「西神楽まちづくり推進協議会」会議録(令和元年度第1回)

情報発信元 西神楽支所

最終更新日 2019年5月17日

ページID 066557

印刷

会議概要
日時 令和元年5月9日(木曜日) 午後6時00分から午後7時20分
場所 旭川市西神楽支所 1階「会議室」
出席者

委員9名(五十音順)

伊藤委員、稲留委員、齋藤委員、酒井委員、佐藤委員、田中委員、
戸田委員、成澤委員、松井委員

(欠席 稲葉委員、後藤委員、武田委員、中島委員、森川委員、
森﨑委員)

市側出席職員

石井西神楽支所長、佐橋副支所長、西田市民係主査
阿保保健指導課長、松田主幹、齋藤保健師

会議の公開・非公開 公開
傍聴者の数 なし
会議資料

次第(PDF形式 248キロバイト)

資料1「H31年度西神楽まちづくり推進協議会」委員名簿(PDF形式 74キロバイト)

資料2 西神楽まちづくり推進協議会の会議ルール(PDF形式 58キロバイト)

資料3 地域で使える補助制度(PDF形式 401キロバイト)

資料4 補助金・負担金に関するスケジュール(平成31年度)(PDF形式 88キロバイト)

資料5 令和元年度西神楽まちづくり推進協議会スケジュール(予定)(PDF形式 89キロバイト)

資料6 令和元年度実施事業検討資料(PDF形式 169キロバイト)

資料7 西神楽まち協実行委員会会則(PDF形式 97キロバイト)

資料8【西神楽地域】 まちづくり推進プログラム「市への要望・地域からの提案」に対する本市の考え方(PDF形式 113キロバイト)

資料9 すこやかライフ応援塾2019~必勝!高血圧対策キャンペーン(PDF形式 323キロバイト)

(補足)本会議録中では、次のとおり表記する。

  • 西神楽まちづくり推進協議会を「協議会」という。

1 開会

2 協議会委員紹介

事務局から、委員の紹介を行った。

3 事務局職員の紹介

支所長から、事務局職員の紹介を行った。

4 議事

(1)西神楽まちづくり推進協議会役員の選出について

会長から、副会長に松井委員を指名の後、副会長のあいさつが行われた。

(2) 西神楽まちづくり推進協議会の会議運営のルールについて

事務局から、配布資料の「西神楽まちづくり推進協議会の会議ルール」に基づき説明があり、説明どおり確認された。

(3) 平成31年度地域まちづくり推進事業補助金について

事務局から、配布資料の「地域で使える補助制度」「補助金・負担金に関するスケジュール(平成31年度)」に基づき説明があり、説明どおり確認された。

(4) 令和元年度(平成31年度)スケジュールについて

事務局から、配布資料の「令和元年度西神楽まちづくり推進協議会スケジュール(予定)」に基づき説明があり、説明どおり確認された。
<意見交換会開催 午後6時13分~午後6時25分>
西神楽地域における施設再編等の取組についての意見交換会開催。

(5) 西神楽まちづくり推進協議会事業について

事務局から、今年度の事業について、前回(2月28日)の協議会で、まちなか保健室と連携した健康に関する事業を主体的な地域づくり事業で、防災に関する事業を地域提案型の「地域連携分」で行うことが確認されている旨、及び特殊詐欺等の被害防止の取組とボッチャを取り入れてはどうかとの意見が委員から出されている旨、説明があった。
次いで、事務局から、これらのことを踏まえ、会長や委員の意見を伺いながら、配布資料の「令和元年度実施事業検討資料」を作成した旨、説明があった。
次いで、事務局から、配布資料の「令和元年度実施事業検討資料」に基づき説明の後、保健指導課から、配布資料の「すこやかライフ応援塾2019~必勝!高血圧対策キャンペーン」に基づき説明があった。
委員から、保健所主催の調理実習と健康教室の関係性、協議会との関わりについての発言があり、保健指導課及び事務局から調理実習、健康教室とも、減塩による高血圧対策を協議会と保健所が連携して取り組むものである旨、回答があった。
また、委員から、まちなか保健室出前健康講座は何人から実施してもらえるのかについて発言があり、保健指導課から、依頼があれば何人でも伺う旨、回答があった。
次いで、防災に関する事業について、配布資料の「令和元年度実施事業検討資料」のとおり実施すること、及び防災センター視察と講習会の開催日は、8月25日午後からとすることについて確認された。
会長から、防災センター視察と講習会行程表は、次回の協議会で示すこと、及び事業の実施団体は協議会委員を構成員とする西神楽まち協実行委員会とする旨、発言があり、そのとおり確認された。
西神楽まち協実行委員会を退任された前副会長の後任の副会長に監査の松井委員を、監査の松井委員の後任は稲留委員とすることについて確認された。
次いで、市への補助金申請等について、支所から、申請内容等について会長と打合せのうえ、市に提出すること等について説明があり、説明どおり確認された。
次いで、健康に関する事業について、高血圧予防の啓発チラシの作成、全戸配布と関連する啓発事業(調理実習(食生活改善講習会)、講話、運動等)を実施することについて確認された。
啓発事業の開催日について、調理実習(食生活改善講習会)は10月6日、日曜日、午前10時から、講話、運動等は9月29日、10月13日は農繁期にかかることから、西神楽農業構造改善センターのホールが空いていれば、10月20日、日曜日、とすることについて確認された。
次いで、振り込め詐欺被害防止の啓発について、啓発チラシの作成、全戸配布のみ実施することについて確認された。
委員から、全戸配布の場合、家庭によっては高齢者が見ていないということも考えられるので、老人会の場で配布していただきたい旨、発言があり、希望がある場合、各市民委員会から老人会の場に配布願うこととした。
また、委員から、啓発チラシは各家庭内に伝わるよう、インパクトのあるものにしてはどうかとの意見が出された。
次いで、障がいの有無に関係なく楽しめるスポーツの体験について、提案委員から発言の後、単独で開催することについて確認した。
開催方法について、委員から、若い世代を巻き込んではどうか、冬期間は、家に閉じこもり気味になるので、冬期に開催してはどうか、複数回開催してはどうかなどの発言があり、会長から、提案委員と事務局で内容を検討していただきたい旨、発言があり、そのとおり確認された。
また、会長から、提案委員に、ボッチャのパンフレットを協議会員分用意願いたい旨、発言があった。

5 まちづくり推進プログラムについて

事務局から、配布資料の「西神楽地域まちづくり推進プログラム「市への要望・地域からの提案に対する本市の考え方」」について、地域まちづくり課から、市の考え方を示すため、具体的な内容を整理のうえ提出するよう依頼があったため、前回(2月28日)の協議会で確認されたまちづくり推進プログラムに掲載のある項目について、事務局で整理し、提出した旨、説明があった。

6 まちなか保健室について

保健指導課から、まちなか保健室の状況と保健室だよりの配布についての説明、及び旭川医科大学看護学生の地域包括ケアに関するワークショップへの連携・協力に関わり、5月11日に瑞穂地区の老人クラブ、5月12日に中央地区の老人クラブでワークショップをグラウンドワークと連携して行う旨の報告があった。

7 その他

会長から、市長との懇談会を実施してはどうかとの提案があり、各委員の賛同が得られたことから、事務局で実施可能かを確認のうえ、次回の協議会で報告することについて確認された。

8 閉会

次回の開催日は、6月20日、木曜日、午後6時から開催することを確認し、閉会。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部西神楽支所

〒071-0172 旭川市西神楽南2条3丁目
電話番号: 0166-75-3111
ファクス番号: 0166-75-3051
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日を除く)