適切な管理がされていない空家等について

情報発信元 建築指導課

最終更新日 2016年4月1日

ページID 003387

印刷

住まい・まちづくりに関するよくある質問と答え

質問

適切な管理がされていない空家等について

答え

近年、放置されたままの空き家、廃屋及びその敷地において、建物の老朽化が進み、地震や強風等の自然災害で建物の倒壊、屋根材の飛散のおそれのある危険な状態、その他火災、害虫の発生、不法投棄などのトラブルが発生しています。
本来、個人の財産である建物及びその敷地は、その所有者又は管理者が適切に維持管理しなければなりませんが、適切な維持管理がされていない、もしくは所有者等の不明又は死亡等の理由により、周辺住民の生活環境に多大な不安や迷惑を与えている場合があります。
このような適切に管理されていない空家等に関する問題について、相談窓口を開設していますので、建築指導課建築管理係までお問い合わせください。

関連記事

お問い合わせ先

旭川市建築部建築指導課

〒070-8525 旭川市6条通10丁目 第3庁舎3階
電話番号: 0166-25-8597
ファクス番号: 0166-24-7009
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び年末年始を除く)ただし、手数料の納入が必要な申請等は、午前8時45分から午後4時00分までとなっていますのでご了承ください。