気をつけて!注意情報-遠隔操作によるプロバイダ勧誘トラブルに注意!!

情報発信元 市民生活課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 006334

印刷

気をつけて!注意情報

遠隔操作によるプロバイダ勧誘トラブルに注意

旭川市消費生活センターには、遠隔操作によるプロバイダ勧誘に関する相談が多数寄せられております。
今後も同様の事例が発生することが予想されますので、十分注意してください。

相談の概要

自宅に通信業者サポートセンターを名乗り「プロバイダが安くなる」という電話があった。そして、「1時間くらいしてから設定を変える必要がある。フリーダイヤルをパソコンに入力して、遠隔操作を行うように。2年契約することで安くなる。電話で申し込み、パソコン操作で契約は成立する。遠隔操作をすると後戻りできない。」と言われた。契約書も交わさず、内容もよく分からないまま、遠隔操作で契約をすることに不審感を覚えたので、契約は断った。国民生活センターのホームページで相談事例を検索したところ同じ様な事例があったので情報提供する。
国民生活センターホームページ
“遠隔操作”によるプロバイダ勧誘トラブルに注意!

アドバイス

  • 自分のパソコンを勧誘業者に遠隔操作させて契約をしないようにしましょう。

契約の内容を十分に理解してから契約するようにしましょう。必要がなければ、きっぱりと断りましょう。
トラブルになったら、すぐに消費生活センターにご相談ください(相談は無料・予約不要)。
 

お問い合わせ先

旭川市市民生活部市民生活課

〒070-8525 旭川市6条通9丁目 総合庁舎1階
電話番号: 0166-25-5150
ファクス番号: 0166-22-2309
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで。なお消費生活センターの相談受付は午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)