。【旭川中央警察署】
  • 12月8日、午前11時59分頃、旭川市内の80代女性宅に警察官を名乗る男から「お宅の近くで詐欺がありました。キャッシュカードは大丈夫ですか。」「金融庁の者がキャッシュカードを確認しに行きます。」などと電話があり、その電話中に金融庁職員を名乗る男がキャッシュカードを確認しに被害者宅へ訪問してきました。被害者は男の身なりなどから不審を抱いてキャッシュカードの確認を拒否したところ男はいずれかに立ち去り被害にあいませんでした。旭川市内を中心として警察官をかたる電話が連続発生しており、犯人は、いまだ旭川市内を徘徊している可能性が高い状況ですから、くれぐれも注意してください。住宅街を徘徊しているなど不審な人や車を見たときには、すぐに110番してください。【旭川中央警察署0166-25-0110】
  • 12月8日、午前11時10分頃、旭川市内の70歳代男性宅に、警察官を名乗る男から「逮捕した銀行員がカードを使って被害が出ている。その中にあなたの名前もあったので、取引銀行を教えてください。」などと電話があり、その後、金融庁職員を名乗る女から「あなたが被害に遭っていたら100万円まで保証できます。暗証番号をメモして、キャッシュカードを用意しておいてください。」などと電話がありました。幸い家族に連絡をしたことで詐欺の予兆電話と気づき被害にあいませんでしたが、このような電話が旭川市内を中心に連続発生していますので、不審な電話があった際にはすぐに110番してください。また家族や知人の方にも注意を呼び掛けてください。【旭川中央警察署0166-25-0110】
  • 11月15日に配信した、旭川市神楽5条9丁目のパチンコ店で発生した強盗未遂事件については、犯人を逮捕しました。ご協力ありがとうございました。●配信:旭川東警察署
  • 11月26日、旭川市内に居住する20歳代の女性の携帯電話に、「サポートセンター」なる会社からメールがあり、「無料期間中に登録履歴があり、解約していないので高額滞納料金が発生している。」などのメッセージが届き、複数回にわたり、電子マネーを購入し、電子マネーのカード番号と認証番号を伝えて合計36万5、000円分をだまし取られるという架空請求詐欺事件が発生しました。
    身に覚えがない請求には簡単に応じず、家族や警察に相談してください。旭川中央警察署
  • 12月1日、東神楽町及び旭川市内において、一般住宅に対して警察官を名乗る者から、「キャッシュカードを偽造してお金が引き出される」「金融庁の者が行ったときに渡して欲しい」等の電話があり、その通話途中に金融庁の職員を名乗る者が現れ、不審者が持参してきた封筒にキャッシュカードを入れて渡すように要求する事案が発生しました。警察官や金融機関の職員が個人のキャッシュカードを預かることはありません。旭川市内では同様の電話が連続発生しており、注意が必要です。不審な電話や訪問者があれば、詐欺と疑って家族や警察に相談してください。【旭川東警察署】0166-34-0110
  • 12月1日午後1時ころ、旭川市内において、旭川中央警察署員を名乗る者から、「詐欺グループの家宅捜索をしたらあなたの口座情報が見つかったので、口座番号を変更する手続きをしてください」との不審な電話がありました。警察官や金融機関職員が口座番号を電話で聞いたり、変更するよう求めることはありません。旭川市内では同様の電話が連続発生しており、注意が必要です。不審な電話があれば、詐欺と疑って家族や警察に相談してください。【旭川中央警察署0166-25-0110】
  • 旭川市内で、「お金を払って登録すれば賞金を獲得できる。」との内容の手紙が入った封書が個人宛に届き、封筒にお金を入れて海外に送付させる方法でお金をだまし取る架空請求詐欺が発生しています。うまい儲け話には必ず裏があるので、必ず家族や警察に相談してください。【旭川中央警察署】
  • 11月23日午後1時30分から午後2時30分までの間、旭川市永山地区の一般住宅において、何者かが無施錠の玄関ドアから侵入する事案が発生しました。寝室にいた家人が、物音に気づいて声をかけるといずれかに逃走しています。盗まれたものはありませんでしたが、このような被害を防止するため玄関ドアや窓は確実に施錠して下さい。併せて防犯機器の設置も検討してみてはいかがでしょうか。配信:旭川東警察署
  • 11月17日、旭川市内において、警察官を名乗る男から、「旭川の銀行で詐欺グループを捕まえた。名簿に名前があった。カードを取りに行くので準備してください。」などと不審電話が複数件ありました。警察官や金融機関職員がキャッシュカードを預かることはありません。電話でキャッシュカードの話が出たら詐欺です。
    不審な電話があれば、詐欺と疑って家族や警察に相談してください。【配信 旭川方面本部生活安全課】
  • 11月17日、旭川市内の複数のご家庭に、旭川東警察署の警察官を名乗る者から「詐欺グループを逮捕した。」「名簿に名前が載っていた。」「キャッシュカードを確認してほしい。」などという不審電話がかかってきています。警察官や金融機関職員が、電話でキャッシュカードの確認を求めたり、自宅までキャッシュカードを取りに行くことは絶対にありません。現金やキャッシュカードを要求する電話は詐欺です。一人で判断せず、すぐに家族に相談するか、110番通報してください。●配信:旭川東警察署
  • 11月17日午後1時ころ、旭川市内において、旭川中央警察署員を名乗る男から「金融係の者がお宅のカードを取りに行くのでカードを準備してください。」との電話があり、その後警察署の金融係を名乗る男がキャッシュカードを受け取りに来訪した事案がありました。幸い不審に思いカードを渡さなかったことから被害はありませんでしたが、ほかにも不審な電話が連続発生しているので注意してください。警察官が来訪した際には、必ず警察手帳を確認し、少しでもおかしなところがあれば、直接警察署まで確認の電話をしてください。【旭川中央警察署0166-25-0110】
  • 11月14日午後1時ころ、旭川市神楽5条9丁目のパチンコ店内女子トイレにおいて、女が女性に刃物様の物を突き付けて現金を要求する強盗未遂事件が発生しました。女性が抵抗すると女はその場から逃走しています。女の特徴は、年齢等不詳、毛糸帽子、白色マスク、ベージュ色系コート、紺色系ズボン、バッグ様の物所持。事件に関する情報提供については旭川東警察署(0166-34-0110)までお願いします。
  • 暖房器具など灯油を多く使用する季節になりました。これからの時期、灯油盗難の発生が予想されます。主な灯油盗難の手口は、〇灯油タンクの給油口からの抜き取り〇灯油タンクのパイプ切断による抜き取り〇灯油ポリタンク自体の盗難などとなっています。灯油タンクに盗難防止器具を取り付けたり、施錠設備のある場所にポリタンクを保管して灯油の盗難を防ぎましょう。配信:旭川東警察署
  • 気温の低下とともにタイヤ交換の時期が近付いてきました。この時期にタイヤ盗難の発生が予想されますので、次の点に注意してタイヤの盗難に気を付けてください。〇鍵のかかる場所に保管して施錠する。〇タイヤを鎖などで連結して施錠する。〇タイヤの裏側に目印をつける。〇センサーライト等の防犯機器を活用する。配信:旭川東警察署
  • 現在、警察では、全国警察の総力を挙げて指名手配被疑者の追跡捜査を行っているところです。
    この指名手配被疑者の発見に向けた捜査活動には、国民の皆さんの御協力が是非とも必要です。
    指名手配被疑者によく似た人を見掛けたといった情報など、どんなわずかなことでも結構ですので、警察に通報していただくようお願いします。配信:旭川東警察署(0166-34-0110)
  • 本日午前10時30分頃、旭川市内の高齢者宅に市役所職員を名乗る男から「もらいすぎた税金を返す。」「保険金を返す。」などといった不審電話が連続して発生しました。電話を受けた方は、不審電話だと気づきましたが、このような電話は、還付金詐欺の手口の一つでこの後、暗証番号を聞き出してキャッシュカードを騙し取ったり、盗んだりと詐欺や窃盗の予兆電話になります。不審な電話には出ないように留守番電話にするなどしてくれぐれも気を付けて下さい。そして、犯人が近くにいる可能性が高いことから不審者や不審な車を見かけたときや不審電話があった時にはすぐに警察に通報してください。【10月12日配信:旭川中央警察署】
  • 10月12日午前10時ころ、旭川東警察署管内のご家庭に金融機関職員を名乗る男から「保険金の還付金がある。これからお金を返しに行く。口座番号が分かるものを用意して待ってて。口座番号と暗証番号を教えて。」といった内容の電話がありました。電話を受けた方は、すぐに詐欺だと見抜き、犯人にだまされませんでしたが、同じような内容の電話が管内のご家庭に何件もかかっています。今後も詐欺の予兆電話がかかってくるおそれがあります。決して相手にすることなく直ちに警察に通報して下さい。配信:旭川東警察署
  • 連休中は盗難事件が増加する傾向にあります。ご自宅や店舗を不在とされる方は、〇確実な施錠、〇多額の現金を放置しない、〇防犯カメラ、警報機、センサーライト等の防犯機器を設置するなどの対策をお願いします。(配信:北海道警察本部生活安全企画課)
  • 10月8日、「北海道庁生活安全課のナカノ」などと【道庁職員を名乗る者】から、旭川市内に居住する方に「あなた(相手から苗字を話してくるケースも)の名前が企業の名簿に載っている」などという不審な電話が数件ありました。道庁職員が、このような名簿に関して個人に連絡することはありません。詐欺の可能性が極めて高いと思われます。詐欺の犯人は、なにかしらの名簿を使っている可能性が高く、相手側から苗字や名前を言ってきたり、今後も手口を変えて電話してくる可能性があります。過去には、道庁職員を語る不審電話から示談金の名目で金銭を要求され、金銭をだまし取られたケースもあります。不審な電話があれば、詐欺と疑ってすぐに家族や警察に相談してください。 【配信:旭川方面本部生活安全課】
    10月11日から20日までの間、全国地域安全運動を実施します。この運動は、防犯協会を始めとする関係機関や団体と連携して、犯罪のない安全で安心な地域社会の実現を図るために行うものです。本運動の活動重点は、子供と女性の犯罪被害防止、特殊詐欺の被害防止、タイヤ盗難の被害防止及び自転車盗難の被害防止で、これらを主とした啓発活動を企画しています。14日午後1時からは、旭川市民文化会館において、旭川市民防犯大会実行委員会主催の旭川市民防犯大会を開催します。入場無料ですので、ご家族連れでご参加ください。配信:旭川東警察署
  • 10月14日(月曜日・祝日)午後1時から旭川市文化会館で「旭川市民防犯大会」が実施されます。その際、北海道警察サイバーセキュリティ対策本部がスマートフォン情報流出などが体験できるインターネット犯罪に関するブースを開設します。午後0時ころから開設していますので是非見学に来てください。【配信:旭川中央警察署】
  • 10月2日から4日までにかけて、旭川市内において放送局を名乗り「一人暮らしですか。」などと家族構成を聞き出そうとしたり、行政機関の職員を名乗り「警察と相談してお年寄りが詐欺に遭わないように確認しています。」と申し立てるなどの不審電話が相次いでいます。今のところ、現金などを要求する文言はありませんが、電話で個人情報を聞き出したり、現金を要求するような電話は詐欺の電話です。旭川中央警察署管内では、電話で犯人に騙されてしまい高額な現金を宅配便で送ってしまったという詐欺被害も複数発生しています。このような電話を受けないために、在宅時でも留守番電話に設定するなどの防犯対策を行い、不審な電話が来たら、直ぐに家族などに相談するか、警察に通報してください。配信:旭川中央警察署
  • 例年、冬タイヤに交換するこれからの時期はタイヤ盗難が増加する傾向にあります。被害防止のため、●車庫等、鍵のかかる場所に保管。●チェーン等で連結して保管。●保管場所付近にはアラーム・センサーライト等の防犯機器を設置。など防犯対策の徹底をお願いします。今年の発生傾向は、一般住宅やアパートで無施錠の物置や車庫からタイヤが盗まれることが多いため、タイヤの保管場所には確実に鍵をかけて下さい。犯行に時間をかけさせ、光や音で人目に触れさせるなど、犯人に犯行を諦めさせることが大切です。(配信:北海道警察本部生活安全企画課)
  • 旭川市内で、10月2日から4日にかけて、放送局を名乗り「一人暮らしですか。」などと家族構成を聞き出そうとする不審電話や行政機関の職員を名乗り「警察と相談してお年寄りが詐欺に遭わないように確認してます。」「パソコンで申し込んでませんか。」などの不審電話が相次いでいます。今のところ、現金を要求する文言はありませんが、電話で個人情報を聞き出したり、現金を要求するような電話は、詐欺の電話です。このような電話を受けないためにも、在宅時でも留守番電話に設定するなどの防犯対策をとるとともに、不審な電話が来たら、すぐに家族に相談するか、警察に通報してください。●配信:旭川東警察署
  • 本年9月26日、旭川市内に居住する60代女性宅に「特殊詐欺被害調査救済団体ピース」を名乗る不審な文書入りの封筒が届きました。文書の内容は、女性の個人情報が特殊詐欺グループに流出しているため「個人情報の流出を防ぎ完全に消去するための解決金」と申込書に個人情報を記載して、解決金5万円を送るようにとのもので、すでに他府県でも同様に発生しています。今回は女性が不審に思い警察に届出をしたことで被害には遭っていませんが、同様のはがきが多数で回る可能性がありますので、十分に注意してください。不審な手紙、電話があった際には警察に連絡をお願いします。
  • 9月14日の夕方から9月15日の昼頃にかけて、旭川市宮下通3丁目に所在する共同住宅の駐車場で住民所有の車両十数台のナンバープレートが何者かによって折り曲げられる事件が発生しました。車両に駐車中でも撮影できるドライブレコーダー等を設置すると、被害防止に効果的です。同様の被害に遭った場合、駐車場を不審な人物がうろついている状況等の参考情報があれば旭川中央警察署までご連絡ください。 配信:旭川中央警察署(0166-25-0110)
  • 9月8日午後9時25分頃から午後10時5分頃までの間、旭川市神楽岡付近において2人組の男が、被害男性に対してナイフ様のものを突きつけて、現金を奪う強盗事件が連続して2件発生しています。犯人は車を使用している可能性があり、他の地域においても発生するおそれがあるので、仕事帰りや塾帰り等で夜遅くなる際には、可能な限り明るく人通りの多い道を歩くようにし、極力一人歩きは避けるようにしてください。
  • 8月20日午後9時5分ころ、旭川市永山1条13丁目2番に所在するアパートで、脱衣所の窓から室内をスマホ様のもので盗撮される事案が発生しました。犯人の特徴は一切不明です。窓を開けたままにしていると、隙間からのぞかれたり、場合によっては、侵入されることもあります。この様な被害に遭わないため、窓のカーテンを閉めるのはもちろん、在室中でも、窓を閉めるようにしましょう。●配信:旭川東警察署
  • 8月17日午後9時45分ころ、旭川市緑が丘東3条1丁目に所在する共同住宅において、男に居間の窓から室内をのぞかれる事案が発生しました。男の特徴は、年齢50歳くらい、身長160センチメートルくらい、中肉で、灰色のニット帽を着用していました。夏場を迎えて窓を開ける機会が多いですが、カーテンを確実に閉めて、室内をのぞかれることがないように十分注意してください。●配信:旭川東警察署
  • 旭川市近隣で、警察官をかたり「リストにあなたの名前が載っている。」「クレジットカードが不正に使われている。」などと言う不審な電話が相次いでいます。
    電話で警察官を名乗り、「詐欺グループの犯人を捕まえた。」「あなたの口座からお金が引き下ろされている。」「金融庁の職員が行く。」などと言って、現金やクレジットカードを要求する電話は詐欺ですので、このような電話がきても相手にせず、絶対に現金を渡したり、クレジットカードの暗証番号を教えないようにしましょう。●配信:旭川東警察署
  • 8月に入り、お盆のお墓参りや行楽のため、車で外出する機会が増えると思いますが、それに伴い、車上ねらいの被害も増加しています。特に、お墓参り中の墓地の駐車車両に対する被害が多発しています。車上ねらいの被害に遭わないため、「たとえ数分間の短時間であっても、車を離れるときは、必ず施錠する。」「車内に財布等の貴重品を置いたままにしない。」「明るくて管理された駐車場を利用する。」などの防犯対策をお願いします。●配信:旭川東警察署
  • 8月8日の夜間から翌9日の朝にかけて、雨竜郡秩父別町の無施錠で就寝中の住宅に何者かが侵入し、現金や現金在中のバッグが盗まれる忍込み被害が連続で発生しています。
     夏場は窓やドアを開けたままにすることが多くなりますが、在宅中でも窓の開放は最小限に止め、外出時や就寝時は短時間でも必ず施錠してください。また、現金や鞄などを家の外から見える場所に置くと、住宅に侵入される原因の一つになりますので、家の中を容易に外から見えないようにしましょう。
     ドアや窓には補助錠を取り付けるなどし、施錠する癖を付けると施錠忘れを防げます。さらにセンサーライトや防犯カメラなどの防犯機器を活用しましょう。【配信:旭川中央警察署】
  • 7月29日(月)の午前中、深川市内の公園や病院の駐車場において、駐車中の車両の窓ガラスが割られ、バッグなどが盗まれる事件が発生しています。また、7月30日(火)の午前中、旭川市内の観光地の駐車場において、同じく駐車中の車両の窓ガラスが割られ、現金在中のバッグなどが盗まれる事件が発生しています。犯人は、旭川周辺を移動しながら駐車中の車内にバッグがあるか物色していると思われます。短時間の駐車でも確実に施錠をするとともに、【車内には貴重品を絶対に置かない】ようにしましょう。【配信:旭川方面本部生活安全課】
  • 7月30日午前10時ころに、旭川市神居町神居古潭の駐車場に駐車中の普通乗用自動車の窓ガラスが割られ、助手席に置いていたカバンや財布在中のジャケットが盗まれました。この種事案は、連続で発生する可能性が高いので、たとえ貴重品が入っていなくても、ガラスを壊されますので車内にカバンなどは置かないようにしてください。 また車を物色しているような不審者、車を見かけたら110番通報してください。
  • 7月29日午後10時30分ころ、旭川市旭町1条4丁目先歩道上において、自転車に乗車した女性が後方から自転車に乗って近づいてきた男に、自転車の前カゴに入れていた現金等在中のショルダーバッグをひったくられる事件が発生しました。犯人は年齢30~40歳くらいの男性で、黒色軽快自転車を使用しています。人通りが多く明るい道を通り、周囲に気を配るなどして、被害に遭わないようにしましょう。
  • 7月28日午後3時ころ、旭川市永山2条16丁目先路上において、さらに、午後4時10分ころ、旭川市永山8条3丁目先路上において、いずれも女性が買い物から自転車で帰宅途中、後方から自転車に乗車してきた男に、前カゴに入れていた現金等在中の手提げバッグがひったくられる事案が連続で発生しました。男の特徴は、1件目が20歳代の男1人、2件目が30歳代の男1人です。自転車のカゴに荷物を入れる際は、カゴカバーなどをして、被害に遭わないようにしましょう。●配信:旭川東警察署 
  • 7月12日から7月16日までの間に札幌市内で警察官をかたった特殊詐欺に類似する窃盗事件が多発しており、キャッシュカードが盗まれた後、約390万円の払出し被害が生じています。また釧路市でも同様の予兆電話が発生しており、今後も継続して被害が発生する恐れがあることから、7月17日から30日までの間「特殊詐欺警報」が北海道全域で発令されています。手口は、警察官を名乗り「あなたの口座の資料が流出している。」、「金融庁の職員が行くのでキャッシュカードと暗証番号を書いた紙を封筒に入れてください。」などと電話で伝えた上、金融庁職員を名乗って被害者方を訪問し、「キャッシュカードを封筒に入れてください。」、「封筒に割り印をするので、印鑑を持って来て下さい。」などと言って、予め被疑者が用意した封筒にキャッシュカードなどを入れさせ、被害者がその場を離れたすきに、別の封筒とすり替えて、キャッシュカードを盗み出すものです。警察官を名乗る者からこのような電話があった場合は、必ず電話帳等で警察署の正確な電話番号を調べた上、当該警察官の在籍等を確認して下さい。たとえ、「警察官」や「金融機関の職員」などと名乗られても、絶対にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えてはいけません。配信:旭川中央警察署
  • 7月12日~16日までの間、札幌市内で、警察官等を名乗る男から「詐欺グループの犯人を逮捕した。」「あなたの口座からお金が引き下ろされている。」「金融庁の職員が行く。」などと電話があり、その後、自宅に来た金融庁職員を名乗る者からキャッシュカードを封筒に入れるよう指示され、割印する印鑑を取りに行っている隙に別の封筒とすり替えられてキャッシュカードを盗まれ、現金を引き出される被害が多発したことから特殊詐欺警報を発令しました。(30日まで)警察官等を名乗っていても、カードを渡したり、暗証番号を教えたりしないでください。【配信:警察本部生活安全企画課】
  • 7月10日、旭川市内に居住する60歳代の男性宅に、警察官を名乗る女から、「生活安全課のカンザキです。詐欺グループを逮捕しました。キャッシュカードがあるのならストップしてください。私たちが手続きします。」といった内容の特殊詐欺の不審電話がありました。そのほか、警察官を名乗る男からも同様の不審電話が2件ありました。電話で警察官を名乗り、「銀行で手続きをしてあげる。」というのは詐欺です。また、親族を名乗り、「風邪を引いている。」「携帯電話の番号が変わった。」「トラブルに巻き込まれている。」などというのも詐欺です。このような電話があった場合、すぐに警察に通報してください。●配信:旭川東警察署
  • 7月10日、旭川市で警察官を名乗る者から「詐欺グループを逮捕しました。」「キャッシュカードがあるならストップしてください。」などという電話が数件ありました。道内各地でも、不審電話が多発しています。警察官は、注意喚起の電話をすることがあっても、キャッシュカードなどの情報を聞くことはありません。このような電話が来た場合は、詐欺を疑ってすぐに家族や警察に相談しましょう。【配信 旭川方面本部生活安全課】

  • 「簡単にお金が稼げる」などの甘い言葉に誘惑され、オレオレ詐欺などの受け子(現金やキャッシュカードを受け取りに行く役)や出し子(口座から現金を引き出す役)を引き受ける人が後を絶ちません。北海道警察では6月中に受け子を3名逮捕しています。受け子や出し子も詐欺グループの一員で、同じ思い罪を受けます。甘い誘惑には乗らず、受け子や出し子として特殊詐欺に加担することのないようにしましょう。
  • 6月30日午後4時45分ころ、旭川市神楽岡7条7丁目2番にある公園内で遊んでいた小学生女児らが、白色ミニバン車から降りてきた男にスマートフォン様のもので写真を撮られる容姿撮影事案が発生しました。男の特徴は、30歳くらい、170センチメートルくらい、中肉、黒色短髪、灰色Tシャツに茶色ズボンを着用し、腕時計を身に着けていました。このような被害に遭った場合、直ちに安全な場所に避難して大人に助けを求めるよう、ご家庭での防犯指導をお願いします。●配信:旭川東警察署
  • 平成31年2月上旬頃、旭川市内に居住する高齢者宅に、道庁職員を名乗る男から電話があり、「名前が登録されており、登録を解除するためには他の人を登録しなければならない」などと言われてNPO法人を紹介され、その後、測定機器関連商品販売会社の従業員を名乗る複数の者や監督官庁職員を名乗る者から電話があり、「保証金が必要」などと言われ、4月上旬頃までの間に、高額な現金をだまし取られてしまう被害が発生しています。この様に複数の犯人が様々は役を演じ、被害者を騙そうとしていることから。一人で考えること無いよう普段から家族と連絡を取り合いましょう。また、現金を宅配便で送ることはできません。
  • 旭川市内のご家庭に、貸しスペースの貸し出し業をかたる者から詐欺の封書が届いています。封書の内容は「新聞のお悔やみ欄であなたの主人が亡くなったことを知った。2005年からご主人の荷物を預かっている。荷物の内容はわいせつDVDだ。荷物の預かり料金は14年で16万8千円、3日以内に入金しなければ警察にDVDを提出する。」と記載され、振込先の銀行名と口座番号が書かれていました。また、封書には問い合わせ先のメールアドレスと受付金の3万5千円が必要とも書いてあります。封書を受け取った方は、すぐに詐欺と見抜きましたが、今後も同様の封書が郵送されるおそれがあります。このような封書が届いた場合は、ただちに警察に通報して下さい。配信:旭川東警察署
  • 道内におけるひったくりの被害者は約8割が女性となっています。特に高齢者が被害に遭うと転倒して負傷するおそれもありますので、家族や地域の方々は、お互いに声を掛け合って防犯に努めていただくようお願いします。

    【防犯対策上のポイント】〇バッグはたすき掛けに持つこと 〇バッグを入れる自転車のカゴは盗難防止カバー・ネットで覆うこと 〇イヤホンや携帯電話を使用しながらの「ながら歩き」はやめること 不審者を目撃した場合は110番通報願います。(配信:北海道警察本部生活安全企画課)
  • 6月18日、旭川市や深川市で、警察官を名乗る男から、「詐欺グループを捕まえたが、犯人が使っていた名簿の中にあなたの名前が載っていた。」などという電話が多数あり、通帳の提示を求めてきたり、預金額を聞き出そうとしたりするものもありました。過去には、このような電話の後、金融庁職員等を名乗る犯人が来訪し、「新しいキャッシュカードと取り替える」と言われ、キャッシュカードをだまし取られる被害も多数発生しています。相手が警察官等を名乗っていても安易にカードを預けたり、暗証番号を教えないようにしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 6月18日午後2時ころから、旭川市内の各家庭に警察職員を名乗り「詐欺の名簿に載っている」「通帳を確認して欲しい」などの詐欺の不審電話が連続してかかっています。このような不審電話がかかってきた場合は決して一人で判断することなく、直ちに警察に通報して下さい。配信:旭川東警察署
  • 本日(6月18日)午後2時頃から、旭川中央警察署の職員を名乗る者による「詐欺の名簿に載っている」「通帳を確認して欲しい」等の詐欺の予兆電話が旭川市内で連続発生しています。不審電話がかかってきたら、一人で迷わず家族や警察署に相談しましょう。旭川はだまされない!110番で詐欺退治!! 配信:旭川中央警察署(0166-25-0110) 
  • 6月11日午後3時30分ころ、旭川市内に居住する高齢者宅に「俺だよ」と名乗る男から電話がありました。息子だと思い、しばらく話をしていたところ男が「明日行くから」と言って電話が切れました。幸い高齢者が不振に思い息子に電話をして確認したことから別人からの電話だとわかりましたが、今後オレオレ詐欺等に発展する可能性が十分にあります。このような場合には、必ず息子さんなどに確認して、警察にもすぐに相談してください。
  • 3月~5月までの間、旭川市近郊のお宅に、特殊詐欺防止コールセンターを名乗る男らから「あなたの個人情報が登録されており、代わりがいないと削除できない」「あなたの番号は〇〇番」「別の人に番号を教えたことであなたは捕まってしまう」「民事事件にすれば捕まらないが、保釈保証金が必要だ」等と電話が入り、複数回にわたり合計1,900万円を宅配便で送付してだまし取られました。この他にも、旭川市では、1,000万円以上の高額詐欺被害者が連続発生しています。電話でお金を要求されたら、必ず、警察に相談してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 今年の3月から5月にかけて、旭川市内に居住する高齢者宅に、道庁職員を名乗る男から電話で「個人情報が流出したので情報削除の必要がある。」と言われた後、会社員役の犯人からパスワードを伝えられ、それをボランティア役の犯人に伝えたところ、それが民事裁判になると別な男からの電話で言われたことに騙されて、複数回に分けて引き出した現金を小包で東北地方の一般住宅あてに送らせる架空請求詐欺が発生しました。このような、複数の犯人が役をこなした劇場型犯罪は、被害者が完全に騙されてしまっていることから、自分では気づきにくい状況に陥ります。このようなことにならないよう普段から家族と連絡を取り、詐欺の手口などを話しておいてください。また普段から留守番電話にしておくなどの対策をお願いします。
  • 本年3月から本年5月にかけて、旭川市内に居住する方の電話に、防犯協会等を名乗る複数の男から「ある団体に名前が登録されている。名義変更したほうが良い。」 「名義変更した男が逮捕された。あなたが訴えられる」 「保釈金を払えば穏便に終わる。」などと要求する連絡が入り、高額な現金を宅配便で送ってしまうという架空請求詐欺が発生しました。「あなたが訴えられる」「穏便に済ませられる」「小包で現金を送ってくれ」は詐欺です。お金に関する電話は1人で考えず、家族などに相談しましょう。また、不審な電話を受けた場合はすぐに110番通報しましょう。
  • 5月14日、札幌市内で、市職員を名乗る男から、「還付金がある。通帳はあるか。暗証番号を教えて。」と電話があり、暗証番号を伝えると、「他の職員が通帳とカードを取りに行くので渡して。」と言われ、自宅に来た男に通帳等をだまし取られました。5月15日には、警察官を名乗る女から「詐欺の犯人を捕まえた。あなたのキャッシュカードが偽造され使われている。カードを保管しておいて。」と電話があり、自宅に来た男にカードを盗まれる被害がありました。突然の電話で通帳やカードの話をされたら、詐欺を疑って必ず相談をしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 5月9日から本日までの間、札幌市内で、区役所の職員を名乗り、「医療費の還付金(保険金返金の申請)があります。」、「書類を送ったが届いていませんか。」、「最寄りのATMに急いでください。」などと、複数の還付金等詐欺の電話がかかってきています。これは、「本日中に手続すれば間に合う」などとせかしてATM機に誘導し、犯人の指示どおりにATMを操作すると、犯人の口座にお金を振り込んでしまうという手口です。このような電話が来た場合には、サギを疑いすぐに家族や警察に相談しましょう。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 郵便不在通知を装うショートメールが増加しています。本文は「郵便荷物をお客様宛にお届けしましたが不在なので持ち帰りました」等。本文中にあるアドレスをクリックすると、偽サイトに誘導されてしまいます。Androidの場合は不正なアプリがインストールされ、iPhoneの場合はフィッシングサイトが表示されます。日本郵便ではショートメールによる不在連絡は行っていませんので、アドレスに絶対にアクセスしないでください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 4月12日、札幌市西区の60歳代女性に、『民事訴訟最終告知書』と記載されたハガキが届き、記載された連絡先に電話したところ、民事紛争センター職員や弁護士を名乗る男から「裁判をするか、取下げ申請をするか決めてください。」「取下げ申請をするなら、供託金が必要」などと言われ、電子マネーで5万円をだまし取られた後、「供託金が足りない。」などと言われ、15日~19日までの間、現金700万円を送付してだまし取られました。このようなハガキが届いても相手に連絡せず、ご家族や警察に相談してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 本年5月1日より元号改正で「令和」となりますが、その改正に便乗した振り込め詐欺等の不審電話がかかってくるおそれがあります。犯人は、突然電話を掛けてきて、警察官や金融機関職員を名乗ったうえで、「元号改正に伴って手続きが必要」などといい、口座番号を聞き出したり、キャッシュカードを用意させようとしてきます。また、昨年に引き続き、「消費料金に関する最終告知」などと書かれた、いわゆる詐欺ハガキも最近出回っています。これら電話やハガキは詐欺です。ゴールデンウィーク中であっても警察に通報してください。今回のゴールデンウイークは大連休になっていますので、遠出される方は交通事故に十分していただきたいのと、ご家族やご親戚が集まる機会がある方は、家族と詐欺防止の話をしていただき、家族の絆を一層深めて詐欺の被害に遭わないようにしてもらえれば幸いです。【配信:旭川方面本部生活安全課】
  • 暖かくなり、これからタイヤ交換をされる方が多いと思いますが、これからの時期は、タイヤ盗難の増加が予想されるので、保管には十分注意してください。交換したタイヤを保管する際は、鍵のかかる物置や車庫にしまうこと、タイヤを4本まとめて鎖で連結したり、自分のタイヤだと分かるようタイヤに印をつけておくなどの対策をお願いします。また、防犯カメラやセンサーライトを設置して、泥棒が入りにくい環境を整えることも防犯上効果的です。●配信:旭川東警察署
  • 現在、札幌市内のご家庭に警察官をかたる詐欺電話がかかっています。今後、旭川東警察署管内でもこのような詐欺電話がかかってくるおそれがあります。警察官は「キャッシュカードを渡してくれ。暗証番号を教えてくれ。」とは言いません。警察官をかたる詐欺電話があった場合は、直ちに電話を切って110番してください。配信:旭川東警察署
  • 4月17日、札幌市内で、警察官を名乗る者から「詐欺グループを捕まえたら、犯人が持っていた名簿にあなたの名前が載っていた」「あなたの口座からお金が引き出されている」などという不審な電話が多数入っています。過去には、こうした電話の後、警察官を名乗る犯人が来訪して、キャッシュカードを封筒に入れるよう指示し、すきを見て別の封筒とすり替えてカードを盗むという事件も発生しています。相手が警察官を名乗っても安易にキャッシュカードを預けたり、暗証番号を教えないでください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 4月15日、枝幸郡枝幸町内で、若い男が、「札幌からなんですけど、元号の変更に伴って手続が変わります。」「あなたの年金番号と口座番号を教えてください。」などと個人情報を聞き出そうとする不審な電話がありました。今回、実害はありませんでしたが、改元を間近に控え、このような電話がきたり、封書が届いたりするおそれがあります。また、改元を理由に、現在使用中の口座などが使えなくなることはありませんので、このような電話や郵便物がきた場合は、家族や警察に相談してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 4月4日、石狩市の70代の女性に、警察官を名乗る女と銀行員と名乗る男から「キャッシュカードの暗証番号が詐欺グループに漏れている。」「カードはありますか。家に行く。」などという電話がありました。その後、自宅に来た警察官を名乗る男の指示に従い、キャッシュカードを封筒に入れた後、封印のため、印鑑を取りに行っている隙に、別の封筒とすり替えられ、カードを盗まれてATMから約230万円を引き出される被害がありました。警察官や銀行員を名乗っていても、他人にキャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えないで下さい。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 旭川東警察署管内のご家庭に民事訴訟の最終通知を装った詐欺はがきが郵送されています。はがきには、受け取った方の不安をあおるため、訴訟取り下げ最終期日として日付が記載されていますが、このはがきは詐欺はがきです。決して相手方に連絡することなく直ちに警察に通報してください。配信:旭川東警察署
  • 本日(4月2日)、札幌市南区の複数の高齢女性に対し、警察官を名乗る男から「窃盗団が捕まり、あなたのキャッシュカードが見つかった」旨の不審な電話がかかってきています。過去には、このような電話の後、金融庁職員を名乗る犯人が来訪し、キャッシュカードを預かると言い、目を離したすきにカードを盗むといった事件が発生しています。相手が警察官や金融庁職員などを名乗っても、キャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えてはいけません。このような電話が来たら、すぐに警察(相談電話#9110又は110番)に通報しましょう。配信:北海道警察本部生活安全企画
  • 今年の3月26日に、高齢者宅に市役所国民年金保険課をかたる男及び地方銀行の総合センターをかたる男から電話があり「助成金が出るのでATMで手続きしてください。」「口座に30万円入っていれば手数料がかかりません。」などという言葉に騙され、犯人の指示通りにATMを操作した結果、他人の口座に約118万円を振り込んでしまった詐欺事件が発生しました。最近同様の電話が旭川市内で複数確認されています。ATMでお金が戻ることはありません!このような電話があったらすぐに110番してください。【旭川中央警察署】
  • 札幌市内や周辺都市で、息子等を名乗り、「今日、家に行く」「株で失敗した。お金を用意できないか」などという、オレオレ詐欺の電話が多数かかってきています。その後、弁護士の秘書等を名乗る者が自宅にきて、現金をだまし取る被害も発生しています。息子等親族を名乗る者からの電話でも、急にお金の話をされたら、まず詐欺を疑い、元から知っている電話番号にかけ直して確認したり、家族や警察に相談してください。また、家族、友人等にも注意喚起をお願いします。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 十勝地方で、道警察から委託されたコールセンター職員を名乗る者から「個人情報が漏れて名簿に載っている。」等との不審電話が複数入っています。また札幌市、小樽市で息子を名乗り「お昼にいる?今から家に行く。」等との電話が入っています。北海道警察では、コールセンターへの委託はしておりません。たとえ警察から委託された団体や息子を名乗っていても、このような電話がかかってきたら必ず家族や警察に相談して下さい。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 本日(3月20日)午後2時40分頃、高齢者宅の電話に市役所国民年金保険課を名乗る者から、「還付金が戻ってきます。このあとゆうちょ銀行から電話が来ます」との電話のあと、ゆうちょ銀行の担当者を名乗る者から電話があり「ゆうちょ銀行の口座に30万円以上の貯金があれば、受取手数料がタダになります。」と言われ大型ショッピングセンターにあるATMに行き、そこから再度電話をするように指示される電話がありました。幸いショッピングセンターに行く前に交番に相談して被害にあいませんでしたが、ほかにも大手デパートを語る電話等不審な電話が入っています。電話で「お金が戻ってくる。」「ATMに行ってください。」は詐欺の可能性が高いので必ず家族や警察に相談してください!【旭川中央警察署】
  • 3月6日及び14日の夕方に旭川市の買物公園付近などで配達のため無施錠で少し車から離れた際に助手席から手提げバッグ、リュックなどが盗まれました。昨年から無施錠の車から金品が盗まれる事案が多発していますので、少しでも車から離れるときは必ずカギをかけてください。【旭川中央警察署】
  • 道内で、訴訟通知センターという架空団体から『民事訴訟最終通達所』という架空請求の封書の配達が確認されています。内容は「訴状が提出された」「訴訟取り下げ最終期日をもって裁判開始」など記載されており、急いで連絡するよう求めてくるものです。連絡先に電話をすると、裁判を取り下げるためと言って、お金を支払うよう要求してきます。「重要」と朱書きされた、このような封書やハガキが届いても、慌てることなく、家族や警察に相談をしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 札幌市、小樽市、江別市で、息子のふりをして「株を買ったら詐欺にあった。300万円ないか。」などとお金を要求してくるオレオレ詐欺の電話や、「風邪を引いて声質が変わっている」「これから家に行く」などという不審電話が多数確認されています。たとえ息子や孫の名前を言って電話をかけてきても、電話で急にお金を話をされたら詐欺などの犯罪を疑い、元から知っている連絡先に電話をかけ直して確認したり、警察やご家族などに相談してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 道内で、訴訟通知センターという架空団体から『民事訴訟最終通達所』という架空請求の封書の配達が確認されています。内容は「訴状が提出された」「訴訟取り下げ最終期日をもって裁判開始」など記載されており、急いで連絡するよう求めてくるものです。連絡先に電話をすると、裁判を取り下げるためと言って、お金を支払うよう要求してきます。「重要」と朱書きされた、このような封書やハガキが届いても、慌てることなく、家族や警察に相談をしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 札幌市、小樽市、江別市で、息子のふりをして「株を買ったら詐欺にあった。300万円ないか。」などとお金を要求してくるオレオレ詐欺の電話や、「風邪を引いて声質が変わっている」「これから家に行く」などという不審電話が多数確認されています。たとえ息子や孫の名前を言って電話をかけてきても、電話で急にお金を話をされたら詐欺などの犯罪を疑い、元から知っている連絡先に電話をかけ直して確認したり、警察やご家族などに相談してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 息子を名のり、「風邪を引いた」「今日家に行く」などというオレオレ詐欺の前ぶれ電話が道内で多発しています。息子だと信じて会話を続けると、お金を要求されるかもしれません!また、小樽市では、「特殊詐欺個人被害防止コールセンター」を名のる者から「事件の名簿にあなたの名前が載っていた」という内容の電話が入っており、これも詐欺に発展する可能性があります。知らない電話番号は要注意です。息子や公的機関だと言われてもすぐに信用せず、まず、元の連絡先や電話帳などに載っている代表電話番号に電話をして確認しましょう。(配信:北海道警察本部生活安全企画課)
  • 3月8日から9日にかけて、上川総合振興局管内や旭川市内のお宅に、報道機関を名乗り、「一人暮らしですか?」「貯金はありますか?」などと言って個人情報や預金額を聞き出そうとする不審電話が複数件発生しています。詐欺の前ぶれの可能性もありますが、東京都内では「現金保管の有無」を聞き出す「アポ電(アポイントメント電話)」の後に凶悪事件の被害との報道がされており、十分な注意が必要です。官公庁や報道機関を名乗っても、個人情報や預金額は教えず、すぐに警察に相談しましょう。配信:旭川東警察署
  • 本日(3月8日)11時50分頃、比布町内の一般世帯に報道機関をかたって、「高齢者宅にアンケートをとっていんですが」と電話が入りました。 幸い電話に出た家族がアポ電のことを知っており、個人情報などは何も答えずすぐに電話を切っています。今後多発する可能性がありますので、官公庁、報道機関などからアンケート等と称して預金額と尋ねられても絶対に答えないでください。また不審な電話があったらすぐに110番してください。
  • 道内各地で、官公庁や報道機関を名のり「アンケートです。」などと言って、個人情報や預金額を聞き出そうとする不審電話が多発しています。「オレオレ詐欺」の場合にも、息子のふりをして「明日、家にいる?」と在宅確認などの電話をしてくる事が多く、詐欺の前ぶれの可能性もありますが、東京都内では「現金保管の有無」を聞き出す「アポ電(アポイントメント電話)」の後に凶悪事件の被害との報道がされており、十分な注意が必要です。官公庁や報道機関を名のっても、個人情報や預金額は教えず、すぐに警察に相談しましょう。(配信:北海道警察本部生活安全企画課)
  • 2月5日、日高振興局管内に居住の40代の男性に、有料サイト関係者を名乗る男から「有料サイトの未納料金がある」と電話が入り、この男や弁護士を名乗る男から「このまま放置すれば裁判になる」「裁判を取り下げるのにお金が必要だ」などと言われ、2月5日~25日までの間、複数回にわたり、犯人の指定する口座に現金を振り込み、約2,700万円をだまし取られる被害がありました。身に覚えのない料金を請求された場合は、一人で悩むことなく、必ず家族や警察に相談してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 3月4日、札幌市内の複数のご家庭に、警察官(男)を名乗り「詐欺グループを捕まえたら、名簿にあなたの名前が載っていた」などと電話が来ています。今年2月には、このような電話の後、金融庁職員を名乗る犯人が、キャッシュカードを確認すると言い、被害者の自宅を訪れ、すきをみてカードを盗む事件が発生しています。相手が警察官や金融庁職員などを名乗っても、キャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えてはいけません。このような電話が来たら、すぐに警察に相談してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 本日(2月28日)、札幌市と小樽市で、息子を名乗る男から「風邪引いた。昼頃自宅に行きたい。」、「近くに来たから寄ろうと思っている。後で顔を出すから。」等とサギの予兆と思われる不審電話が入っています。このような電話の後に「株で失敗した。お金を用立ててほしい。」等と様々なトラブルを装ってお金を要求してきます。たとえ息子等を名乗っても電話でお金を要求されたら、サギを疑い家族や警察に相談して下さい。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 2月15日、上川総合振興局管内において、インターネットのサイトを閲覧中に、「3億550万円を渡すので、手数料を払ってほしい。」旨のメッセージが届き、電子マネーを購入して、番号を犯人のメッセージに送信するよう指示され、同日から23日までの複数回にわたり、高額現金の譲渡に係る手数料として約30万円分の電子マネーをだまし取られる架空請求詐欺の被害が発生しました。高額現金の譲渡などを内容とするサイト内メッセージやメールは詐欺です。このような話にだまされて、犯人に連絡することは絶対にしないでください。●配信:旭川東警察署
  • 本日(2月21日)、旭川市、東川町にお住いの方から、「訴訟通知センター」から架空請求詐欺のはがきが来たという相談を受けています。はがきには、「民事訴訟最終通達書」「本通達の後、訴訟取り下げ最終期日を経て貴殿を被告とした民事裁判が開始されることを通知する」「連絡なき場合、動産や不動産物の差し押さえが強制的に執行される場合がある」などの文言とともに、訴訟取り下げ最終期日が2月22日であり、問い合わせ先の電話番号が書かれています。このはがきは詐欺のはがきです。このようなはがきが来ても、絶対に書かれた連絡先に電話はせず、すぐに警察に相談してください。●配信:旭川東警察署
  • 2月20日札幌市内の複数のご家庭に、息子の実名を名乗り、「今日、家に行く」などとサギの電話がかかってきています。これは、「株に失敗した」「会社の金をなくした」「女性を妊娠させた」などのトラブルを装い、お金を要求する手口と思われます。犯人は、お金を口座に振り込ませたり、代理人を名乗る者に直接取りに行かせたりします。息子や親族の実名を名乗っていても、このような電話がきた場合には、サギを疑って必ず、家族や警察に相談をしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 2月18日から本日にかけて、札幌市内の複数のご家庭に区役所の職員を名乗り「税金の過払い金がある」「健康保険の特別還付金が戻る」などと言い、ATM機に誘導しようとするサギの電話がかかってきています。これは、「今、手続すれば間に合います」などとせかしてATM機に誘導し、その後、犯人の指示どおり操作すると、お金が振り込まれるのではなく、犯人の口座にお金を振り込んでしまう手口です。このような電話が来た場合は、サギを疑いすぐに家族や警察に相談しましょう。ツイッター(北海道警察防犯情報発信室)で、手口動画を配信していますので参考にしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 2月11日の夜から本日にかけ、札幌市と小樽市のお宅に、息子や兄を名乗り、「明日の昼、同級生に会いに行くので家に行く」などというサギと思われる不審電話が複数入っています。これまでの手口では、犯人は「旦那がいる女性を妊娠させた」「会社の金をなくした」「株で失敗した」など様々なトラブルを装い、お金を振り込ませたり、他人が直接取りに来たりします。息子等の親族を名乗っても電話でお金を要求する話をされたら、サギを疑って必ず警察に相談して下さい。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 2月3日、上川総合振興局管内に居住する50歳代の女性の携帯電話に「抽選に当選したので登録をしたら毎日3万円を口座に振り込む」と書き込みされたメールが届き、同メールにアクセスしたところ、電子マネーを購入してカード番号を伝えるよう指示され、同日から2月9日までの複数回にわたり約250万円分の電子マネーをだまし取られる還付金詐欺の被害が発生しました。電子マネーを購入し、カード番号を教えるよう要求してくる内容のメールや電話は詐欺を疑い、まずは警察に相談してください。配信:旭川東警察署
  • 2月1日、札幌市内で警察官を名乗る男から「詐欺グループを捕まえた。犯人に銀行員がいた」「口座を止める」とウソの電話があった後、金融庁職員を名乗る女にキャッシュカードを盗まれた事件で、6日、カードを盗んだ女を警戒中の警察官が発見して逮捕しました。札幌市内では同様の事件が複数件発生しており、現在、関連を調べていますが、このような不審電話には今後も注意が必要です。「口座やキャッシュカードが悪用されている」「カードを確認する、預かる」などと電話が来たら、すぐに警察(#9110又は110番)に通報しましょう。
  • 2月5日、午前中から札幌市内のご家庭に、警察官を名のり「あなたの銀行のカードが悪用されています」などというサギの電話が多数入っています。先週も札幌市豊平区・西区で同様のサギの電話が多発しており、その後、自宅に来た金融庁職員を名のる女にキャッシュカードをだまし取られ、現金が引き出されるという被害も複数件発生しています。相手が警察官や金融庁職員などを名のっても、キャッシュカードを渡したり、暗証番号を教えてはいけません。このような電話が来たら、すぐに警察(相談電話#9110または110番)に通報しましょう。(配信:北海道警察本部生活安全企画課)
  • 1月31日から2月1日の朝にかけて、深川市内において、車上ねらいが連続発生しました。車両の鍵穴やガラスを壊され、バッグや現金が盗まれています。バッグなどは貴重品が入っていなくても置いてあるだけで狙われてしまいます。車内にはバッグや貴重品を置かないようにし、短時間でも必ず施錠するように気を付けてください。また駐車場にセンサーライトをつけるのも効果的です。【配信:旭川中央警察署】
  • 2月1日、札幌市西区のご家庭に警察官を名乗り「詐欺グループを捕まえたら、名簿にあなたの名前があった」等というサギの電話が入っています。1月30日には豊平区で同じく警察官を名乗る者から「キャッシュカードが使われている」と電話があり、自宅に来た金融庁職員を名乗る女にキャッシュカードをだまし取られ、250万円を引き出される被害も発生したほか、31日には上川総合振興局管内で道庁職員を名乗る男から同様の不審電話が入っています。警察や行政機関職員を名乗っていても、カードや通帳を渡したり、暗証番号を教えないでください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 1月31日午後2時30分ころ、上川総合振興局管内に所在する70代の女性宅に道庁職員をかたる男から「個人情報が流れている。」「詐欺の名簿にあなたの名前がある。」「消すためにこれから市役所と警察を連れて自宅に行く。」との電話がありました。不審に思った女性は「こなくていい。」と言って電話を切っています。道内において道庁職員等を名乗る特殊詐欺事件が発生しており、今後も同様の電話が自宅にかかってくるおそれがありますので、不審な電話を受けた場合は、ただちに110番通報してください。配信:旭川東警察署
  • 旭川市内において、「融資を受けるためには実績が必要だ。」と言ってお金をだましとる融資保証金詐欺が発生しています。犯人は「無担保で〇〇円まですぐに融資可能」「保証金として融資額の〇割を振り込んで」「事務手数料として〇円を振り込んで」などの言葉を巧みに使ってお金をだましとろうとします。借入れをする前には、必ず正規の業者か確認して特殊詐欺被害を防ぎましょう。配信:旭川東警察署
  • 1月30日、札幌市内で警察官をかたり、「詐欺グループを捕まえた。名簿にあたなの名前や住所があった。あなたの名前で通帳が作られている。」等という不振電話が複数件確認されています。昨年はこのような電話の後に、金融機関職員等を名乗る犯人が「新しいカードと取り替える」と言い、キャッシュカード入りの封筒を別の封筒にすり替え、だまし取る事件も多数発生しています。警察や金融機関の職員を名乗っていても、知らない人にキャッシュカードや通帳等の大事な物を渡したり、暗証番号を教えないでください。これらの手口動画をツイッター(北海道警察防犯情報発信室)で配信していますので参考にしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 「米兵」をかたるサギの相談が複数件寄せられています。SNSで知り合った自称「米兵」から「退職金を預かってほしい」などと依頼され、運送業者を名乗る者から配送料金等の名目で数百万円をだまし取られる被害や、同じく自称「米兵」から「他国に派遣中だが、本国の娘にタブレットを買ってやりたい」と言われ、数十万円の購入費用をだまし取られる被害などです。身の上話をすることで、女性の恋愛感情や男性の人情などにつけこみ、困りごとを装って金銭を要求してくる「サギ」ですので、被害にあわないよう十分注意してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 道内の40代女性のスマホに『サイト料金未納』とのメールが届き、電話したところ、「天気情報サイトの料金未納。訴訟回避に30万円が必要」などと言われ、コンビニやドラッグストアで購入した電子マネー約200万円分をだまし取られる被害がありました。『サイト未納料金』サギは、大手インターネット通販サイトや動画サイト等、実在する会社名をかたって、メールを送ってくる場合も多いので、身に覚えのない請求は、まずサギを疑い、家族や警察に相談してください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 道内各地で、年齢30~40歳代の息子等を名乗り、「人妻を妊娠させて示談金が必要」などとウソをいってATMから高額現金を振り込ませようとするサギの電話が連続発生しています。今週は、赤歌署・深川署・滝川署管内のお宅に入っています。サギワードは、「のどが痛い」「携帯が壊れた」「妊娠させた」「ATMの振込限度額を引き上げて」です。学校の卒業アルバム等を見て「実名」で電話を掛けてくる可能性もありますので、家族や同級生等にも注意喚起をお願いします。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 1月13日~17日までの間、札幌市北区の30代女性の携帯電話に「コンテンツ利用料金滞納の期間が長期にわたる為、強制的に執行の手続きに移行します」などというメールが届き、記載の連絡先に電話をしたところ、個人保護法センターの職員を名のる犯人から「あなたは逮捕される。防ぐには現金が必要」などと言われ、複数回にわたりコンビニエンスストアで約250万円分の電子マネーを購入し、犯人に電子マネーの利用番号を電話で伝え、だまし取られました。架空請求メールの手口動画をツイッター(北海道警察防犯情報発信室)で配信していますので参考にしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 1月16日の昼頃から17日の朝にかけて、旭川駅立体駐車場1階にある駐輪場にカギを掛けずに停めていた、電動アシスト付き自転車が盗まれました。冬期間でも自転車を利用される方増えてきており、今後も発生する可能性がありますので、雪解けまで乗らない自転車であっても、自転車には必ずツーロックをして被害に遭わないようにしましょう。 配信:旭川中央警察署
  • 神奈川県内において、「全国銀行協会」を騙り、「元号の改元による銀行法改正について」という文書を送りつけ、『5月1日からの元号の改元による銀行法改正に伴い、全金融機関のキャッシュカードを不正操作防止用キャッシュカードに変更する手続きが必要です。「キャッシュカード変更申込書」に暗証番号等を記載し、現在お使いのカードを返送してください』などと指示する新たなサギの手口が確認されました。返送すると預金を勝手に引き出されてしまいます。北海道にも波及するおそれがあるので、被害にあわないようご家族等にも情報をお伝えください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 札幌市内の複数の高齢者宅に、役所の職員を名のり「給付金の還付がある」などとサギの電話が掛かってきています。これは「ATMで還付手続をする」と言って操作させ、お金を振り込ませる手口です。また、旭川市内や紋別市内の複数のご家庭には、息子等の実名を名のり「旦那のいる女性を妊娠させ、弁護費用が必要」などというサギの電話が掛かってきています。犯人は、学校の卒業アルバム等を使って電話を掛けている可能性がありますので、家族や同級生等にも広く注意喚起をお願いします。還付金等詐欺の手口動画をツイッター(北海道警察防犯情報発信室)で配信していますので参考にしてください。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • オレオレ詐欺の電話が、数日前から連続的に旭川東警察署管内の各ご家庭にかかっています。1月16日午後11時10分ころ、息子を装う犯人から「もしもし母さん?首にしこりができた。体調が悪い。」と電話がありました。電話を受けた女性は、昼間に実の息子と会話をしていたので、すぐに電話の相手が詐欺の犯人であることを見破りました。ここ数日は、夜遅い時間帯にかけてくる傾向があります。このような電話がかかってきたら、決して相手にすることなく、直ちに警察に通報してください。配信:旭川東警察署
  • 旭川東警察署管内のご家庭にオレオレ詐欺の電話がかかっています。1月15日午後10時40分ころ、息子を装う犯人から電話があり「喉が痛くて病院に行きたい。どこに行ったらいいだろう?」と尋ねた後「携帯電話が壊れた。」と言って携帯電話番号を伝えました。16日中に再度、犯人から電話があり「人妻を妊娠させた。示談金が必要だ。」と伝えた後、電話を切っています。「喉が痛い」「携帯電話が壊れた」「人妻を妊娠させた」「示談金が必要だ」これらの言葉はオレオレ詐欺の常とう手段です。このような電話がかかってきたら決して相手にすることなく、直ちに警察に通報してください。配信:旭川東警察署
  • 当署管内において、14日の深夜に息子を名乗る男から電話番号が変わったと連絡が入り、翌日の昼に再度入った電話で「今病院にいて、夫がいる人を妊娠させてしまった。示談するのに200万円必要だ。」との言葉に騙されてATMで現金を振り込んでしまったオレオレ詐欺事件が発生しています。幸い、振り込んだ先の金融機関で事件に気付き、実害はありませんでしたが、犯人はお金を引き出す際に「買い物をすると言って引き出して」などと金融機関に説明する言葉まで指示してきているなど、手口が巧妙化しています。 現在旭川市内のみならず周辺市町村においても、同様の電話がかかってきていますのでくれぐれも注意してください。不審な電話があった際には警察に通報をお願いします。旭川中央警察署
  • 1月9日午前0時ころ、旭川市内のご家庭に、息子を名乗る者から「のどにポリープができた。」「携帯電話をなくして新しい番号になった。」「旦那のいる女性を妊娠させ、示談金が必要になった。」とオレオレ詐欺の電話が入っています。犯人は、夜中でも電話してきます。「のどにポリープ」「携帯の番号が変わった」「妊娠させた」これらは、オレオレ詐欺によく使われるキーワードです。家族や知り合いを名乗る者からの電話があっても、このような言葉を使われたり、電話でお金の要求を要求して来るときは、まず、詐欺を疑い、すぐに110番通報してください。●配信:旭川東警察署
  • 1月8日、札幌市西区の複数のご家庭に健康保険事務所や西区役所の職員を名乗る者から「健康保険の特別給付金」「医療費の過払金」としてお金が戻ると言って携帯電話番号や銀行の口座番号を聞き出そうとする電話が入っています。還付金等サギは犯人から『特別給付金や医療費の過払金が戻る』等と言われATMに誘導され、犯人の指示どおりATMを操作すると、お金が振り込まれるのではなく、犯人の口座にお金を振り込んでしまう手口です。このような電話が来た場合は、サギを疑って、すぐに家族や警察に相談しましょう。配信:北海道警察本部生活安全企画課
  • 昨日(1月6日)から本日にかけて、留萌警察署管内の複数のご家庭に、息子を名のる者から「のどにポリープができた」「携帯電話をなくして新しい番号になった」「旦那のいる女性を妊娠させ、示談金が必要になった」とオレオレサギの電話が入っています。『のどにポリープ』・『携帯の番号変わった』・『妊娠させた』これらは、オレオレサギによく使われるキーワードです。家族や知り合いを名のる者からの電話であっても、これらの言葉を言われたら、まずサギを疑い、すぐに警察などに相談しましょう。配信:北海道警察本部生活安全企画課

お問い合わせ先

旭川市防災安全部交通防犯課

〒070-8525 旭川市6条通10丁目 旭川市第三庁舎1階
電話番号: 0166-25-6215

メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)