あさひばし 平成28年3月号「インタビュー とにかく明るい安村さん」

情報発信元 広報広聴課

最終更新日 2016年3月15日

ページID 055624

印刷

芸歴16年目 全国を沸かす人気者に

とにかく明るい安村さんの画像

全裸に見えるポーズと「安心して下さい、穿いてますよ。」の決めぜりふで一躍売れっ子芸人となった、とにかく明るい安村さんは、旭川出身。このたび、旭川観光大使になりました。冬まつりに登場した安村さんに、故郷への思いなどを聞きました。

 

お笑い芸人 とにかく明るい安村さん(右)

昭和57年生まれ。本名は安村昇剛。忠和小学校、忠和中学校、旭川実業高校の卒業生。「安心して下さい、穿いてますよ。」が、昨年の流行語に選出

プロ意識でやり切った酷寒の中のステージ

2月6日に開かれた、冬まつりのオープニングセレモニー。テレビでもおなじみのビキニパンツ姿でステージに登場した安村さんは、体をさすりながら「寒い、寒い」を連呼。「皆さんは暖かそうでいいですね」とぼやき、人で埋め尽くされた会場の笑いを誘いました。それでも、ネタの披露では音楽に乗せて次々とポーズを決め、来場者からは笑い声に混ざって、「頑張れ」の声援が飛んでいました。

ステージの後、安村さんは「予想以上に寒く、一時はどうなることかと思いました。でも、子供のときによく遊びに来ていた冬まつりに出ることができ、たくさんの人に温かく見守ってもらってありがたかったです。これまでで一番きつい仕事でしたが、勲章になると思います」と安堵の表情を見せていました。

西川市長からたすきをかけられる安村さんの画像
観光大使就任式で、西川市長から
たすきを掛けられる安村さん。
「今度は夏に呼んでください」

これからはもっと北海道で活躍したい

決めポーズをする安村さんの画像
「冬まつりのステージに自分が立つとは。しかもこんな格好で」と安村さん

安村さんは子供の頃から野球に打ち込み、旭川実業高校3年生のときに夏の甲子園に出場。ピンチの場面に伝令役となり、仲間を笑わせて緊張をほぐしました。卒業後は、幼なじみとコンビを組んでお笑いの世界へ。2年前に解散してピン芸人になった後、今の芸を生み出して大人気に。「地元の友達からサインをたくさん頼まれるようになりました。後から、お礼にジンギスカンやカニを送ってくれるので、うれしいですね」と、にこやかに話します。

観光大使に就任し、旭川の顔となった安村さん。「僕の好きなゲソ丼をはじめ、おいしい食べ物や、高校時代の思い出が多いスタルヒン球場など、旭川の良いところを全国にPRしていきます。芸人としては、北海道での仕事を増やすことが目標。服を着た芸も考えて、旭川で披露したいですね」と地元に根付いた活躍も目指しています。

  


とにかく明るい安村さんのサイン入り絵馬が当たるクイズを実施しています。
詳細はクイズのページをご覧ください。

あさひばし平成28年3月号のページに戻る

お問い合わせ先

旭川市総合政策部広報広聴課広報係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-5370
ファクス番号: 0166-25-6515
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)