旭川市長寿社会生きがい基金の活用について

情報発信元 長寿社会課

最終更新日 2020年4月1日

ページID 058041

印刷

旭川市長寿社会生きがい基金の活用について

「旭川市長寿社会生きがい基金」は、今後の高齢社会における地域社会の果たす役割を重視し、各種福祉団体や地域住民の自主的な社会福祉活動を支援することなどによって、長寿社会に対応するまちづくりに寄与することを目的として基金を設置しています。

長寿社会生きがい振興事業(安心見守り事業)

「周りからみて見守りが必要な人」や「本人が見守りを希望する人」など支援を必要とする一人暮らし高齢者等の不安や孤立感、閉じこもりを解消等するため、地区社会福祉協議会、民生委員児童委員、市民委員会、町内会などの関係者により、地域全体で高齢者等の見守り活動を行っています。
安心見守り事業の活動の様子

長寿社会生きがい振興事業(ふれあいサロン)

一人暮らしの高齢者や障がいを持った方、子どもや子育て中の親等地域住民同士が身近なところで交流する場であるふれあいサロンを、地区社会福祉協議会において開催し、見守り、閉じこもり防止や世代間交流などの活動を行っています。

長寿社会生きがい振興事業補助要綱等

旭川市長寿社会生きがい振興事業補助要綱(PDF形式 101キロバイト)

長寿社会生きがい振興事業補助基準 別表(PDF形式 138キロバイト)

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部長寿社会課

〒070-8525 総合庁舎2階
電話番号: 0166-25-9797
ファクス番号: 0166-29-6404
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)