住居表示の届出について

情報発信元 市民生活課

最終更新日 2020年4月26日

ページID 003389

印刷

住まい・まちづくりに関するよくある質問と答え

質問

住居表示の届出について

答え

住居表示の実施区域において建築物を新築・改築等した場合、住居表示の届出が必要となります。
なお、住居番号が決まらないと、転入又は転居届を出すことができません。

届出をする人

建物の建築状況がわかる方であれば、どなたでも届出できます。

届出の時期

建築確認申請後、建築物の新築・改築完了までの間。

届出に必要な書類

  1. 建築物の新築等届出書(届出窓口に用意してありますが、住居表示制度についてからもダウンロードできます。)
  2. 建築確認申請時の配置図の写し
  3. 土地が分合筆されている場合は、地積測量図の写し

届出先

総合庁舎1階11番窓口(市民生活課市民生活係)に届出していただくと、後日通知書により、建築物の所有者に住居番号をお知らせします。
なお、住居表示板のお渡しにつきましては、翌日以降に郵送、または来庁された際にお渡しいたします。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民生活課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-5150
ファクス番号: 0166-22-2309
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで。なお消費生活センターの相談受付は午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)