市長室へようこそ

市長随想(令和2年6月)

市長が、旭川のまち・人・物などについて思うことをお伝えします。

市長写真

新型コロナウイルス対策緊急まちづくり対話集会の様子

みんなで助け合い安全な暮らしを守りましょう

6月も半ばに入ると、日が長くなり、まぶしい日差しに初夏の訪れを感じます。
新型コロナウイルス感染症の流行による外出自粛のため、運動する機会が減っている市民の皆さんが多いのではないでしょうか。天気の良い日には、人との距離を保ちながら、この時期ならではの爽やかな気候を楽しむことができる屋外での体操や散歩、ジョギングなど、運動を意識した健康づくりに取り組んでいただければと思います。
さて、企業や団体、個人の方から、新型コロナウイルスの影響を受けた方々を支援する目的として、本市や市立旭川病院に対して、寄附金や、マスク・消毒液などの物資が多数寄せられています。こうした心温まるご支援に、この場をお借りして深く感謝申し上げます。
また、新たな生活様式を実践している市民の皆さんや、3つの密を避けるためにテレワークや時差出勤などの工夫を積極的に行っている企業の皆さんには、長期化しているウイルスとの戦いの中で、前向きな取組みを進めていただき、大変勇気づけられています。
他を思いやる気持ちや、地域の助け合いの絆をこれからも大切にし、本市としても、気を緩めることなく、安心・安全な暮らしと地域経済を全力で守ってまいります。

 令和2年6月15日 旭川市長 西川 将人

過去の市長随想/メッセージ動画