70歳になったのですが、いつから負担割合は変更になるのでしょうか

情報発信元 国民健康保険課

最終更新日 2018年6月12日

ページID 003147

印刷

答え

70歳になられた方の負担割合が変更になるのは、70歳の誕生月の翌月(1日生まれの方は誕生月)からです。新しい被保険者証(国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証)は、70歳になる月の下旬(1日生まれの方は前月下旬)に郵送しますので、受診の際は新しい被保険者証を医療機関の窓口に提出してください。なお、これまでは被保険者証とは別に高齢受給者証を交付していましたが、平成30年8月からは、被保険者証と高齢受給者証が1枚にまとまり、国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証に負担割合が記載されます。詳しくは国民健康保険課のページを御覧ください。

お問い合わせ先

旭川市福祉保険部国民健康保険課国保保険料係

〒070-8525 旭川市6条通9丁目46番地 旭川市役所 総合庁舎1階1番窓口
電話番号: 0166-25-6247
ファクス番号: 0166-27-7801
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)