市長室へようこそ

市長随想(令和元年8月)を更新しました

市長が、旭川のまち・人・物などについて思うことをお伝えします。

市長の写真

旭川夏まつりの開会式で挨拶をしました。(令和元年8月1日)

先人たちの思いや伝統をまちづくりに生かして

朝夕の風に少しずつ秋の気配を感じるようになりました。今年の夏も各地域で趣向を凝らしたイベントが開催され、旭川の短い夏を彩っていただきました。にぎわいづくりに尽力された皆さんに感謝申し上げます。

旭川夏まつりでは、期間中に開催された大雪さんろくまつりが40回目の節目となりました。また、長年にわたって旭川夏まつり等のイベント運営や企業の経営支援など、経済・雇用を支えている旭川商工会議所が創立100周年を迎え祝賀会が行われました。商工会議所は、まちづくりのパートナーとして大切な存在であり、記念すべき100年を契機にますます発展されることを祈念します。

来月には、グルメイベント「北の恵み食べマルシェ」が10回目を数えます。記念の年にふさわしいものにすべく、現在準備を進めていますので、ぜひ多くの皆さんに足を運んでいただきたいと思います。

こうした節目を迎えるたび、そこに携わってきた多くの方々の熱意と努力によって築かれてきたということを改めて感じます。まちづくりも同様、先人たちの思いや伝統を大切にし、まちの歴史に誇りを持ちながら、さらに魅力あふれる旭川となるようこれからも市政にまい進して参ります。

令和元年8月

旭川市長 西川 将人

過去の市長随想