「市民の企画提案による協働のまちづくり事業」令和元年度採択結果

情報発信元 市民活動課

最終更新日 2019年5月22日

ページID 066609

印刷

「市民の企画提案による協働のまちづくり事業」令和元年度の採択事業が決定しました。

公開プレゼンテーション

令和元年5月18日(土曜日)に、旭川市障害者福祉センターおぴったにおいて、応募された6団体による公開プレゼンテーションを開催しました。
各提案団体及び担当部署から、提案した協働事業の内容や効果などについて熱意のあるプレゼンテーションが行われました。

(公開プレゼンテーションの様子(一部))

公開プレゼンテーション写真1

公開プレゼンテーション写真2

審査

公開プレゼンテーション終了後、別室において令和元年度第2回旭川市市民協働推進会議が開催され、「市民の企画提案による協働のまちづくり事業 審査要領」に基づく審査が行われました。

旭川市市民協働推進会議 委員名簿(PDF形式 87キロバイト)

市民の企画提案による協働のまちづくり事業 審査要領(PDF形式 122キロバイト)

(補足)

「市民の企画提案による協働のまちづくり事業 実施要綱」に基づき、推進会議委員のうち事業の提案団体の役員及び構成員となっている者は、審査には参加しません。

令和元年度 審査方針

提案事業の審査に当たっては、市民協働推進会議での協議により審査方針を定めています。

各コースの予定採択数について

各コースの予定採択数
提案区分 募集時採択予定額 提案事業総予算額 採択予定額

負担金上限20万円コース

(応募なし) (応募なし) (応募なし)

負担金上限50万円コース

2,000,000円分まで 4,127,390円 2,000,000円

(補足)

各区分において、採択最低点を下回り採択予定額に満たなかった場合の余剰予算については、他区分へ追加配分することとします。

また、負担金上限額に満たない交付金額であった場合にも、採択最低点を上回っており、該当する団体より了承が得られた際には、その事業を採択し負担金予定額の残額分を交付します。

評価点の採択最低点について

採択事業はコースごとに点数の高い順に選定されることになりますが、未熟な提案が自動的に採択されることを防ぐために、評価点の採択最低点を設定しています。
令和元年度の採択最低点は、満点の「70パーセント」とします。

評価点の採択最低点
満点(個人) 委員数 満点(合計) 採択最低点
80点 6名

320点

224点

(補足)

審査の公正性を保つため、各提案事業に対する評価点のうち、最高点及び最低点を付けた委員の点数を除いて集計します。そのため、評価点合計は320点満点となります。

採択結果

各提案事業の採否結果一覧(PDF形式 102キロバイト)

提案事業の審査における委員の主な意見の概要(PDF形式 114キロバイト)

採択された事業の実施

5月下旬から6月にかけ、提案団体と市担当部署が事業内容や役割分担などについて協議を行い、協定を締結します。その後も、両者が協力し合いながら事業を進めていきます。

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民活動課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎4階
電話番号: 0166-25-6012
ファクス番号: 0166-25-6515
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)