遊漁ルールを再確認しましょう

情報発信元 農業振興課

最終更新日 2016年2月24日

ページID 005236

印刷

夏期に海へお出かけの方へ

遊漁ルールを再確認しましょう

制度を知らないために楽しい夏の思い出が台無しにならないよう、以下の点、再度ご確認をお願いします。

1 北海道では、漁業の調整に関する必要な事項について、関係法令の規定に基づき「北海道海面漁業調整規則」として定めており、釣りなどの遊漁に関する事項として、河口付近等におけるサケ・マスの採捕の禁止、遊漁者等の漁具または漁法の制限などを定めています。
特に、一般遊漁者が行える漁具・漁法は次のとおりとなっており、十分な注意が必要です。

  • 釣竿および手釣
  • たも網(網口および網の長さの最長部が40センチメートル未満のもの)
  • 徒手採捕

なお、「トローリング」や「ヘラ曳き」は、漁業法上「曳き縄釣り」に該当するため、遊漁者が行うことは禁止されています。また、「ひっかけ釣り」も、「竿釣り」に該当しないため、禁止されています。

2 本道のほとんどの沿岸域には、漁業者が漁業を営む権利(漁業権)が設定されており、その内容となっている定着性の水産動植物を採補すると、漁業権侵害罪や窃盗罪に問われます。
なお、漁業権の内容は、場所により異なりますので、詳しくは関係する漁業協同組合または沿海支庁の産業振興部水産課に照会してください。

漁業権の設定されている主な水産物

  • 海草類 こんぶ、わかめ、のり、もずく など
  • 動物 うに、なまこ、たこ、ほや など
  • 貝類 あわび、ほっきがい、ほたてがい、かき、つぶ など

お問い合わせ先

旭川市農政部農業振興課園芸係

〒070-8525 旭川市上常盤町1丁目 水道局庁舎4階
電話番号: 0166-25-7438
ファクス番号: 0166-26-8624
メールフォーム
受付時間:
午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日・日曜日・祝日及び12月30日から1月4日までを除く)