旭川市環境基金のご案内

情報発信元 環境総務課

最終更新日 2021年11月10日

ページID 009028

印刷

旭川市環境基金とは

旭川市は、雄大な大雪山連峰や石狩川をはじめとする豊かな自然と肥沃な大地に恵まれ、四季が明瞭なとても美しいまちであり、市民一人一人が、この環境を健全で恵み豊かなものとして維持し、将来の世代に引き継いでいかなければなりません。
また、東日本大震災を契機として、太陽光発電を始めとする自然エネルギーの活用や、節電・省エネなどの環境保全活動に対する市民のみなさんの意識は大変高い状況にあります。
こうした状況を踏まえ、旭川市としても、地球温暖化対策の推進や、廃棄物減量に向けた取組を含む環境の保全に係る事業の財源として有効に活用することを目的とした「旭川市環境基金」を平成24年4月1日に設置しました。

旭川市環境基金のつかいみち

生物多様性保全の観点からアライグマやウチダザリガニなどの外来種による被害の防止を主な目的として、旭川市を含めて5団体で構成する旭川市生物多様性保全推進協議会の活動を通して、これらの外来種の防除、外来種等について広く市民に知ってもらうためのセミナーなどを開催しています。その活動実績につきましてはこちらのページをご覧ください。

そのほか、地球温暖化対策の推進や排出抑制を中心とした廃棄物減量など、環境の保全に係る事業の財源として有効に活用しています。

令和2年度に実施した事業への活用実績は次のとおりです。

令和2年度に実施した事業への活用実績

事業名 事業内容

活用金額

生物多様性保全費

生物多様性の保全及び自然共生社会の推進を図るため、外来種の防除や外来種に対する市民の関心を高めるための普及啓発活動を行っています。

令和2年度は、特定外来生物のアライグマ、ウチダザリガニ、北海道指定外来種のアズマヒキガエルについて市民団体と協働で防除活動を実施し、アライグマ491頭、ウチダザリガニ3,510匹を捕獲したほか、野生生物の生態から生物多様性について理解を深めるためのパネル展示や、専門家を招いてのセミナーを実施しました。

6,978,965円
鳥獣対策費 自然との共生を図りながら市民の安全な生活環境を確保するため、有害鳥獣による人的被害防止に必要な措置を行っています。

令和2年度は、ヒグマの出没に関する通報が55件あり、ハンター延べ73名の見回りや監視カメラの設置を行って市民の安全確保に努めました。

また、繁殖期のカラスの威嚇行為に関する相談が251件あり、このうち人身被害の恐れがあるものについては、原因となる雛を捕獲して山中に放鳥しました。
1,954,499円
次世代自動車充電インフラ整備運用費

行政が先導的に電気自動車用充電器を整備することにより、排出ガスの少ないクリーンな移動環境の実現を図るため、旭山動物園に設置した電気自動車用充電器を運用しています。

令和2年度は、電気自動車用充電器の運用により、52件、103時間の利用がありました。

151,327円
地球温暖化対策推進費

環境にやさしいライフスタイルや地球温暖化防止に向けた取組のため、市民に対する普及啓発活動を行っています。

令和2年度は、地球温暖化対策出前講座や小学生が温室効果ガス削減に取り組んだ結果をまとめたエコライフレポート等の事業を行い、これらに約520名の参加がありました。

159,590円
地域エネルギー設備等導入促進費

温室効果ガス排出量の削減を図るため、本市の地域特性を生かした再生可能エネルギー設備等を導入する際の設置費用の一部を補助しています。

令和2年度は、この補助金により、25件の再生可能エネルギー設備が導入されました。

2,008,272円
ごみ減量アクション推進費

ごみの排出量を抑制するため、家庭や事業所での2R(ごみの発生抑制、再使用)に対する意識の向上や各種啓発を行っています。

令和2年度は、新型コロナウイルス感染症まん延防止のため、イベント等による周知啓発は中止となりましたが、2R等に積極的に取り組む事業所を「エコショップ」として認定し、利用の推奨及び2Rの意識の醸成を図りました。

41,250円
不法処理防止等推進費

不法投棄の抑止、不法投棄物の早期発見、早期処理による生活環境への影響防止のため、不法投棄等防止パネル展の実施、不法投棄防止のぼり旗等の設置及びボランティア不法投棄防止協力員等によるパトロールを行っています。

令和2年度は、パネル展を4回開催し、のぼり旗95枚・監視カメラ6台・ダミーカメラ5台・看板5枚を設置、不法投棄152件の対応を行いました。

3,010,924円
合計 14,304,827円

寄附の方法・手続き

  • ふるさと納税による寄附

平成27年8月22日より、旭川市のふるさと納税制度が新しくなりました。今までに比べ、より便利に、より簡単に御利用していただくことができます。寄附の申込については、以下の「ふるさとチョイス」、「楽天ふるさと納税」、「あさひかわ×さとふる」、「ふるぽ」のバナーをクリックしてください。

※新しいウィンドウが開きます
ふるさと納税ポータルサイトへのリンクふるさと納税ポータルサイトへのリンク

ふるさと納税ポータルサイトへのリンクふるさと納税ポータルサイトへのリンク

※従来どおりの書類等によるお申し出も引き続き受け付けています。また、個人の方が旭川市に対してふるさと納税を行った場合、住民税や所得税の控除が受けられます。

  • 一般寄附

法人の方、またはふるさと納税以外で環境基金への御寄付をお考えの方は、下記担当までお問合せください。

お問い合わせ先

旭川市環境部環境総務課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎8階
電話番号: 0166-25-5350
ファクス番号: 0166-29-3977
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)