天体を見る会

情報発信元 科学館

最終更新日 2021年8月27日

ページID 065072

印刷

天体を見る会

天文台では、下記の日程で「天体を見る会」を開催しております。

季節の星座の一等星や観望好機の惑星などを、天文台の望遠鏡を実際に覗いて観測します。
開始から30分は、プラネタリウムで当日の星空の事前解説を行います。
天候が観測に適さないときは天文台には行かず、プラネタリウムでの解説を延長します。

参加はWebからの申し込みが必要です。申込についてはページ下部をご覧ください。

開催時刻

  • 夏期(4月から9月まで)
    午後7時30分から午後8時までプラネタリウムにて事前解説、午後8時から午後9時まで天文台の望遠鏡で天体観測を行います。
  • 冬期(10月から3月まで)
    午後7時から午後7時30分までプラネタリウムにて事前解説、午後7時30分から午後8時30分まで天文台の望遠鏡で天体観測を行います。

令和3年度の日程

※北海道における緊急事態措置の延長に伴い、9月30日(木曜日)まで臨時休館が延長となりました。休館期間にかかる天体を見る会を中止といたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

なお、中止になった回の実施日の午後7時30分頃に、晴れれば動画配信サイトのサイパルチャンネルにて天文ライブ配信を予定しています。晴れたらぜひアクセスしてみてください。

夏期開催時刻(午後7時30分から午後9時まで)で実施しています

  • 9月11日(土曜日)「土星・木星・海王星の観測」(開催中止)
  • 9月21日(火曜日)「中秋の名月と土星・木星の観測」(開催中止)
  • 10月2日(土曜日)「土星・木星・海王星の観測」(9月12日(日曜日)9:00からWebにて受付
  • 11月6日(土曜日)「土星・木星・海王星の観測」(10月3日(日曜日)9:00からWebにて受付)
  • 11月19日(金曜日)「部分月食の観測」10月20日(水曜日)(9:00からWebにて受付 )

※10月からは冬季時刻開催(午後7時から午後8時30分)となります。(ただし11月19日は午後5時30分から開始します)

※緊急事態宣言の期間がさらに延長された場合は10月以降の開催も中止になる可能性があります。あらかじめご了承ください。

今年度の実施状況

  • 4月17日(土曜日)「春の星と月・火星の観測」 
  • 4月24日(土曜日)「春の星と月・火星の観測」
  • 5月22日(土曜日)「春の星と月の観測」(開催中止)
  • 5月26日(水曜日)「皆既月食の観測」 (開催中止)
  • 6月17日(木曜日)「春の星と月面X(エックス)の観測」(開催中止)
  • 6月17日(木曜日)「春の星と月面X(エックス)の観測」 (開催中止)
  • 7月17日(土曜日)「春の星と夏の星と月の観測」
  • 8月7日(土曜日)「七夕の星の観測」
  • 8月15日(日曜日)「夏の星と土星・木星・月の観測」
  • 8月28日(土曜日)「土星・木星の観測」(開催中止)
  • 9月4日(土曜日)「土星・木星・海王星の観測」(開催中止)

天体を見る会詳細

  • 対象:どなたでも(ただし中学生以下は保護者同伴で)
  • 定員25名(抽選)
  • 参加料:無料
  • お申し込み:Webから申込
    ※パソコンかスマートフォンで科学館HPからお申込みください。
    ※自宅にインターネット環境がない場合は、科学館にて用紙に記入する形での申し込みもできます。 (休館日は受付できません。)
  • その他:当日星が見えない天候の場合、プラネタリウムでの解説のみで終了となります。

天体を見る会における「新北海道スタイル」の取り組みについて

  • 開催要領の変更点 (令和2年6月より変更)
従来 新たな開催方法
申込 不要 必要
定員 特になし 25名
参加料 無料 変更なし
対象 どなたでも 変更なし

ソーシャルディスタンスの確保について

  • プラネタリウムでは間隔をあけての着席をお願いいたします
  • 天文台(屋上)では床の目印に従って並んでください
  • エレベータのご利用はなるべくお控えください

接触機会の低減や消毒について

  • スタッフはマスクを着用しての案内・解説を行います
  • 望遠鏡接眼部等は適宜消毒(ふき取り)してからご案内します

その他

  • 風邪症状があるなど体調がすぐれないときは参加をご遠慮ください
  • 咳エチケットや手洗いにご協力ください 

2020年6月21日の部分日食について

6月21日の夕方に、ほぼ全国で部分日食を見ることができます。

旭川では昨年の12月26日にも見ることができたので、約半年ぶりの部分日食となります。

当日は天文台公開時間を延長して観測します。晴れたらぜひ4階天文台(屋上)へお越しください。

  • 観測について(終了しました)
    20センチメートル屈折望遠鏡の太陽投影板で観測します。
    行列や屋上での観測にはソーシャルディスタンス確保にご協力をお願いいたします。(床に目印がついています)
    参加人数が多い場合は、屋上への入場を制限する場合があります。
  • 日食予報(部分日食)
    食の始め、午後4時14分
    食の最大、午後5時00分
    食終わり、午後5時43分
  • 欠ける割合について
    食分は0.266で、面積は約15パーセント程度欠ける日食です。
  • 天文台公開時間延長について
    通常の天文台公開は午後5時で終了ですが、6月21日は終了時刻を50分延長して、午後5義50分終了とします。
  • 日食観測めがね配布について
    当日は、あとひと手間で完成させることのできる「日食観測めがね工作用紙」を先着30名に配布いたします。

6月21日部分日食ポスター(PDF形式 570キロバイト)

  • 結果について

当日は天候にも恵まれ、無事部分日食のほぼ全行程を見ることができました。

写真は最大食頃の様子を天文台の望遠鏡で撮影したものです。

部分食

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 社会教育部科学館サイパル

〒078-8391 旭川市宮前1条3丁目3番32号
電話番号: 0166-31-3186
ファクス番号: 0166-31-3310
メールフォーム
受付時間:
開館時間は、午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)             問合せ、団体申込受付などは、午前9時00分から午後5時30分まで(ただし、休館日を除く)