肝炎ウイルス検査(B型・C型)

情報発信元 保健予防課

最終更新日 2024年5月31日

ページID 004121

印刷

肝炎ウイルス検査(B型・C型)

生涯に一度は検査を受けましょう(無料で検査を実施しています)

B型・C型肝炎は、感染していても自覚症状が現れにくく、放置すると肝硬変や肝がんへと重症化することもあります。

旭川市では、肝炎を早期に発見し治療を行うことで肝硬変や肝がんを予防するために、市内の実施医療機関で検査を無料で実施しています。

1「知って、肝炎プロジェクト」(新しいウインドウが開きます) 

肝炎ウイルス検査(B型・C型)

対象

過去に肝炎ウイルス検査を受けたことのない旭川市民

※B型肝炎・C型肝炎の治療中またはキャリアであると指摘を受けたことのある方、過去に肝炎ウイルス検診を受診したことのある方は対象外です。
ただし、一度肝炎ウイルス検査を受けた結果で問題がなかった方で、その後に感染する可能性のある機会があった方は、再度検査を受けられる場合がありますので、お問い合わせください。

【特に検査をお勧めする方】

・1992年(平成4年)以前に輸血を受けたことのある方

・血液凝固因子製剤(フィブリノゲン製剤等)を投与された方

・臓器移植を受けた方

・大きな手術を受けた方

・長期に血液透析を受けている方

・予防接種を集団接種された方(昭和63年以前)

・ボディピアスを施している方

・薬物濫用者、入れ墨をしている方

・家族(特に母親)にB型肝炎ウイルス感染者がいる方

・その他、感染の可能性が疑われる方

実施場所・受診方法

・検査を受けるためには受診券が必要です。受診券は、お申し込み後に送付します。

・検査は市内の医療機関で実施しています。医療機関の一覧は、受診券送付時に、あわせてお知らせします。

・受診の際は、受診券と本人確認書類(マイナンバーカード、保険証など)を持参し、受診してください。

検査項目

B型肝炎検査及びC型肝炎検査(両方もしくはいずれか一方のみの検査も可能です。)

※検査結果は、検査を受けた医療機関からお知らせします。

費用

無料(上記検査項目のみ)

※検査結果が陽性と判定された後、初回の精密検査について費用を助成する制度があります。

ウイルス性肝炎進行防止対策 精密検査助成事業について

北海道のホームページ(ウイルス性肝炎進行防止対策 精密検査費助成事業について)(新しいウインドウが開きます)

申込先・申込方法

担当までお電話でお申し込みください。

旭川市保健所 保健予防課 感染症対策係
電話 0166-25-9848

お問い合わせ先

旭川市保健所保健予防課感染症対策係

〒070-8525 旭川市7条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-9848
ファクス番号: 0166-26-7733
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)