市長室へようこそ

市長随想(令和3年2月)

市長が、旭川のまち・人・物などについて思うことをお伝えします。

市長写真

ICTパークオープニングセレモニー

ICT(情報通信技術)を活用したまちのにぎわいづくりを進めていきます

昨年の2月に市内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されてから1年がたとうとしています。現在、ワクチン接種に向けた準備を進めており、丁寧に情報発信し、市民の皆さんが円滑に接種できるよう取り組んでいきます。
さて、新型コロナウイルスの流行により、職場や学校等でテレワークやオンライン学習が取り入れられるなど、社会の仕組みが大きく変化しています。ICTが日々進歩し続ける中、地域が抱える課題の解決に、このような技術を活用することが求められています。
こうした中、これからの時代を見据え、今月7日にICTの拠点施設「ICTパーク」が市内中心部にオープンしました。ローカル5Gの通信環境を備えたeスポーツ競技場「コクゲキ」を設け、まちなかのにぎわいづくりや観光客誘致につなげる他、誰もがeスポーツに挑戦しやすい環境をつくります。また、子供たちがICTに興味を抱き、プログラミング教育などを通じて、楽しく学びながらICTを利活用できる人材の育成を図っていきます。
新型コロナウイルス感染症への対策には気を緩めることなく取り組み、これから先の社会が豊かで価値あるものとなるよう、旭川の未来を力強く切り拓いていきます。

 令和3年2月15日 旭川市長 西川 将人

過去の市長随想/メッセージ動画