旭川市科学館の考え方・概要

情報発信元 科学館

最終更新日 2018年10月26日

ページID 002393

印刷

旭川市科学館

旭川市科学館の考え方・概要

旭川市科学館は、平成17年7月23日に旭川市青少年科学館から名称を変更し、常磐公園から宮前通東(現在の宮前1条3丁目)「北彩都あさひかわシビックコア地区」に移転・新築されました。
館内には科学について楽しく体験して学べる「北国」「地球」「宇宙」をテーマにした展示スペース、実験や研究に利用できる各種実験室・学習室、天体や天文に関する知識を学べるプラネタリウムや天文台があります。そして敷地内には、鳥や昆虫などが観察できる自然観察空間を設け、近隣の神楽岡公園や忠別川河畔林などの豊かな自然に囲まれ、伸び伸びとした空間で自然科学をはじめとするさまざまな科学を学ぶことができます。
また科学館では、多くの人々に対する科学の普及だけではなく、生涯学習の場の提供や人材育成、調査研究などにも取り組んでいます。

名称

旭川市科学館

所在地

旭川市宮前1条3丁目3番32号

建築構造

鉄筋コンクリート造一部プレストレストコンクリート造及び鉄骨造4階建

敷地面積

27,099.65平方メートル

延床面積

5,799.60平方メートル

駐車場

乗用車81台(うち身体障害者用5台)
大型バス6台

駐輪場

100台

旭川市科学館・サイパル トップページへ

お問い合わせ先

旭川市教育委員会 社会教育部科学館サイパル

〒078-8391 旭川市宮前1条3丁目3番32号
電話番号: 0166-31-3186
ファクス番号: 0166-31-3310
メールフォーム
受付時間:
開館時間は、午前9時30分から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)             問合せ、団体申込受付などは、午前9時00分から午後5時30分まで(ただし、休館日を除く)